ピクシブ百科事典

塚本(頭文字D)

つかもと

塚本とは、漫画「頭文字D」に登場するキャラクターである。

CV:陶山章央

概要

拓海のサッカー部時代の2年上の先輩で、赤城山で走り屋をしている社会人。久しぶりに会った拓海に最初は思い出してもらえず、一緒にいたなつきのフォローもあり「珍しい顔」ということでようやく思い出してもらっている。

愛車は180SX(RPS13)で、赤城のチーム(レッドサンズではない)に所属し走り屋を気取ってはいるものの、実際はヒールアンドトゥも満足に出来ない程で、ドラテクは作中最低レベルと思われるが、自分では腕がいいと思い込んでいる。
同乗した拓海には「池谷先輩よかだいぶヘタ」「オレにとっちゃ拷問」と心の中で酷評され、なつきにも重度の車酔いをさせてしまう。
それが元で、車酔いでふらついた拍子に腕時計が走り屋カップルのシルビア(PS13)に軽く当たり、トラブルとなる(もっとも走り屋カップルの女が一方的に騒ぎ立てただけで、傷も暗いとはいえほとんどわからないレベル)。
結局、帰りは拓海が運転を代わることになるが、なつきの要望で前述のトラブルになった走り屋カップルとバトルになり(ちなみにその走り屋はレッドサンズのメンバーには及ばないにせよ、赤城山では比較的速い方らしい)、その際に拓海のテクニックを間近で目の当たりにして失神してしまっている。その為、拓海が憧れの「秋名のハチロク」であることには気付いておらず、後に拓海のバトルを観戦した際には「初めて本物をこの目で見た」とはしゃいでいる。

再登場時には180SXをガードレールに激突させ、この事故で道を半分塞いだ為に、図らずもちょうど展開されていた高橋啓介秋山渉のバトルは水入りとなった。

関連タグ

頭文字D

コメント