ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『覚悟しろ』

プロフィール

CV:小野大輔

国籍日本
年齢24歳
身長175cm
体重61kg
マーズ・ランキング8位
手術ベース紋華青龍蝦(モンハナシャコ
専用装備対テラフォーマー甲殻一体式パワーリスト『ガナ・フライ・ナウ』
流派ボクシング
職業郵便配達員→アネックス1号クルー→一警護職員

概要

アネックス1号日米合同第一班メンバーで口数が少なく目立たない青年。
しかし、経歴は見事で元ボクシングライト級チャンピオン兼スーパーフェザー級世界第一位の実績を持つ。

離島母子家庭で育ち、母の治療費稼ぎと母に自分の強さを見せる為に、
ひたすら鍛錬を積み上げ同ジムの選手たちが気づいたらベルトを取っていた。

しかし2階級制覇を目前に網膜剥離を患い、ボクサーの道を諦める。
その後治療の為に負った借金の清算を条件にアネックス計画参加を持ちかけられるも一度は断り、
手術ベースに『目の良い生物』を使う事を条件に参加する。

『テラフォーマーズ外伝 鬼塚慶次』ではU-NASA加入前の出来事が語られている。
火星から帰還した後は加奈子らと共に一警護に加入。

能力

戦闘スタイルは典型的なアウトボクサーだが、
元世界チャンピオンの肩書は伊達ではなく、単調な敵の攻撃は全てカウンターにしてしまう。

人為変態時には両腕が肥大化して装甲を纏い、頭部に4本の触角と複眼らしき器官が出来る。
甲殻類に共通して、四肢を失っても再生する
オニヤンマ型テラフォーマーとの戦いで右腕を失うも復活、奪われた腕の遺伝子からモンハナシャコ型が誕生。

モンハナシャコの人間では見られない光線を認識できる視力と、貝殻を粉砕する強烈なパンチが武器。

また甲殻類だけに防御力も高い。
その視力は闇夜の穴の中で、クロカタゾウムシ型をはっきりと視認する他、透明になった西春麗全裸)も難なく発見、センサー類が放つ光線(赤外線等)も視認できる為、索敵等に有用。

最大の武器は打撃
モンハナシャコのパンチは強力で、ダイバーの指を水中でへし折る程。
一説には22口径の拳銃と同じ威力があるといわれている。

『ガナ・フライ・ナウ』

モンハナシャコ型との戦いで突如その存在が明らかとなり、
アネックス1号の仲間達を驚愕させた慶次の専用装備。

モンハナシャコの特性故に肥大化した両腕は「防具を兼ねたパワーリスト(腕の筋力を上げる為に手首に着ける重り)」であり、これを外した慶次はその実力でモンハナシャコ型を倒した。

一応、(『ガナ・フライ・ナウ』の情報が出る前に制作された)外伝との整合性を考えると『日米合同班が(アネックス計画に於ける)甲殻型の変身薬に慶次とモンハナシャコ、この二組の因子にのみ反応する「分子標的薬」を仕込んでいて、これで人為変態時に慶次の腕の甲殻が「過剰生成」された物が『ガナ・フライ・ナウ』の正体』だろう。

「除装」は甲殻類の脱皮を応用した物と思われる。
地球編で慶次の人為変態時に『ガナ・フライ・ナウ』が存在しないのは変身薬の成分が変更された影響と思われる。

なお、モンハナシャコ型テラフォーマーに『ガナ・フライ・ナウ』が存在しないのは、テラフォーマー側が入手した慶次の右腕から変身薬の成分を「抽出する術を持たない」から。
(それ以前にテラフォーマーは変身薬を「必要としない」)

関連タグ

テラフォーマーズ 日米合同班 甲殻類 シャコ 節足動物
アミリア・ヴェンカテッシュ:親友⇒慶アミ

アシモフサンシャイン水族館のコラボ企画で、ベース生物が共にピックアップされた。
西春麗:サンシャインでは彼女のベースも飼育されていたが、
企画カテゴリーに該当しない為か展示されなかった⇒慶西 ネタバレ

アリギサンダー:同じく節足動物がベースで、ボクサー。

関連記事

親記事

日米合同班 にちべいごうどうはん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鬼塚慶次」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「鬼塚慶次」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 857939

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました