ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「さあ、ついて来いよ。俺の仕掛けたトラップはもう始まっているんだ…!」


声優高瀬右光
搭乗車種ホンダインテグラタイプR(DC2前期)
ボディカラーチャンピオンシップホワイト※1
主な外装パーツSPOON製カーボンボンネット、SPEED STAR WHEEL製ホイール
ナンバー栃木55 し 32-094

フジミ模型製プラモデル(初版)及びゲーム頭文字D_ARCADE_STAGE(Ver.1)の初期ROMではサンライトイエロー。


概要

栃木県のドラテク私塾「東堂塾」の現役塾生で、ヒルクライム担当としてプロジェクトDと戦う。

集中力が高まってくると目元と口元がひきつって笑顔のような表情になるため、チームの仲間から「スマイリー酒井」というあだ名で呼ばれている。

フルネームは最後まで明かされず、ゲーム版では前述のあだ名が正式な名称として採用されている。


二宮大輝よりも年上の先輩に当たり、ムラっ気を起こしたり乱暴な言動を取る事はなくいつも冷静沈着である。

またサーキットの走行会に赴いていたり、様々なメーカーの車種のメカニズムや茨城県のセミプロチームパープルシャドウのメンバーの情報をよく熟知しており、走り屋としての知見の深さも描かれている。

ただし彼自身は、「自分は天性の才能を持っておらず、技術を突き詰めてもプロを目指せる器ではない」と割り切っている節があり、後輩の二宮やOBでプロ入りした舘智幸らの才能を手放しで誉め、他人への嫉妬や劣等感は見せていない。

出世欲はほとんどないが積み重ねた技術や経験則に基づくバトルでの実力をOBから認められており、「東堂塾の現役最強は二宮ではなく酒井」だと評価されていた。


一般的にトラクションの関係でハイパワー車とするには不利なFFの限界に挑戦したいという意向から、愛車のインテグラにホンダ車では邪道とされるボルトオンターボチューン(ターボチャージャーを後付けで組み込む改造)を施している。

対峙した高橋啓介も、そのポテンシャルの高さに驚くほどであった。


バトルでの駆け引きに長けており、後ろに目がついているかのように後続車への誘導と揺さぶりを掛けてくる。

一方、それらの技術を悪用して相手をクラッシュさせることすら厭わない卑劣な面も持ち合わせており、東堂塾の暗部を感じさせる人物であるともいえる。


作中の活躍

以下ネタバレ注意

プロジェクトDの栃木エリア遠征において、東堂塾代表として塩那道路で啓介と対戦。

先行を選び、左足ブレーキで一瞬リアのランプを点灯させるフェイント技で啓介を苛立たせた後、ブラインドコーナーでブレーキングを遅らせてオーバースピードで突っ込ませる罠を仕掛けた。

酒井の目論見通りブレーキングポイントを見誤った啓介はクラッシュの危機に陥るが、天性の反射神経とコントロール技術を発揮しギリギリでクリアしてみせた。


第4ヘアピンを過ぎた直後、啓介はお返しとばかりに酒井のインテグラの後ろからFDを軽く接触させ、マシンをねじ込み並走。

アウトコースに追い込まれて走行ラインに制約をかけられた酒井は、FFが苦手とする上りの低速コーナーでの加速勝負に持ち込まれ敗北した。

知り尽くしたつもりでいたホームコースという慢心の隙を突かれた形でもあったが、元々「東堂塾」自体がバトルよりもタイムアタックを重視する傾向であった(自らが思っているほど他車との駆け引きに慣れていない)事も敗因の一つだと思われる。

実際に二宮も酒井も追い抜く事より先行スタートでの逃げ切りを狙っていた。


その後藤原拓海対舘戦やプロジェクトD対パープルシャドウ戦にギャラリーとして登場。

スカイラインGT-Rの駆動システム「ATTESA E-TS」の仕組みを説明するなど、メカに弱い二宮(および読者・視聴者)に対する解説役を務めた。

また二宮・舘と共にプロジェクトDの神奈川県での最終決戦にもギャラリーとして観戦していた。


余談

  • TVアニメ版「Fourth Stage」では、尺の問題から川井淳郎の時と同様にバトルがカットされてしまい結果のみが語られる形で終わったが、後にOVA「BATTLE STAGE2」にてバトルシーンが完全新規で製作された。
  • 酒井役の高瀬右光は、アニメ版登場に先駆けて2003年発売のPS2用ソフト『頭文字D Special Stage』でキャスティングされ、約1年後に放送されたアニメ版『頭文字D Fourth Stage』でも引き継がれた。
  • フジミ模型から展開されている1/24スケールの頭文字Dプラモデルシリーズの一つとして酒井のインテグラがラインナップされている。が、初版のみパッケージに描かれているインテグラのボディカラーがサンライトイエローであり、商品本体の成形色もイエローであった。現在の再販分はパッケージのインテグラのボディーカラーがチャンピオンシップホワイトになっており、成形色もホワイトになっている。
  • 作中で言及された「VTECにターボチューンは邪道」という論調は、当時の自然吸気エンジン愛好家にVTEC搭載車種が好まれた結果として生まれたにすぎず、ターボなどの過給機とVTECの相性が良いことはすでに知られていた。特にホンダ手ずからVTECエンジンにターボを搭載・成功を収めた現在では、前述のような風潮は完全に過去のものとなっている。また、酒井が嫌った「FF車は中排気量まで」という論調は今でも変わらない一方、彼の理想である"無差別級でも勝負できる"FF車は技術の進歩によって実現されたといってよい状況にある。
  • 原作では、第一部初期でタイプRではないと思われるDCインテグラが中里毅の乗るスカイラインGT-Rに抜かれるモブとして登場していた(TVアニメ版ではS13型シルビアに差し替え)。

関連項目

頭文字D 東堂塾 走り屋

二宮大輝 舘智幸

関連記事

親記事

東堂塾 とうどうじゅく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65770

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました