ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

モペッドはオートバイの一種で、自転車にエンジンを取り付け、ペダルとエンジンを併用するものである。名前は「moter(原動機すなわちエンジン。英語では電動モーター以外もこう呼ぶ)」+「pedal(ペダル)」を合成したかばん語である。
モペッド自体はオートバイ創成期から存在し、ハーレーダビッドソンも設立当初はモペッドメーカーであった。

日本のバイクも1909年に登場した国産初のオートバイNS号は自転車をベースにエンジンを取り付けたものだった。しかし、その次に登場したオートバイは1914年宮田工業が製作した旭号で、これはトライアンフを参考に作られた本格派のオートバイだった。この旭号はその後のオートバイの流れを決定づけるもので、その後日本ではモペッドは大体的に製造されなかった。

戦後、物資不足や貧困、GHQによる工業の制限のなか自転車に次いで庶民の足となったのがバイクであった。中島飛行機改め富士産業(後に富士重工業に継承)がラビットスクーターを製造したことをきっかけにスクーターが広まったが、スクーターは高価であり手に届かない層もかなりあった。そこで日本軍が解体されて不要になった小型エンジンをバイクに取り付けるアイデアが出てきた。

1946年に戦前からキャブトンで有名であったみづほ自動車製作所が自転車取り付けエンジンビスモーターを発売、これは質が良くなくブランドの低下を招いたものの、これをきっかけに多くの企業が参入した。1952年にホンダホンダ・カブF型、同年にはスズキもパワフリーを発売。スクーターに注力した旧富士産業系各社でも1954年に富士重工業の子会社板垣がサンライトを、富士精密工業(プリンス自動車)もブリヂストンと共にバンビー号を発売した。

【例大祭告知】幻想通騒狂~パワーのレシピは1:25~


画像手前に置かれているのが取り付け前のカブF型エンジン

1957年には田中工業(現日立工機販売)タス号、1958年にスズキがスズモペットを発売し、既に自転車にエンジンが組み込まれている完成型モペットが主流となり、それまでの取り付け型モペッドは板垣とブリジストンのみしか競争力を持ちえない状態となった。

1958年にホンダがペダルを廃したスーパーカブを登場させるとモペッドの衰退は決定的となった。スズキは1959年にモペッドから撤退し本格派オートバイメーカーに転換し、板垣が1961年に富士重工業に吸収されラビットスクーター製造に専念、ブリヂストンは1966年バイク事業から撤退し国産モペッドはほぼ消滅した。

新スーパーカブ


画像はスーパーカブ

原動機付自転車という免許枠やスーパーカブのようなビジネスバイクが「モペット」と呼称されたり「~ペット」という商品名になっていたのはこの名残であった。

現在、往年のような国産モペッドはフキプランニングが製造するFK310のみといわれている一方、環境問題から電動モーターをとりつけたモペッドが注目されつつある。

関連タグ

オートバイ
原付
原付バイク
スーパーカブ

外部リンク

フキプランニング

関連記事

親記事

原付 げんつき

子記事

兄弟記事

  • DT50 でぃーてぃーごじゅう

pixivに投稿された作品 pixivで「モペッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 728

コメント