ピクシブ百科事典

ルーサー

るーさー

英語の男性名(Luther)。ここではゲーム「PSO2」に登場する人物について記述する。
目次[非表示]

「聞こえているかな、シオン。
 ようやく僕もここまで理解できたよ。」
CV:櫻井孝宏

概要

PSO2のEP2に突如登場した謎の人物。一部の人間には「最後のフォトナー」と呼ばれている。
同じく謎の人物である「シオン」に異様なまでの執着心を見せ、彼女を理解し一体化することを熱望している。

アークスの研究機関『虚空機関(ヴォイド)』の総長で、六芒均衡カスラによると、現在する最後にして唯一の「フォトナー」でもあるらしい。

アークスに所属しているようだが、失意の底にあったテオドールを勧誘し、デューマンに改造して手駒にするなど怪しい動きを見せる。

冷酷かつ利己的、傲慢で自分とシオン以外の全てを見下している。
自身の知的欲求を満たすためならば犠牲はいとわない典型的なマッドサイエンティスト
一方で相手を勧誘・誘導することも得意で、交渉上手である。

彼の研究の犠牲となったカスラ、クーナサラにはひどく憎まれている。


関連イラスト

PSO2 ルーサー
ろぐまとめ



関連項目

もしかしなくても


ネタバレ


この記事にはPSO2のネタバレが含まれています!





























アークスを支配した経緯

40年前の「巨躯戦争(エルダーせんそう)」によってアークスは壊滅寸前の状態になっていた。そこに目を付けたルーサーは協力者として入り込み、立て直しの一環としてアルマに人体実験のモルモットになることを要求。更には「フォトナーにしてやる」と研究員たちを懐柔し、虚空機関(ヴォイド)を設立。自身はその総長に収まり、オラクルの裏トップとして君臨する。

またシオンから管制を司る力を奪い取っており、これを用いることでいつでも生命維持装置を停止させオラクルを滅ぼすことができるようになった。重力まで操れるためプレイヤーとマトイを無力化するという芸当も見せた。

六芒均衡の設立

管制を握ったことでレギアスを脅しつけ、オラクル住民たちの命を助ける代わりに傀儡になることを要求。逆にレギアスも偶数番(イーブンナンバー)の存在を要求し、ルーサーは取引に応じた。レギアス、初代カスラ、アルマは三英雄となってルーサーの傀儡となり、三英雄の抑止力として偶数番が選出された。こうして生まれたのが六芒均衡である。なお、偶数番の選出はレギアスとマリアによって行われた。

第二世代アークスの誕生

もともと身体が弱かったアルマは人体実験の果てに死亡。その研究データからゼノなどの第二世代アークスが誕生し、アークスは立て直しがされた。

正体

敗者


「貴様らも、貴様らも貴様らも!
 僕に! 逆らうか! 僕に!
 この、ルーサーに! 【敗者】にッ!」
その正体は鳥系のダーカーを使役するダークファルス【敗者】
ただし彼自身は純粋なダークファルスではなく、惑星シオンと接触した古代人「フォトナー」の最後の生き残りにダークファルスが憑依したものである。

巨大な演算装置となった惑星シオンに魅了され、その全てを理解し飲み込もうと、アークスやダーカーが生まれる遥か過去から探究を重ねてきた。

どの段階でダークファルス化したかは不明だが、他のダークファルス達の言動から爪弾きもの扱いされている様子。また本人も他のダークファルス達のことを見下している。
設定資料によればアークスの肉体を奪い続け、数百年間生き続けてきたと記載されている。

周囲の会話から現在の肉体は六芒均衡の一人、初代カスラであると推測されている。また初代カスラはルーサーをして「ねじくれた性格」と言わしめる人物であり、ダークファルスの依代の人格が影響するという特性上、現在のルーサーの性格も彼からの影響が強いと予想される。しかし、初代カスラの年齢を考慮すると現在の外見(公式設定35歳)は少々若すぎるため、現在の肉体はその次の肉体であることも予想される(資料集により、フォトナー時代のオリジナルの外見に似せていることが判明した。また同書では現在の肉体は初代カスラのものであり、容姿はフォトナー時代の自分に似せていると記載されている)。

