2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「早く上がって来い—————いや、果たして上がって来れるかな———」

CV:藤原啓治

概要

塔矢行洋名人門下。アキラの兄弟子であり、若手ナンバーワンと目される棋士。九段。

 初心者時代のヒカルを知る数少ない1人。運営の一人として呼ばれたのか、1巻のこども囲碁大会におけるヒカル口出し事件で初登場。
 ヒカルの対局は数える程しか見ていないものの塔矢親子の注目に感化されてか、門前払いされたヒカルを院生試験に推薦し、塔矢門下の研究会に誘う他、アキラに院生となったヒカルを見せたり、アキラが執拗に気にする若獅子戦での経過を敢えて伏せたりと、二人の橋渡しになる行動を取ることが多い。

 ネット碁編で謎のネット棋士『sai(藤原佐為)』の存在を知り、その熟練した碁に魅了され、自らも対局したいと熱望する。当の佐為はヒカルの指導や行洋との対局を第一に考えていた為、緒方に相対する機会は物語の後半を待つ事になる。

 物語終盤、十段と碁聖の二冠に輝く。

人物

 鋭い眼差しとハーフを思わせる彫りの深い顔立ちが印象的な美男子。アダルトな魅力を持つキャラとしても描写されており、オフの場では交際していると思しき女性の影も見られた。公の場では常に白スーツを身に纏い、作中でのヒカ碁川柳では「タンスにいっぱい」と揶揄されたことも。

 普段はクールな佇まいを崩さないが内心には棋士としての情熱が絶えず燻っており、佐為に執着するのも正体を知りたいアキラとは違い、純粋に勝負したいという棋士の血が騒ぐからである。

 現本因坊の桑原からは若造扱いされて調子を狂わされる為か、苦手意識を抱いている。最初の頃は老獪な彼に盤外戦で振り回される一方だったが、タイトルを獲得してからは気持ちに余裕が出たのか、以前には無かった貫禄を身に付け、桑原と対峙することになる。

関連タグ

ヒカルの碁 塔矢アキラ 進藤ヒカル

関連記事

親記事

ヒカルの碁 ひかるのご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 469916

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました