ピクシブ百科事典

ファルス・アンゲル

ふぁるすあんげる

ファルス・アンゲルとは、ダークファルス【敗者】の戦闘形態である。
目次[非表示]

「全事象演算終了……解は出た」

cv:櫻井孝宏

概要

ダークファルス【敗者】の戦闘形態。名前の由来は天使(エンジェル(ANGEL))であり、6枚の翼を生やしている。初登場はストーリーであり、それ以外で登場するのは姿を模した模倣体である。

ルーサー同様に法撃をメインとした攻撃を得意とし、状態異常も豊富。おまけに機動力も高い。
主にEトライアルではこちらの形態で出没する。生半可な装備と知識ではあっという間にパーティ壊滅状態になる事だろう。部位をすべて破壊しないと弱点が露出しないことに加え、即死級の極太レーザー「グラン・ギ・メギド」を使用するなどから長らくストーリーにおける最強の敵だった。

「だった」というか、現在ではプレイヤーの火力が向上したせいで瞬殺されてしまっているだけであり、高リスクのアドバンスクエストなどで遭遇すると依然として油断ならない相手である。

オメガ・アンゲル

「有象無象が!僕に逆らうか!」

エピソード5に登場した、異世界オメガにおけるファルス・アンゲル。
挙動はオラクルのアンゲルとあまり変わらないが、使用するテクニックが格段にパワーアップを遂げている。

グラン・ナ・ザン(調和波動子、消失自壊)とグラン・サ・フォイエ(収縮、疑似崩壊)が最初から3回放ってくる他、グラン・ギ・メギドの発射数が2発に増加、2発目は多段ヒットでインジュリー(回復阻害)を付与してくる。

また、フォースとテクターの専売特許だった、ザンディオンやバーランツィオンなどの複合テクニックを使ってくるようになった。
オメガ・ヒューナル同様、世壊種ダーカーとして扱われる。

EP5第六章

守護輝士の行く手を阻むべく、ペルソナ・エルミルの手駒として4体のオメガファルスが出現。なんとオメガ・アンゲルがルーサーと対決する。勝敗は描かれなかったが、のために戦うルーサーと、欲望を抱くだけの駒。どちらが勝つかなど明らかである。

関連イラスト

ファルス・アンゲル
ぜんち


Falz Angel
【敗者】



関連タグ

ダークファルス【敗者】 ダークファルス(PSO2) オメガ(PSO2)
ファルス・ヒューナル ファルス・ダランブル ディーオ・ヒューナル エルガ・マスカレーダ

関連記事

親記事

ダークファルス【敗者】 だーくふぁるするーさー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファルス・アンゲル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2267

コメント