ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

別名「タスマニアキングクラブ」、「タスマニアジャイアントクラブ」
学名はPseudocarcinus gigas(意訳すると「カルキノスの如き巨人」※カルキノスはギリシャ神話ヘラクレスに挑んだ巨蟹)。

オーストラリア南西部とタスマニア島近辺の水深30~500mに住む。
甲羅は赤に黄色が混じり合った色で、鋏の爪の先は黒。足の幅はタカアシガニに及ばないが、甲羅の幅が最大で46cmに達し(タカアシガニは最大40cm)、体重も13kgから15kgと(タカアシガニは19㎏)かなりのもの。雌のサイズは雄の半分程。

ハサミも大きく節足動物としては最大級。鋏は右側の方が大きめで、
その力はビール瓶を簡単に割ってしまう程とされ、調査個体で計測した挟力は約340kgだった。

日本には近縁種のオウギガニがいるが、甲羅の幅は僅か3.5cm
主食は動きの遅いヒトデ、他の甲殻類だが魚の死骸にも集まる。

日本との関わり

日本で有名になり始めたのは、2012年頃に甲羅の幅38cm、体重約6.8kg(当時)の雄が捕獲され、イギリスの水族館「シーライフ」が3,000ポンド(約39万円)で買い取ったのが切っ掛けと思われる。

その後世界の果てまでイッテQ!等のバラエティ番組でも捕獲、展示する企画が立案され、2016年には沼津深海水族館の館長が自らオーストラリアに出向き、立派な個体を捕獲している。

現地では漁獲量や調理の都合から巨大な雄は歓迎されず、
捕獲用の籠も大きな個体が入れない様に口が狭く作られているのだが、力任せに入ってくる

関連キャラ

アシモフテラフォーマーズ
因みにサンシャイン水族館で開催されたコラボ企画では、鬼塚慶次の能力モンハナシャコと並んで本種が同企画の目玉になった他、「タスマニアオオガニが人間大の体重70kg」を想定して作られた重さ14kgのハサミも展示されたが、
アシモフの体重は136kgなので、計算すると彼のハサミは28kg近くになる。
キングラーポケモン
ダイヤモンド・クラブ・キング遊戯王OCG):名前が本種を連想させる。

関連タグ

海洋生物 甲殻類 節足動物
カニ オウギガニ科

関連記事

親記事

オウギガニ科 おうぎがにか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タスマニアオオガニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3100

コメント