ピクシブ百科事典

マイク・ベルナルドは、南アフリカ出身のキックボクサー。K-1GP96年準優勝。南アフリカの剛腕、南アフリカの大砲などのニックネームがある。193センチ。

ジェロム・レ・バンナと共に1995年K-1デビュー、K-1四天王の1角として活躍。
ピーター・アーツが強さ(トータル的な)の象徴、アーネスト・ホーストがテクニックの象徴、アンディ・フグが精神力(心の強さ)の象徴なら、ベルナルドは破壊力の象徴だった。

アーツ最大のライバルで通算6回の対戦は、K-1史上最多対戦カードである。

1998年極真空手世界王者フランシスコ・フィリオに生涯初のKO負けを味わせた程、そのパンチの破壊力は凄かった。

しかし1999年のGP開幕戦でミルコ・クロコップにKO負けして以降は低迷し、2001年の予選トーナメントは試合中の金的のダメージの大きさから途中棄権を余儀なくされ、9月の敗者復活を賭けた世界最終予選でもアダム・ワットにKO負けして初戦敗退。2002年にはゲーリー・グッドリッジに、2003年のGP開幕戦でアレクセイ・イグナショフにKO負けを喫するなど首の怪我が慢性化してKO負けが多くなっていた。

2000年にはボクシングに転向し、マイナーながら世界ヘビー級のタイトルも獲得したが、フグの訃報と遺言を機に彼の代理でK-1の予選トーナメントに代理出場。全試合1RKOで優勝したが、決勝トーナメントは怪我で欠場を余儀なくされた(代役はレイ・セフォーが務め、準優勝に輝いている)。

2006年に現役を引退。「キレテナーイ」のフレーズでStickのテレビCMにも出演する気さくな人柄で大人気だった。

2012年2月に永眠。

アーツとは3勝3敗、フグとは2勝2敗。

関連記事

親記事

格闘家 かくとうか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マイク・ベルナルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290

コメント