ピクシブ百科事典

鬼塚慶次

おにづかけいじ

漫画『テラフォーマーズ』の登場人物
目次[非表示]

『覚悟しろ』

プロフィール

CV:小野大輔

国籍日本
年齢24歳
身長175cm
体重61kg
マーズランキング8位
手術ベース紋華青龍蝦(モンハナシャコ)
専用武器対テラフォーマー甲殻一体式パワーリスト『ガナ・フライ・ナウ』

概要

日米合同第一班班員
一見して地味で口数が少なく目立たない青年。
しかし、その経歴は見事で、元ボクシングライト級チャンピオン兼スーパーフェザー級世界第一位という実績を持つ。
離島の母子家庭で育ち、母の治療費稼ぎと母に自分の強さを見せるために、ただひたすらの鍛錬を積み上げ同ジムの選手たちが気が付いたらベルトを取っていた。
しかし2階級制覇を目前とした矢先に網膜剥離を患い、ボクサーとしての道を諦める。
その後治療の為に負った借金を精算する事を条件にアネックス計画参加を持ちかけられるも一度は断り、しかし手術ベースに『目の良い生物』を使うことを条件に参加を了承する。
作中屈指の男の中の男であり、女性クルーにも彼に好感を抱く者は居るが、マザコンの気が有る。

能力

戦闘スタイルは典型的なアウトボクサーだが、元世界チャンピオンの肩書は伊達ではなく、単調な敵の攻撃は全てカウンターにしてしまう。
人為変態時には両腕が肥大化して装甲を纏い、頭部に4本の触覚と複眼らしき器官が出来る。
手術ベースであるモンハナシャコの人間では見られない可視域外の光線を認識できる驚異の視力と、貝殻を粉砕するほどの強烈な打撃力を武器とする。
また甲殻類なだけあり防御力も高い。
その視力は闇夜の穴の中で、真っ黒なクロカタゾウムシ型テラフォーマーの姿をはっきりと視認するほか、センサー類が放つ光線(赤外線等)すら視認できる程。このため索敵等にも非常に有用。
しかし最大の武器は打撃力。
モンハナシャコの打撃の威力は極めて高く、ダイバーの指を水中でへし折るほど。一説には22口径の拳銃を同程度の威力があるといわれている。
これが人間サイズで、何の抵抗もない空中で、ボクサーがその腕力を駆使して放たれた場合にどうなるか、それは是非自身の目で確かめてもらいたい。

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼塚慶次」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 601231

コメント