ピクシブ百科事典

タスマニアオオガニ

たすまにあおおがに

甲殻亜門・十脚目・短尾下目・イソオウギガニ科に属するカニの一種。 最近タカアシガニと並んで「世界最大のカニ」として注目を浴びている。
目次[非表示]

概要

別名「タスマニアキングクラブ」、「タスマニアジャイアントクラブ」
オーストラリア南西部とタスマニア島近辺の、水深30~500mに住む。
足の幅こそタカアシガニに大きく差をつけられているが、甲羅の幅が最大で46cmに達し(タカアシガニは最大40cm)、体重も13kgと(タカアシガニは19㎏なので負けるが)かなりのもの。またハサミも大きく、力はビール瓶を簡単に割ってしまう程。ただし雌のサイズは雄の半分ほどにしかならない。
ちなみに日本には近縁種のイソオウギガニがいるが、甲羅の幅は僅か5cmと到底比べ物にならない。
主な獲物は固着性、または動きの遅いヒトデ・他の甲殻類などだが、魚の死骸にも集まる。

日本でのメジャー化

日本で有名になり始めたのは、2012年頃に甲羅の幅38cm、体重約6.8kg(当時)の雄が捕獲され、イギリスの水族館「シーライフ」が3,000ポンド(約39万円)で買取ったことがきっかけと思われる。
その後世界の果てまでイッテQ!などのバラエティ番組でも捕獲、展示する企画が立案され、2016年には沼津深海水族館の館長が自らオーストラリアに出向き、立派な個体を捕獲している。

関連タグ

シルヴェスター・アシモフ 漫画テラフォーマーズの登場人物。改造手術により、タスマニアオオガニの能力を得た。
ちなみにサンシャイン水族館で開催された同作とのコラボイベントでは鬼塚慶次の能力元となったモンハナシャコと並んで同企画のメインとして推されたほか、「タスマニアオオガニが人間大の体重70kgになったら」を考査して制作された重さ14kgのハサミも展示されたが、アシモフの体重は倍近い136kgなので、単純計算すると彼のハサミは28kg近くにもなる。

pixivに投稿された作品 pixivで「タスマニアオオガニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1013

コメント