目的

その目的は、全知存在(アカシックレコード)である惑星シオンと一体化し、全知を手にすること。なぜ全知を手に入れたいかについては「科学者に学の価値を問うな!」とのことで、識る(知る)ことこそが目的だと語っている。

EP2-5「再誕の日」

悲願達成間近になって協力者である研究員を全て用済みだと処刑し、アークスも不要だと潰しにかかる。ついにシオンを取り込んだルーサーだが、既にシオンは対抗策を練っていた。プレイヤーに自分を殺させることで自害したのだ。手にした全知は零れ落ち、アークスの司令権限を全てシャオに持って行かれてしまった。文字通り「敗者」となってしまった。

怒りと悲しみで暴走した彼はダークファルス【敗者】としての本性を表して旧マザーシップ(シオンの抜け殻)を乗っ取り、アークス達に襲いかかった。しかしプレイヤーとの戦いで力を削り取られ敗北。屈辱に塗れながら密かに逃れようとする。が、それを見越していたレギアスによって阻まれる。アルマを復活させるということを出汁に交渉を持ちかけるも、逆に一刀両断されてしまい、ついに絶命してしまった。

だが直後に現れたダークファルス【双子】によって遺体は捕食され、複数の模倣体として復活。以後は旧マザーシップを根城にして、定期的にアークス船団に襲いかかる存在となった。

EP3-5「出来損ないの最高傑作」

前述の通り死んだと思われていたルーサーだったが、EP3にて【双子】の体内でまさかの再登場を果たす。この時のルーサーは全知への執着心が全くなく、プレイヤーマトイの2人を脱出させる為に味方としてパーティに加わる。クラスはテクター/フォース。
無事に2人を脱出させるも、本人はシオンのいない世界に興味はないとして内的宇宙に留まった。

「さあ、行け、『出来損ない(最高傑作)』
 全知の失われた不確かな世界をせいぜい、楽しんでみせてくれ。」

【双子】が【深遠なる闇】の一部となった後の生死は不明。
設定資料によれば、【双子】の内的宇宙で孤独を味わったことで初めてシオンを理解したことも書かれている。

なお、同じくフォトナーでありダークファルスの依代となっていたアウロラとの面識は(彼女の話を聞くに)無いものと思われるが、実情は不明。

EP2の終わりから実に1年と3ヶ月ぶりの登場となった。




ここからはEP5に関するネタバレがあります












EP5-1「徒花に惑いし者」

謎の男性


「いかにも、僕はルーサーだが
 いきなり人を呼び捨てる君達は誰だ?」
「アカシックレコードの夢」たる異世界オメガでは魔導国クエントの元第一王子「ルーサー=ラース=レイ=クエント(26歳)」として登場。王位継承者ハリエットの兄にして「魔導科学の第一人者」。オラクルにいたルーサーと違い、涙型のペイントがない。

表面的な性格はオラクル世界のルーサーとほぼ変わらず、病的なまでに研究熱心であると同時に高飛車で傲慢。他人のことなど配慮していないかのような態度をとるが、その内情はオラクル世界のルーサーとは正反対に人道主義に目覚めており、彼なりの道徳と正義感に基づいて行動している。
また妹にも情が厚いようで、いざというときはちゃんと「お兄ちゃん」している様子。

EP5-3「兄妹の記憶、敗者の研究」

オメガ【敗者】


「……ふふ、ははは、ははははは!
 渡さないぞ、僕の最高傑作は渡さない!
 全知を掴む、その時まで……!」
しかし、紅き邪龍から「エフィメラ」を用いて再生術式を引き剥がした影響により、オラクルのルーサーらしき人物の記憶とともにエフィメラの影響が表面化しダークファルス【敗者】に変貌。ハリエットを拐いかつて失敗した遡行召喚を行おうとした。

ハリエットを追う道中で垣間見るオメガのルーサーの記憶から召喚によりおぞましい何かが出現した事、ハリエットは一度塑行召喚に失敗し死亡しているらしい事、その直後ルーサーによってハリエットに何らかの形で魂が定着している…と言うことが判明。
再び塑行召喚にハリエットを用いようとした所を間一髪救出、次いでオメガのルーサーがオメガ・アンゲルに変貌。

