ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「別にフルチューンのエンジンでなくたって・・走り屋でいるかどうかは気持ちの問題だろ・・」

概要

搭乗車種マツダユーノスロードスター(NA6CEまたはNA8C)
ボディカラークラシックレッド
主な外装パーツマツダ純正エアロパーツ
ナンバー栃木55 を 86-596
声優中村大樹


結成して2年となる栃木県の走り屋チーム『セブンスターリーフ』(S・S・R)のダウンヒラー。下の名前の正式な表記は不明。
初登場シーンの「ひょろ」というオノマトペから、彼がやせ型であることが確認できる。
プロジェクトDとしての藤原拓海の対戦相手のうち、一番最初に描かれたドライバーである(デビュー戦ではないことに注意)。

ロードスターの軽量さを生かしてハイスピードのツッコミに賭ける荒っぽいドライビングスタイル。ありとあらゆるコーナーを慣性ドリフトで振り回すその走りは『カミカゼ・ダウンヒラー』と呼ばれ、拓海すらも驚かせるほどのキレを見せることもある。涼介曰く「藤原とよく似たタイプのドライバー」。

ただし財布はカツカツで、6年目の恋人の奈保に借金をすることもしばしば。貯金もせずにクルマに金ばかり費やすトオルに、彼女は頭を悩ませている。
「トオルのロードスター お金かければかけるほどヘンになっていくじゃない 乗り心地は悪くなるし・・うるさくてCD聞こえないし・・見た目だって前よりなんかボロっちい・・」と散々な言われようである。

劇中の活躍

以下ネタバレ注意



トオルはプロジェクトDとの決戦前に奈保にタイヤ代を無心するが、プロジェクトDとの勝負を前に、「負けたら走り屋やめてもらう」という条件付きで金を貸してもらった。
これを聞いたヒルクライム担当の川井淳郎からも「もっと奈保ちゃんのこと大事にしてやらないとまずいぞー」「そんな約束させられてる事自体が問題だよー」と忠告をされている。

決戦前に1600ccのB6-ZE型エンジンを1800ccまで排気量アップ、4連スロットル化し、馬力を190psまで上げたが、「勝っても負けてもこのエンジンは手放す」と決心をした。これは「一番大事なのは車の運転を楽しむこと」ということに気づき、バトルをしない走り屋として生きるという道を見つけたためであった。

迎えた拓海とのバトルでは先行を選び、地元の利と身上であるキレたツッコミでリードしていく。しかし技術の洗練度では藤原文太に仕込まれた拓海の方が一枚上手で、きっちり差を詰められた上『側溝ショートカット』でカウンターアタックを決められパスされる。トオルは「ハチロクにできるのならこの車だってできる」と同じことを試みるが失敗。右フロントタイヤが側溝に落ちてコントロール不能となり、勢いで飛んだロードスターは屋根から落ちて一回転した。ギャラリーは肝を冷やして駆け寄り、拓海もバトルを中断して戻ってきたが、ロールケージに守られたトオルは全く無事で自力で普通にドアから出てきた。しかしこれで続行は不可能となりリタイア、敗北となった。

この敗北で約束通りバトルからは引退するが、車とは別の形で好きなものとして関わっていくことを決意。プロジェクトDと戦えたことに喜びを感じつつ、彼の物語は幕を下ろした。
ちなみに、奈保は意外にも約束通り引退すると言ったトオルに驚いており、冗談半分の意地悪のつもりであったことを明かしている。借金まみれでも走り屋やってるトオルが好き、ということらしい。
「最高の夜だったしな あんなに興奮したことなかったよ・・あいつらに出会えたことを つくづく よかったと思う・・」

余談

  • 担当声優の中村氏はアニメFourth Stageに先駆けPS2用ゲームのSpecial Stageにてオーディションで決められ先行登板しアニメにもそのまま登板している。
  • ゲーム頭文字D_ARCADE_STAGEシリーズではストーリーの都合上、シリーズによっては拓海とバトルした後も走り屋を引退しておらずプレイヤーとバトルする前にプロジェクトDの事を回想する。


関連タグ

頭文字D 川井淳郎 ロードスター

関連記事

親記事

頭文字D いにしゃるでぃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「末次トオル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15657

コメント