ピクシブ百科事典

池田千佳子

いけだちかこ

「名探偵コナン」における登場人物かつ被害者。
目次[非表示]

CV:唐沢潤

該当事件

「山荘包帯男殺人事件」

人物名

24歳。人気の脚本家であり、「青の王国」の脚本を手掛けた人物。
大学時代は映研の部長であり、脚本と監督を務めていた。
映研に仲間たちと普通に接するが、自殺した徳本敦子の話になるとヒステリー気味になる。また、蘭を襲った包帯男に対しては悪戯と割り切れる事を言ったりなど無神経にも程がある人物。
その後は包帯男に連れ去られ、虐殺斬首され殺害された。
連れ去られる前に、自分の部屋の扉の下にあって手紙を見て、何かに焦っている様子だった。

角谷弘樹とは学生時代交際していたようで、角谷は知佳子に対しまだ好意をもっていたようだが、知佳子の方は冷たくあしらっていた。










結末

「青の王国」は敦子が書いた作品「空色の国」の盗作だったため、彼女が自殺する原因を作ってしまう。 「青の王国」をネタに森の中に呼び出されて、斧で首を切断された後、首と片手片足を切断される。 胴体を起こそうとした瞬間に首が落ちるシーンは多くの視聴者にトラウマを植え付けた。(ある意味良い気味ではらあるが)
殺されたとはいえ、蘭が包帯男に襲われたことを怖がらせるためのイタズラと決めつけた。 敦子を自殺に追い込むつもりまではなかったようだが、その後盗作してしまったことを自ら告白したり、受賞を辞退する、脚本家としての仕事を辞める(あきらめる)などしていなかった事。敦子の話をヒステリック気味に終わらせようとするなど自殺に追い込んだことについて全く反省しておらず、むしろ彼女が自殺したことで盗作がばれることがなくなったと考えていたようである。知佳子が反省していたなら犯人にもは殺さずに盗作の事実の公表で済ませていた可能生もあるため、同情の余地はかなり無いだろう。

余談

因みに犯人は彼女に対し「あのメスブタ」と言っていたが、アニメでは「あいつ」にへと変更された。

関連ダグ

名探偵コナン

コメント