ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

年齢性別種別出身地CV
17歳オメガ人オメガ潘めぐみ


概要

異世界オメガに迷い込んだ守護輝士が出会った少女。
言わずと知れた巨乳であり、幼少期から徐々に成長していく様が後のストーリーで明らかになっていく。
彼女はどうやら何らかの理由で兵士たちに追われていたようだが…


関連イラスト

PSO2とか落書き詰め合わせ

 

ハリエット




注意:以下はファンタシースターオンライン2・EP5の重大なネタバレが含まれています!





















ネタバレ

私にも多少の心得はあります!(【EP5】序章)

実は魔導国クエントと対立する反乱軍のリーダー。守護輝士こと主人公(プレイヤー)との初遭遇では、クーデターを成し遂げた宰相ルツに反逆者扱いとされ、逃亡中であった。
追い詰められつつも一矢報いるが、追手が魔物を召喚したところで劣勢に陥る。そこへ駆けつけた守護輝士によって助けられる。感謝と共に名乗った矢先、彼/彼女はアルマの手で一旦退場させられてしまう。
その後、再びオメガに赴いた守護輝士を丁重に迎え、伝承に記された「救世の存在」として仰ぐことに。

私に……出来るでしょうか……(【EP5】第一章)

レジスタンスを率いてはいるが、元々はれっきとしたクエント国王位継承権1位のお姫様(本来は継承権2位。兄ルーサーがエフィメラを利用した非道な実験で継承権をはく奪されたため繰り上がった)。
第一章終盤にて守護輝士との協力を得たことでルツを追い詰め、政権を取り戻すことに成功する。ルツは抵抗した末にクエント城の崩壊に巻き込まれ消息不明となり、ハリエットは(研究に没頭したいルーサーに強く勧められたこともあって)正式な女王となった。クーデターで国を離れる以前はたびたび城下町に訪れていた、と言うこともあり国民からの支持も上々のようである。

民を助けるため、あの魔物を討たねば! どうか、お力添えを!(【クエスト】逢魔に誘う幻惑の森)

ストーリーには絡まない期間限定常設クエスト。突如出現した謎の森で孤立してしまったハリエットを救出しに行くという内容。最深部にある古城にはオメガ・ヒューナルが待ち受けており、ハリエットとの共闘エマージェンシートライアルが発生する。

そのように……そのために喚ばれたのですから!(【EP5】第三章)

ついったーまとめ34


第三章「兄妹の記憶、敗者の研究」では、オラクルのルーサーらしき人物の記憶がフラッシュバックされるとともにエフィメラの影響が表面化しオメガのルーサーが【敗者】化。ハリエットは拐われ、かつて失敗した全知存在を呼び出すための遡行召喚(そこうしょうかん)のイケニエにしようとした。

るさはり4こま


主人公が間一髪救出に成功しオメガ・アンゲルも鎮圧した後、ルーサーが呼び出したダーカーに苦戦している最中に決意を固め、兄でもありオメガにエフィメラの召喚術を蔓延らせたルーサーを自らの手で断罪。ルーサーは抵抗する事なくそれを受け入れ、身内であろうともきちんと決断したハリエットを称え、死亡。彼は初めから妹に殺され、その死を乗り越えさせることで成長を促そうとしていたのだった。

なお、拐われたハリエットを追う道中で垣間見るオメガのルーサーの記憶から、召喚失敗によりおぞましい何物かが出現した事、本物のハリエットは「何者か」の手に掛かり死亡しているらしい事、その直後ルーサーによってハリエットに何らかの形で何者かの魂が定着している…と言うことが判明。

秘密を共有できる相手。共犯者が、欲しかったんですよ(EP5 第四章パート1)

外出着ハリエット


第四章パート1「女王の休息」では、兄・ルーサーをも断罪し「氷の女王」と諸外国が評するようになりだした。激務を続けるハリエットにヴァルナが休暇がわりに地方の視察公務へ回した際、護衛として守護輝士も同行。彼女の口から真相の一端が発覚した。

召喚失敗によりおぞましい何物かが出現し、ハリエットはルーサーを庇い死亡。
次に目を開けた時には彼女はハリエットの返り血を浴びて血塗れのルーサーに抱かれていた。
――彼女は「ハリエット」になっていた。

「ハリエット」になる以前の自身が何者かも解らないが、彼女は「ハリエット」の行いを知り、様々な人から「ハリエット」への恩を受けたが故に、その恩義に応えようと努力している。
……が、それ故に無理をしている事も確かであり、ひとしきり話した後主人公の胸で思い切り泣いた。

