ピクシブ百科事典

怪盗紳士の殺人

かいとうしんしのさつじん

『金田一少年の事件簿』のエピソード。
目次[非表示]

概要

 『金田一少年の事件簿』File:13。単行本では17~18巻に収録。
 短編でたびたび登場する怪盗紳士が初登場したエピソード。
 北海道のラベンダー山荘を舞台に、金田一と怪盗紳士との推理合戦が、そしてあまりにも哀しい殺人劇が幕を開ける。

 アニメでは第10~12話、テレビドラマではシーズン2の第5・6話が該当。

あらすじ

 世間を騒がす謎の大泥棒・怪盗紳士。その被害額は50億円に達し、数え切れないほどの名画が盗まれ、そのモチーフまでも「盗み出された」という。
 そんな噂を対岸の火事とばかりに聞き流していた金田一一は、イジメに遭っている同級生・和泉さくらを義憤に駆られ…というかいじめっ娘のパンツ欲しさに救い、感謝される。しかし、彼女はもうすぐ養子に行くこととなり、不動高校を去る旨を一と美雪に告げる…。

 さて時は少々過ぎて、一は剣持警部から怪盗紳士の挑戦状が差し向けられたことを教えられる。よせばいいのに強力を承ってしまった一は、次なるターゲットに選ばれた蒲生画伯の別荘・ラベンダー荘に向かう。そこで出会ったのは、見違えるほどの美少女となったさくら。蒲生は、実はさくらの実の父親だったのだという。
 蒲生の莫大な財産を狙い、暗躍する客人、そして怪盗紳士。謎が謎を呼ぶ中、遂に悲劇は幕を開ける…。

登場人物


  • 和泉さくら:元不動高校2年。蒲生から「メガネをとってコンタクトにしなさい、あと少しやせるといい」といわれ、メイン画像のような美少女となる。実はこの姿が蒲生最大の傑作といわれる「我が愛する娘の肖像」と酷似しており、蒲生が行き別れた娘の今の姿を想像して描いたものらしい。一に少し気がある。
  • 蒲生剛三:有名な画家。53歳。極度の乗り物嫌いで、特注のリムジンにしか乗れない。絵のモデルを作り出すためだけにラベンダー荘を作る程の拘りを見せる。
  • 海津里美:蒲生の主治医で、ヌードモデルもやっている。ちょっと老け顔だが32歳。
  • 小宮山五郎:蒲生お抱えの運転手。かなり老け顔だが45歳。温厚な好人物。
  • ポアロ:蒲生の愛犬。ラベンダーの匂いが嫌い。この事件の後、金田一家に引き取られる。

  • 和久田春彦:蒲生の甥っ子で天文学者。34歳。金と女にだらしが無く、人望も薄い。
  • 羽沢星二画商。27歳。頭の切れる男で、詐欺まがいの方法をとるのにも躊躇が無い。
  • 醍醐真紀:美術雑誌記者。24歳。巨乳で明るい姉ちゃん。
  • 吉良勘治郎:飲んだくれオヤジ。55歳。もともとは蒲生と並ぶほどの画家だったが、所詮はコネで決まる画家という職業に嫌気がさし、に溺れている。かつて蒲生にモチーフを盗用された恨みがある。
  • 岸一成:ハイキング中のフリーター。糸目。28歳。


怪人『怪盗紳士』

 モチーフごと名画を盗む怪盗。もともとは悪戯程度の「モチーフ盗用」しか行わなかったが、ラベンダー荘ではを焼いたり、さくらのを切り落したり、遂にはモデルを殺害したりする凶行に出た。
 ドラマ版ではガスマスクのような仮面を被っている。また、殺し方が原作に比べて滅茶苦茶エグい。

関連項目

金田一少年の事件簿 哀しい悪役 衝撃のラスト

蝋人形城殺人事件 → 怪盗紳士の殺人 → 墓場島殺人事件

pixivに投稿された作品 pixivで「怪盗紳士の殺人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41

コメント