ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ベラルーシ出身のキックボクサー。K-1 WORLD GP 2001年ベスト4。196センチ。ムエタイをバックボーンに持ち、真っ赤なトランクスと強力な膝蹴りから「レッドスコーピオン」、「東欧のサソリ男」などの異名を持つ。


子供の頃、最初はフルコンタクト系の空手を学ぶ、その後はサッカー⇒バスケ⇒スキーなどをしていた、そして16歳の頃にムエタイを始める。


2000年、K-1デビュー、この時はまだ100キロ以下と軽かったが将来性は高く評価されヨーロッパ・ロシア地区予選トーナメントを制覇。横浜での予選トーナメント出場権を得るも1回戦でマット・スケルトンに圧倒され判定負け。


2001年身長からすれば細かったため10キロくらい一気に増量していき、成績も向上。名古屋で開かれた予選トーナメントで優勝しその年のGPに進出。ベスト4まで上り詰める。


2002年以降はさらに5キロほど増量し最終的には110キロ以上に。

2002年は3連勝した後、GP開幕戦でステファン・レコに判定負け、2003年はパリで開かれた予選トーナメントで優勝し開幕戦では2001年に名古屋で決勝を争う予定だったマイク・ベルナルドを破り優勝候補の一角に挙げられるもGP一回戦でピーター・アーツに判定負け、2004年はK-1で3連勝した後、GP開幕戦でガオグライ・ゲーンノラシンに判定負け。これ以降は予選トーナメント敗退(もしくは怪我によるドクターストップ)に終わり、開幕戦に出場することはできなかった。


しかし2003年にバダ・ハリを2004年セーム・シュルトを、K-1以外のキックボクシングの大会ではあるがKOで圧勝している。


2004年ボクシング世界王者アーサー・ウィリアムスに、ローキックで何もさせずにKO勝ちした事もあった。


試合における出来不出来の差が激しい選手だった。アルコール中毒だったからなのか?、急激に増量した悪影響なのか?、練習のし過ぎで疲れのピークが当日に来る事が多かったからなのか?、原因は様々。


K-1ではKO負けした事がない(TKO負けはある)、ダウンするという事それ自体が滅多になかった。



姉が2人いる、姉の1人はイグナショフと双子。

関連記事

親記事

格闘家 かくとうか

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました