ピクシブ百科事典

アリギサンダー

ありぎさんだー

強力なパンチを放つ元ボクサーのドグマ怪人

「この俺様の右ストレートを受けてみろ!」
CV/仁内建之
仮面ライダースーパー1 第7話「ドグマ式生きているコンピューター」登場

概要

乱暴を働いたために資格をはく奪された元ウェイト級のボクサーをメガール将軍がスカウトし、すでに完成していた鋼鉄製のボディと合体させて誕生したドグマ王国型改造人間。
触角から放つ強力な蟻酸とグローブ状の右手から放つ強力なパンチを武器とする。パンチを放つ際は元ボクサー故に特有の構えをする。
ドグマが5年前に拉致した山下博士が作る、人間の脳を組み込んだ生きたコンピューターに子どもが最適と判断されたため、子どもを次々と誘拐。適合者とされた博士の息子ケンイチを連れ去った。
沖一也がケンイチに発信器を付けていた事からアジトがばれて迎撃に向かい、スーパー1のパンチやキックを悉く退けるも、冷熱ハンドの超高火炎を浴びせられた後でドグマファイターに水をかけさせたことで装甲がもろくなり、スーパーライダーダブルキックでひびが入ったところをスーパーライダー前方回転蹴りスーパーライダー日輪キックのコンボで倒された。
ファイターからアリギサンダーの敗北を知らされたメガール将軍はあっさりとアジトと博士を放棄。山下親子は無事救い出された。

余談

ネーミングはアリ+蟻酸にアレクサンダー大王をかけたようだが、「強いパンチの蟻の化け物」とチョロの話を聞いた良が「モハメド・アリ?」と言ったことから、モハメド・アリともかけていると思われる。

山下博士を演じた池田鴻氏は機動戦士ガンダムのOPとEDを歌われた方で有名。東映特撮では他に「宇宙刑事シャリバン」と「巨獣特捜ジャスピオン」にも出演されているが、前者では宇宙犯罪組織マドーに脳をコンピューターに組み込まれそうになった大学教授、後者は自分の細胞から作った回路でロボットを暴れさせる計画を企む科学者役だった。生体メカとは何かと縁がありそうだ。

pixivに投稿された作品 pixivで「アリギサンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18

コメント