ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジェットパイルダー

じぇっとぱいるだー

ジェットパイルダーは、マジンガーZの操縦ユニットとなる小型航空機。前代のホバーパイルダーが大破したため急遽開発された後継機である。
目次 [非表示]

概要

TVアニメ第69話で大破したホバーパイルダーの後継機として、光子力研究所で急遽開発された垂直離着陸機。第71話「危機突破!!新パイルダーGO!」から登場、マジンガーZパイルダーオンするようになった。

原作漫画には登場していない。

機体説明

操縦席や風防などの基本的な形状は変わらないものの、左右の折り畳み式ローター翼がなくなり、機体左右には光子力ジェットエンジンが搭載、このエンジンのすぐ上には引き込み式の主翼がある。この主翼は着陸時および、パイルダーオンの時には機体内部に引き込まれる。

ジェット推進により、飛行速度はマッハ3と飛躍的に高くなった。この2基の光子力ジェットエンジンは可動式であり、通常飛行時は後方に噴射、垂直離着陸時には90度回転し下方への噴射を行うようになっている。

機体の底面部には大型のファンが設置されており、パイルダーオンやオフの際の推進力を補助している。

垂直尾翼には後方視認用の眺望鏡があり、マジンガーZの操縦中にも使用可能になっている。

武装はパイルダーミサイルとパイルダービーム。前者は光子力ジェットエンジンの先端部に1発ずつ装備されている。後者はライト部分から発射する、要は小型の光子力ビーム。

真マジンガーZEROvs暗黒大将軍では、ある事象で甲児がZに取り込まれるのを防ぐべく異星の技術が投入された。

劇中での活躍と不遇

ホバーパイルダーを基に改良を施されているため、戦闘能力は大きく上がっている。

特に初登場した第71話では、ジェットスクランダーが改造中でマジンガーZが飛行不能になっているため、一度分離して妖機械獣ユニコーンΣ2の翼を破壊し飛行不能にした上でマジンガーZに再ドッキングするという戦術をとった。

以後もマジンガーZの操縦ユニットとして、あるいは高速戦闘機として活躍した。


しかしスーパーロボット大戦シリーズなどの後年の作品では、このパイルダーの交代劇が表現されることはほとんどなく、マジンガーZの操縦機と言えばホバーパイルダーとなっている。

スーパーロボット大戦αなど、幾つかのゲーム作品では登場することがあるものの、パイルダーオンのデモムービーのほとんどはホバーパイルダーが占めている。


21世紀の続編であるマジンガーZ/INFINITYでは、

「CGスタッフが、ホバーパイルダーのポリゴンをすでに作成してしまっていた」

という理由で、わずかに背景に出てくるだけになってしまった。※一応設定上は、

「法規上戦闘機になってしまうため出撃が難しい」

リサを同乗させるスペースがない」

となっている。尤も前者の方は「そもそもZの出撃自体、劇中法規ガン無視なのでは?」とツッコミを浴びたのだが。


※ホバーパイルダーの出撃シーン背景に、半ば解体され、パーツが抜かれた状態で鎮座しているのが確認できる。ここから「ホバーパイルダーの復元の際、保管されていたジェットパイルダーからパーツを流用した」という解釈も成り立つ。


関連項目

マジンガーZ

ホバーパイルダー

パイルダーオン

関連記事

親記事

マジンガーZ まじんがーぜっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1504

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました