ピクシブ百科事典

山荘包帯男殺人事件

さんそうほうたいおとこさつじんじけん

山荘包帯男殺人事件とは名探偵コナンで発生した事件の名称である。
目次[非表示]

気をつけろ… 油断すると奴がまた人の心の中から顔を出す…
復讐という名の殺人鬼が…

概要

山荘包帯男殺人事件は、名探偵コナンにおいて、江戸川コナンが解決した事件のうちの一件。
原作では鈴木園子の初登場回である。

作品の特徴として、現在の規制では放送不可能のシーンが多く、コナンが解決した事件の中でも猟奇的な殺人事件であるため、トラウマ回として有名。

あらすじ

コナンは、蘭の親友である鈴木園子に群馬の別荘で行う姉の映研仲間の同窓会に招待された。
しかし、その別荘に行く途中で怪しい包帯男を目撃するなど不穏な状況であったが、無事同窓会が始まった。
和やかな雰囲気の中始まった同窓会だったが、敦子という名前が出た途端その場の空気が一変する。

その後、散歩中に太田とはぐれてしまった蘭は、謎の包帯男が斧で襲いかかられるも、コナンのおかげで何とか助かっている。
この状態のままでは危険と判断して警察に電話しようとするも、電話は不通。さらには、吊橋が落とされて山荘は外界から隔離されてしまった。
その中で、包帯男に池田知佳子が連れ去られてしまい、森の中で知佳子を探すが、森の中でバラバラとなった知佳子の死体が発見される…。

事件関係者

鈴木綾子園子の姉で大学院生。24歳。大学時代は映研でメイク・衣装を担当していた
太田勝外車ブローカー。24歳。大学時代は映研で主に主役を張っていた
高橋良一食品会社社員。巨漢のぽっちゃり系。25歳大学時代は映研で大道具を担当していた
角谷弘樹映画雑誌編集者。25歳。大学時代は映研でカメラマンを担当していた


余談

この事件の犯人は、自殺しようとするがその際に『自分は敵を討った正義の使者』と言った犯人に対して大切な人を口封じで襲った挙句、それを棚に上げたことに、コナンは怒りを感じ、その際に探偵役の園子の声で『死にたきゃ勝手に死にやがれ‼‼』『ただの醜い血に飢えた殺人鬼だ』と言い放つ場面が印象に残る。

しかし、とある事件での犯人を推理で追い詰めてしまい、結果自殺に追い込んでしまった。それ以降、犯人が自殺しようとしたときには極力自殺を未然に防ぐように考えるようになった。

関連タグ

名探偵コナン  江戸川コナン  毛利蘭  鈴木園子

殺人鬼  名探偵コナンの事件・シリーズ一覧

コメント