ピクシブ百科事典

オメガ(PSO2)

おめが

ファンタシースターオンライン2・EP5の舞台となる異世界。
目次[非表示]

注意:この項目にはファンタシースターオンライン2・EP5の重大なネタバレが含まれます!






















概要

仮面を奪還しようと奮闘するプレイヤーとマトイの力で消滅寸前まで追い込まれた深遠なる闇がプレイヤーを巻き込み、宇宙の中心に逃げ込んでブラックホール化した物。

そこは、かつて惑星シオンが在った場所

プレイヤーが目覚めた時に見たものは、どこかにありそうでどこにも存在しない、剣と魔法が世を動かす中世風の世界だった。

プレイヤーはその後アルマの力によりアークスシップに戻されたが、オメガ(アルマの付けた仮称)の外殻であるブラックホールの肥大化は異常で、あっという間に全宇宙を呑み込んでしまいかねない。その様子は計器には認識できるが、どうにか出来るのはアルマを認識出来る=シオンと繋がりのあるシャオシエラ・マトイ、そしてプレイヤーだけ。
かくして、プレイヤーはオメガに赴き、事態を収拾する(世界を救う)べく奮闘することとなった。

アルマの言うことにゃ

言ってみれば「アカシックレコードの見る夢」。「記憶を整理するための行為(アルマ談)」。
人間も夢を見るし、夢の内容は割と脈絡がなくて目が覚めても意外と覚えていないもの。
だから、中がどうなっているかとかは一切不明、ぶっつけ本番でどうにかするしかない。

公式もまた豪快にぶっちゃけたものである

キーワード

マナ
RPGでは「大地の気」としてお馴染みの物質。ここオメガでは、アークス世界のフォトンや地球世界のエーテルに非常に近いものという扱い。魔術のエネルギーとなるが、オメガの人たちにはアークスのように直接武器に込めて使うやり方は出来ない。
・エフィメラ
数十年前(オメガ内経過時間)から無尽蔵に咲くようになった花。見た目はバラに似ているが棘はなく、紫に妖しく光る花だけを咲かせ枯れずにい続ける。魔術の触媒として非常に優れていることがオメガ内各国に知れ渡り、オメガ世界の魔術を劇的に発展させた。
その正体はダーカー因子。強力な魔術を顕現させる替わりに使用者の精神を徐々に蝕んでいき、人間不信・独断専行などの負の感情が露わになっていく。オメガ世界の構築に深遠なる闇が深く関わっている以上当然の話ではある。
・魔神城
エフィメラ魔術の一つの成果。召喚するとその地のマナとエフィメラを食い尽くし、誰にも破れない魔神結界を構築した上でその背後に砦として出現。その後もマナを食らいつつ魔物を無尽蔵に産み出し、その物量で周囲を制圧していく。自身も機動力こそ無いものの強力な戦闘能力を持つ。
・破界塔(バスタータワー)
プレイヤーの所属する陣営・クエント国が産み出した対魔神城用の攻城兵器。マナを集約し、魔神結界を破壊できる武器・破界鎚(バスターパイル)を召喚させる。クエント国最高クラスのマナの使い手・王女ハリエットをもってしても幻影としてしか顕現させられなかったが、大量のフォトンを自在に使うプレイヤー=守護輝士の力添えにより召喚が安定、その後シエラ達の解析により再現方法を確立し、魔神城攻略の道がひらけた。

コメント