ピクシブ百科事典

エリザベート・バートリ

えりざべーとばーとり

美しさのために多くの人を殺した女殺人鬼。「血の伯爵夫人」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

「バートリ・エルジェーベト」や「エリゼベート・バートリ」と呼ばれることもある。1560年にハンガリーの名門と謳われるバートリ家に生まれる。自身の美しさを維持する為に「人の生き血」を用いたという史上名高い連続殺人者。言葉巧みに誘い込んだ700人もの娘を殺し、そので湯浴みをしたという逸話もある。記録では最終的にその悪行が露見し、一切の光を通さない密閉された塔の中に幽閉され、発狂しながら死に絶えたという。

その強烈なエピソードからか、時に創作作品のキャラクターのモチーフとして採用されこともある。また、乙女の生き血を欲した姿から女吸血鬼といった扱いをされることもある。

ただ、補足をしておくと彼女の親戚は皆奇人変人ばかりで、しかも当時は近親婚が常態化しており、精神的、肉体的に欠陥を抱えていた貴族は決して少なくはなかった。また、彼女が本格的に凶行に走るようになったのは夫との死別の後で(一説では夫が彼女に加虐性をもたらしたとも言われている)、それ以前は生まれながらのエキセントリックな性格と上述の家庭の狂気でおかしな点こそあったものの、それなりの慈善事業も行っていた。

ちなみに、「人の生き血」を浴びることで若さが保てるというのは、科学的にあり得ない。もし、そのような現象が本当に起こったのであれば、それは間違いなくプラシーボ効果である。

なお、ハンガリーでは日本と同じく、名の前に姓が来る。これに沿えば、バートリ・エリザベートと書くのが、より正確である。ただし、ハンガリーの周辺国は、すべてが名のほうが先にくるため、ハンガリー人自身、外国人に自己紹介するときは、名を先にする事も多い。

関連イラスト

【※擬人化注意!】ルサルカ&血の伯爵夫人【リク絵】
センシティブな作品



関連タグ

血の伯爵夫人
エリザベート・バートリー(表記揺れ)
ハンガリー 人物 殺人鬼 サイコパス
処女厨 キチガイ プラシーボ効果
フランドール・スカーレット

創作上での扱い

バンパイアキラー

【実況使用絵】MD・バンパイアキラー


上記の人物をモデルにしたキャラクター。こちらは表記揺れの「エリザベート・バートリー」を使用している。過去のシリーズで倒されたドラキュラ伯爵の姪にあたる女吸血鬼で、300年前に処刑された後1900年代初頭の世界に蘇る。本作の世界において第一次世界大戦を引き起こした張本人であり、ヨーロッパ中の人間の魂を生け贄に、ドラキュラを復活させるべく暗躍する。

最終ステージの舞台となるイギリスのプロセルピナ城にてプレイヤーを待ち受け、戦闘の途中にはメデューサに変身する。下僕としてドロテア・ツェンテスという老婆がおり、エリザベート打倒後に復活したドラキュラ伯爵と共に戦うことになる。

関連タグ

バンパイアキラー ドラキュラ


Fate/EXTRA-CCC

センシティブな作品


こちらも実在の人物がモチーフであり、表記も「エリザベート・バートリー」。詳細はランサー(Fate/EXTRA-CCC)を参照。

関連タグ

Fate/EXTRA-CCC 赤ランサー 悪魔ランサー

fate/GrandOrder

血の伯爵夫人


上記のエリザベートが狂った後という設定で登場。詳細はカーミラ(fate)の記事へ。

関連タグ

Fate/GrandOrder

アイ★チュウ

楽曲「裏切りの果実」は、エリザベートを題材としている。

関連タグ

アイ★チュウ

関連記事

親記事

シリアルキラー しりあるきらー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エリザベート・バートリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 667452

コメント