ピクシブ百科事典

ソフィア・ネート

そふぃあねーと

ソフィア・ネートとは、スーパーロボット大戦シリーズの登場人物である。(メイン画像左の女性)
目次[非表示]

CV:土井美加

概要

ディバイン・クルセイダーズに所属していたアースクレイドルの科学者。
スーパーロボット大戦α外伝で初登場。
人類保存計画「プロジェクトアーク」の責任者としてアースクレイドルの建設を進めたあと、アースクレイドルの中枢装置「メイガス」と自律型金属細胞「マシンセル」の開発も担当しており、開発が終わった後は人工冬眠に入っている。
LTR機構の安西エリは親友。
ゼンガー・ゾンボルトはソフィアに好意を抱いている。

メイガス

α外伝では未来世界の組織「アンセスター」のボス「メイガス」として登場しており、イーグレット・フェフによってマシンセルに侵されたままメイガスと同化させられている。人格もソフィアではなくメイガスそのものになっているが、プリベンターとの戦いで敗北した際に意識を取り戻しており、アウルゲルミルの最後の力を使って未来世界の住人を帰し、メイガスと運命を共にしている。
姿は肌の色が紫がかっている以外変わらないが、本来の彼女とは全く逆の冷徹なアンセスターの指導者に変わり果てており人格は全くの別人というべき存在。

歴史改変後


第2次αでは、邪魔大王国ミケーネ帝国の襲撃の際に目覚めており、ゼンガーが操るグルンガスト参式の武器「参式斬艦刀」を届けたあと、ククルにさらわれていたが、邪魔大王国とミケーネ帝国が崩壊する際に脱出しており、平和解放機構に救出されていた。

第3次αではテスラ・ライヒ研究所に移籍しており、超機人の研究に力を入れている。

OGシリーズ

OGシリーズにも登場しており、α外伝と同じようにフェフによってメイガスと同化させられてしまうが、マシンセルに侵されておらず、α外伝のように死亡することはない。
ゼンガーはOG1でアースクレイドルが戦場となる事態になれば馳せ参じると約束していたのだが、それがOG2で現実となってしまった。アースクレイドル崩壊の最中、メイガスに囚われていた彼女を間一髪で救出を果たした。‪α‬外伝・第2次‪α‬で救えなかった無念がOGでやっと叶ったのである。

実は・・・

見掛けと裏腹に結構タフな人だったりする。なんでも学生の頃は安西エリとサバイバルな事をしょっちゅうやってたり、‪α‬外伝の彼女の没データはステータスが半端ない他に精神コマンドはまるでボスキャラ。
あんた本当に科学者なのかと。

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦α外伝
ゼンガー・ゾンボルト 安西エリ
アンセスター

pixivに投稿された作品 pixivで「ソフィア・ネート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4806

コメント