ピクシブ百科事典

SA22C

えすえーにーにーしー

SA22Cは、1978年3月に発売されたRX-7の初代型番。
目次[非表示]

この車種はサバンナ(RX-3)の後継車種として発表され、当時のカペラから発展させたスポーツカーのような車体を用いている。エンジンに関してはMAZDAお得意のロータリーエンジンマツダ・12A型エンジンを搭載していた。
 正式名称はサバンナ・RX-7である。
 なお、2回以上のマイナーチェンジ(1979年、1982年、1983年などのエンジン交換、1980年の外装の変更など)がある。
 そして1985年、フルモデルチェンジによりFC3Sとなった。

エンジンに関して

 この車に積まれていたエンジンは先にも述べた通りのものであり、性能としては総排気量が1,146cc、水冷2ローターエンジン(通常のエンジンの1800㏄にあたる)であるが、各種マイナーチェンジを行っている。
 当初は無圧縮のエンジンを用いていたが、排ガス規制及びオイルショックの影響により、サーマルリアクター(二次空気導入装置、排気に空気を送り込んで高温処理して炭化水素を燃焼させるもの)を導入したもの、希薄燃焼型、ターボ搭載(日本のみ)、13B型エンジン(通常のエンジンだと2000㏄クラスとなる、ルーチェなどに搭載されたエンジン)(海外のみ)が搭載された。ちなみに希薄燃焼型で燃費が10.2km/lである(それ以前に関してはお察しください)。

そのほか

 この車の開発コードはX605。フルモデルチェンジの開発コードはP747。
 この車は日本においてスーパーカーブームになっているさなかに発売されたため、人気が出たとされる(特にポルシェ・924と似ていた)。 
 アメリカ合衆国などでは日産フェアレディZあたりといっしょくたにプアマンズポルシェと呼ばれていた。

関連項目

RX-7(SA22C FC3S FD3S)
サバンナ(車種に関する説明は少ない)

参照

wikipediaマツダ・RX-7

pixivに投稿された作品 pixivで「SA22C」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8094

コメント