ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

金田一少年の事件簿の中でも歴代中、最もえげつないとされる事件。

首なし死体、惨殺、不気味な青年(KKK?)、校長とPTA会長の不倫
何より後述するとある理由により原作単行本以外のメディアでは視聴することが出来ない。

体の一部が切断されたミイラの隠された6つの館のある六角村で起こる連続殺人劇。

あらすじ

 金田一少年七瀬美雪の同級生、時田若葉。

 ある日、教師である小田切進との関係がばれてしまい
 彼女は故郷の青森県六角村に連れ戻されて
 親が決めた許嫁結婚させられる事となった。
 式への招待を受けやってきたはじめと美雪。そして小田切。
 
 式の夜に教会の鐘が鳴り響く。
 教会には、花嫁である若葉の首なし死体があった。

 ____「7人目のミイラ」なる人物の犯行であった。

登場人物


  • 時田十三(演:三谷昇):若葉の父で時計の館の主。若葉の教師との交際を知り、村に連れ戻す。ドラマ版では覆面男で、金田一を杖の一撃でKOしている。
  • 一色寅雄ステンドグラスの館の主。顔に痣がある中年男性。ゲテモノ食い。ドラマでは登場せず(ゲテモノ食いのせいだろうか)。
  • 草薙三子ツタの館の主(ドラマ版では白の館)。数年前に息子を亡くして以降は病的な愛猫家になっている老婆を平気で食べる一色の事を殺さんばかりに憎んでいる。ドラマでは冬木三子(演:白川和子)なるヤク中。
  • 風祭淳也(演:岡田眞澄):六角村村長。風見鶏の館当主でハンサムな中年男性。剥製づくりに凝っているらしい。
  • 五塔蘭塔の館の主。美雪がうっかりときめくほどの美人だが実態は若作りのことしか考えていない偏執狂。真犯人曰くインランババー。設定が危ないためかドラマでは登場せず。
  • 兜礼二(演:綾田俊樹):鎧の館の主。眼鏡をかけた細身の男。
  • 兜霧子(演:松原朋子):礼二の娘。常に不愛想。無口すぎて原作ではセリフがない。


怪人『七人目のミイラ』

 村の館に眠る6つのミイラに準えた名を持つ殺人鬼。
 六角村(ドラマでは十字架村)の主たちを、その館に眠るミイラの形に切り刻んで次々と殺していく。
 名前しか登場しないため、初期の事件簿の怪人に多かった仮面を被った奇行などは一切描かれない。

 ドラマ版では「人目のミイラ」に変更されている。

著作権について

本事件がテレビドラマ化された際、推理作家・島田荘司がデビュー作『占星術殺人事件』(1981年発表)における事件の根幹を構成するトリック盗作されたと指摘があった。
これにより、後日、文庫版には“『占星術殺人事件』のトリックを用いています”と明記される。
実際のところ、トリックには著作権の保護が及ばないアイデアなのだが……。

また、こうした事情への配慮からかDVD版には収録されず、本編でのトリックについて、犯人視点で言及するスピンオフ『金田一少年の事件簿外伝犯人たちの事件簿』では、File編で唯一このエピソードのみ未収録。
でも後日談のスピンオフ『金田一少年の1泊2日小旅行』では、注釈とツッコミを入れた上でしっかりと取りあげられている。
アニメ化もされなかった。もっとも、殺人方法やトリック自体が凄惨な上に他のエピソードと異なり改変も困難なのでどのみち制作されなかった可能性もあるが。


関連タグ

金田一少年の事件簿
六若 青森県 ユダヤ教 キリスト教
ミイラ バラバラ殺人
封印作品 大人の事情


オペラ座館殺人事件 → 異人館村殺人事件 → 雪夜叉伝説殺人事件

関連記事

親記事

金田一少年の事件簿 きんだいちしょうねんのじけんぼ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「異人館村殺人事件」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「異人館村殺人事件」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151251

コメント