ピクシブ百科事典

ライトバスは、かつて広島県の東洋工業(現:マツダ)が製造・販売していたマイクロバス

概要

1964年の東京モーターショーでデビュー、翌年に発売された。
エンジンやシャーシなど基本的な構造は、同じ時期の2トントラックに基いている。
何より、川崎航空機製のエッジの効いたデザインと前面の大きな曲面ガラス窓が特徴的だった。
当時、バスといえばモノコックボディが主流で丸みを帯びたデザインが殆どだったため、ライトバスの近未来的な造形が強烈なインパクトを与えたことは想像に難くない。

とはいえ、当時としては普通のタイプのモノコックボディ(西日本車体工業製)を架装したモデルも存在した。
1966年に登場したC型と呼ばれるモデルで、川崎製ほどのインパクトがあるデザインではないものの、こちらも大きな窓と眺望の良さが特色だった。

後継車

後継となったのは、1972年にデビューしたパークウェイ。
デザインこそ大人しくなったもののロータリーエンジンを載せたゲテモノがラインナップされていたことで一部のファンに知られている。

関連記事

親記事

MAZDA まつだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライトバス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23

コメント