ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:江原正士

搭乗車種 ホンダS2000(AP1)
ボディカラー ロングビーチブルーパール※
主な外装パーツ MPF製フロントバンパー・マフラー、J'S RACING製ボンネット、CUSCO製リアウイング、無限製ホイール
ナンバー 土浦35 お 71-109

※このカラーは本来初代NSX用のものでありS2000純正色ではないため、オリジナルで再塗装が施されている。

概要

茨城県筑波山の走り屋チーム『パープルシャドウ』のリーダー格。
職業は医師で、推定年齢40代後半。
親友で同じくもう一人のリーダー格の星野好造からは「城ちゃん」と呼ばれている。

高橋涼介と同じく医学に携わる者であるためか、かなり理論的な走りをする。
完璧主義者であり、バトルの展開や次に起こることを予想し全て計算尽くで走っており、星野と共に現在もジムカーナサーキットのアマチュア大会で表彰台に上がる凄腕ベテランである。

また若者のような部分を隠そうとはしない星野とは逆に、年長者であることへの自覚を意識した振る舞いを常に心がけている。
そのため藤原拓海やゲーム版でのプレーヤーへの振る舞いも紳士的であまり辛辣ではない。
しかし星野からは、「自分の完成度の高さを他人に見てほしくて仕方ない、変人でナルシスト」と冗談交じりに喝破されている。

左手をシフトノブ、右手をステアリングホイールから離さない『ワンハンドステア走法』を体得しており、『ゴッドアーム』の異名を持つ。
一見するとセルフガムテープデスマッチと呼べそうな縛りプレイに見えるが、そのこころは全ての状況を自分の盤石のコントロールの下に置いているという自信と事実にある。
また一見走行ラインには無頓着な走りをしているように見えるが、これは「タイヤさえ使い切ればどんな走行ラインでもタイムは同じ」という理屈から来ているもので、ドリフトでもグリップでもない両方の中間で走るという。
事実城島はコーナーで毎回違うライン取りをしながらもほとんどタイムを揃える事ができ、この神業とも呼ばれる走り方を彼は20年以上続けている。
なお、彼とバトルした拓海はバトル中の雰囲気が「インプレッサを転がしてるどこかのクソオヤジにそっくりだ」として、苦手意識を露にしていた。

劇中の活躍

以下ネタバレ注意

筑波山での拓海とのダウンヒル戦では持ち前のハイテクニックを駆使して拓海を追い詰め、後追いの7本でついに追い抜きに成功する。
しかし、終盤で変形溝落としとブラインドアタックの合わせ技を使った拓海に抜き返される。
その際絶対的な自信のあったワンハンドステアを崩されたことによって後追いでの勝負を避け、先行逃げ切りの勝ち方に切り替えた。

最後の8本目で全力走行を見せ、これまでどんな相手にも後追いで離されることはなかった拓海が変形溝落としを使用してもなお引き離されるほどの速さを見せ付けた。
拓海のハチロクトレノは溝落としのしすぎで足回りを破損し万事休すと思われたが、中年の城島は持久戦による疲れと数日続いた猛暑による体調悪化で吐気を催し、クルマを停止させて道路脇で嘔吐しまさかのリタイアとなった。

ちなみに車内で吐き散らしながらゆっくり走って逃げ切る事も考えていたようであるが、「みんなが喜んで駆け寄ってきた時、全身ゲロまみれで降りてくるのは分別ある大人としていただけないと思った」と観念した様子であった。

拓海はバトルの後回復した城島の走り方を隣で見て学ぶ機会を得て、自分でもワンハンドステアを練習に取り入れるようになった。
その結果ドライバーとしてのセンスが磨かれ、自分の感覚と実際のマシンの戦闘力にブレが少なくなった。

余談

原作ではガムテープデスマッチとの類似性については読者に語りかける形で説明文で解説されていたが、ナレーションのいないアニメ版では高橋涼介がプロジェクトDのメンバーとの会話で説明する形になっている。

アニメ版では拓海のバトルで最終回を締める為に、高橋啓介対星野戦との順番が原作と逆になった。

関連項目

頭文字D 走り屋
星野好造 ガムテープデスマッチ

関連記事

親記事

パープルシャドウ ぱーぷるしゃどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「城島俊也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25633

コメント