ピクシブ百科事典

イーグレット・ウルズ

いーぐれっとうるず

イーグレット・ウルズとは、スーパーロボット大戦シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

CV:石田彰

概要

イーグレット・フェフによって作られた人造人間「マシンナリー・チルドレン」の第一号。
スーパーロボット大戦α外伝で初登場。
冷静な性格で、マシンナリー・チルドレンのリーダー的存在であり、イーグレット・スリサズイーグレット・アンサズの2人とともに任務を遂行している。
スクールの生徒であるブーステッド・チルドレンのアラド・バランガの遺伝子とマシンセルを駆使して作られたため、桁違いの身体能力の高さを持っており、普通の人間では耐えられないマンマシンインターフェース「ゲイム・システム」にも長時間耐えられる。また外見もアラドに酷似している。
アラドがスクールの落ちこぼれであることを聞かされているため、アラドに対して激しい憎悪を抱いている。

α外伝ではアンセスターの一員として登場しており、アースクレイドルで地球環境の再生に力を注いでいた。戦争を続けて環境を破壊する人類を見限るようになり、メイガスに人類を抹殺するよう決断を促した。
スリサズとアンサズを失ってからは自身もベルゲルミルで出撃し、アースクレイドルでプリベンターに最後の勝負を仕掛けるもプリベンターの圧倒的な力の前に敗れ、死亡する。
プリベンターには比較的期待を寄せており、アンサズ、スリサズがプリベンターに失望し、人類殲滅を唱えるのを見ても、恐竜帝国の脅威の抑止力として自分達の戦力不足を危惧し、プリベンターの必要性を語るなどかなり冷静な視点を持っているのが伺える。
(結局、多数決として2人の意見を支持するが…)

スーパーロボット大戦OG2では、フェフの命令でアースクレイドルに待機させられていたが、アースクレイドル内に来た地球連邦軍のクロガネを迎撃するために出撃し、ソフィア・ネートを救出しに来たゼンガー・ゾンボルトを阻止しようとしたが振り払われてしまい、ダイゼンガーの雲耀の太刀で真っ二つにされ、死亡したかに思われたが…?
なお、本作ではイベント戦闘でゼンガーに斬られる以外戦闘シーンが無いと悲惨な扱い。
ちなみに基本能力は作中全キャラNO3と恐ろしく高い能力を持つ。しかも全地形適応S、レベル1で全精神コマンド習得済みとストーリー面では恵まれないが戦闘面では実はかなり優遇されている。
惜しむべきは戦闘機会が無いという1点か…。

第2次スーパーロボット大戦OGでフェフとともに生きていることが判明した。
復活した後、ガイアセイバーズのアルファ・セイバー隊長として鋼龍戦隊の前に立ちはだかる。
常に仮面をかぶってエグレッタ・ウーノと名乗るが、髪型と服装ですでにバレている上、鋼龍戦隊に対して自己紹介する際、「僕はエグレッタ・ウーノ。君達にはイーグレット・ウルズと名乗った方がわかり易いか」と自ら明かしている。

アースクレイドルでゼンガー・ゾンボルトに敗北してからゼンガーに激しい憎悪を抱くようになり、ゼンガーを倒すことを望んでいる。
また、ガイアセイバーズを裏切ったイーグレット・イングにも憎悪を抱いており、自分が持ってない念動力をイングが持っていることに怒りを覚えている。
この2つのことが原因なのか冷静さを欠いており、イーグレット・スリサズの攻撃性とイーグレット・アンサズの残虐性を兼ね備えた性格になっている。

マシンセルで強化された自身の愛機キャニス・アルタルフで鋼龍戦隊に寝返ったイングを執拗に追い回して苦しめ続けてきたが、イングの力に勝つことができず、最期はエグゼクスバインのブラックホール・バスターキャノンで愛機を破壊され、イングに負けたことを信じられないまま死亡した。
初登場時から恐ろしく高い回避力を見せ、初見プレイヤーを驚かせた。しかも次回出撃からは精神コマンドを全開にして攻めてくるのでかなり厄介な敵となっている。

搭乗機体

ベルゲルミル
キャニス・アルタルフ

関連タグ

スーパーロボット大戦α外伝 スーパーロボット大戦OG2 第2次スーパーロボット大戦OG
マシンナリー・チルドレン イーグレット・フェフ
イーグレット・スリサズ イーグレット・アンサズ イーグレット・イング

関連記事

親記事

マシンナリー・チルドレン ましんなりーちるどれん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イーグレット・ウルズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3255

コメント