「貴様……
 アークス風情が、僕の邪魔を!
 一度ならず、二度までも……!」

何とかオメガ・アンゲルを撃退するも、主人公が次々に呼び出されるダーカーに手間取っている中…ハリエットが決意を固めルーサーを断罪。身内であろうともきちんと決断したハリエットを主人公に託し、主人公にダークファルス【敗者】の力を与えた。
それに伴い、かつてのオラクルのルーサー自身のフォトンも主人公の内に宿る事となる…。

ルーサーの悪夢

「何故だ!
 僕はそんなことをさせるために
 この子を生み出したわけじゃない!」
なお、この間に描写された「ルーサーの悪夢」の中では「何かの為に誰かを生み出しこそしたが、その誰かが元々の想定とは違う使われ方をされそうになった(恐らく何かの「犠牲」に使われそうになった)」こと、「それを回避するために当時のシオンに問いかけるも回答は無く、そのことに絶望した」ことが描写されている。

「違う!
 違う違う違う違う違う違う!!
 このような解は、間違っている!!!」

その絶望の果てに、「シオンが答えないのなら、自分が全智を掴めばいい」という結論に至ったことも描写されている。
つまりルーサーは、「誰かの犠牲を回避するために自分自身が全智を掴み、正しい解を導きだそうとした」、「その過程でダークファルスさえも利用しようとしたが、逆に操られてしまい当初の目的を歪められてしまった」という可能性が浮上した。


その後

まとめ


「……ちょうど【双子】の中も【深遠なる闇】にも飽いたところだ。
 君に力を貸すのもやぶさかではない。
 教授はしない、上手く使い給え。さすれば君は残酷な真実を識るはずだ。
 ……太古の絶望を、ね。」

アルマたちとの会話では、オメガのルーサーが本来の人格であり、オラクルのルーサーは「ダークファルス【敗者】を利用しているつもりが、実は操られていたのではと推測されている。(オラクルの【敗者】は片目が黒くなっていたのに対してオメガの【敗者】は両目が黒くなっていた。)

理屈屋なのは相変わらずで、先住しているゲッテムハルトとは反りが合わず喧嘩。
…それでも身体を間借りしている関係で主人公には頭が上がらないようで、「二人とも追い出すよ(意識と力があっても器となる肉体を持たないので、追い出されるとただのフォトンとして霧散してしまう)」or「シャオに話すよ(人格が内包されているのは伏せている為、明かされたら引きずり出され人格を浄化されて消滅する可能性が非常に高い)」と脅されすごすごと引き下がった。
ちなみに元【若人】のマルガレータとのひと悶着でも、主人公から追い出しの脅しを受け大人しくなった。
この際、ルーサー自身は「主人公をただ利用するだけではなく、力を貸す代わりに知を得る」と述べており、これを平等な取引と言っている。

緊急クエスト「異界に紡がれし知の化身」

【敗者】の力の残滓はオメガに残されており、それによってアカシックレコードの記録が偏向されたことでオメガファルス・ルーサーが出現。討伐に向かうプレイヤーに対し、ルーサーはその強さについて忠告する。しかし、直後に「それでも君なら倒してしまうんだろうね」と言い放った。
ルーサーからも敗者扱いされる【敗者】がプレイヤーに勝てるわけがなく、戦いは彼の言葉通りの結果に終わったのは言うまでもない。

プレイヤーとルーサーの因果

設定資料集によれば、ルーサーは二代目クラリスクレイス並みの能力を持った者を生み出そうとしていたという。アルマの人体実験から得た成果によって第二世代アークスが誕生。そこから突然変異を起こしたのが第三世代アークスである。つまり、ルーサーの研究なくしてプレイヤーが生まれることはなかった。ルーサーの最大の障害となったのがプレイヤーであり、今はその精神に同居しているのだから皮肉としか言いようがない結末となった。

余談

なお、三回目のキャラクター総選挙で男性部門で第一位に選ばれ、特別ボイスドラマで女性部門一位となったマトイとの絡みがあるのだが、この時のルーサーは本人ではなくプレイヤー達の妄想(つまり、アークスのおもちゃとしてのルーサー)が具現化した幻創ルーサーである。

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1286108

コメント