その後にフローという少年と仲良くなったが、彼はイス=アルスの筆頭象徴だったためにイス=アルスに帰ってしまった。

……私の身体こそが、器に相応しい!(【EP5】第四章パート2)

第四章パート2「砂漠に喚ばれし【若人】たち」では、【若人】からエピック神王・マルガレータを救出するべくダーカー因子の一部を吸収。
その甲斐あって救出には成功したのだが…

「でも、不思議です。
 何もおかしなところはありません。
 むしろ調子がいいくらいです。」

……と、過去にEP3を体験したプレイヤーには引っ掛かる発言があった。

かつて【深遠なる闇】になりかけたマトイは、ダーカーの卷族を撃破していく中で体内に因子を溜め込んでいた。その最中、身体の調子は悪くなるどころか好調となる。
これは体内のフォトンがダーカー寄りに変質し、同族のフォトンを溜め込む事でバランスをダークファルス……ひいては【深遠なる闇】に等しくしていくものであったため。
この発言からハリエットにはダークファルス、もしくは【深遠なる闇】に類する存在が定着していると考えられる。

この騒動の後、マルガレータとはお互いに女性の国の指導者と言う事もあり、善き友人となった様である。しかし傲慢な神王の友人にされてしまったことは、エピック国民から同情されている。

……守護輝士、どうかお願いいたします(【EP5】第五章)

第五章「象徴との遊戯」では、イス=アルス通商連合国から多数の魔物種と【双子】眷属のダーカーが出現。クエント国内への侵攻を防ぐべく兵を率いて出陣する。しかし守護輝士の力も無尽蔵に増え続ける敵勢には通用しなかった。そこへ現れたクラリッサによれば、この事態はフローが引き起こしたものだという。守護輝士がフローを止めるまでの間、ハリエットは時間稼ぎを提案。ヴァルナと共に多数の兵を率いて魔物種の群れに立ち向かう。
誰もが逃げ腰になる中、ハリエットだけは守護輝士の信頼に応えるべく決して引き下がらず戦い抜いた。その後、フローを救った守護輝士と無事合流を果たす。だがしかし、敵は今も増え続けており事態は収束に向かう気配はなかった。
緊急クエスト「不尽の狂気」にてイス=アルスに出現した魔神城を叩くべく友軍として魔物種を引き付け、守護輝士を勝利に導いた。

……私は未来を望み、ゆえに今、私はここにいるんです(【EP5】第六章)

どの世界にも、どの次元にも【深遠なる闇】の受け皿となる「器」は存在する。それは全知存在の見る夢であるオメガという世界でも例外ではない。オメガにおける「器」こそが「ハリエット」だったのだ。「器」を狙っていたエルミルはハリエットを手中に収め、彼女は巨大な黒い花の頂にある繭の中へと幽閉されてしまった。

エルミルの正体は【深遠なる闇】(【仮面】)から漏れ出た闇、即ち新たなダークファルスであり、自らを【仮面】を受け継ぐ者と名乗った。エフィメラと共に生まれ落ち、「オメガ人のエルミル」に宿って活動していたのだ。実は過去、ルーサーが遡行召喚で呼び出した存在が彼だった。「器」には既に別の魂が宿ってしまっており、計画を台無しにされたエルミルは、エフィメラを利用した謀略により【深遠なる闇】になることを画策するようになったのだ。そして彼は、プレイヤーにダークファルスたちを倒させることで【深遠なる闇】へ因子を戻させていた。実はオメガと一体化した【深遠なる闇】は、この世界の大地そのものでもあった。ダークファルスたちの因子は地表を伝って大元へ戻り、エルミルはそれを奪っていたというわけである。

プレイヤーとシエラは奮闘により、プレイヤーとシエラはハリエットが幽閉された繭の前へと辿り着く。しかし時すでに遅く、ハリエットの魂は「器」から消え、守護輝士の力を利用したエルミルが入り込む。エルミルは各DFの力と「器」を得、【深遠なる闇】に比肩する存在エルガ・マスカレーダとなった。守護輝士を前に勝ち誇るエルミルだが、ハリエットの魂はまだ存在していた。肉体を失っても尚、世界を救ってほしいと懇願するハリエット。しかし守護輝士は、ハリエットを連れ帰るという目的を諦めてはいなかった。直後、彼女魂はエルミルによって取り込まれてしまう。激昂したエルミルはハリエットを「出来損ないの魂」、守護輝士を「ダークファルスのなり損ない」と罵倒。守護輝士と最後の一戦を繰り広げる。しかし、【深遠なる闇】となった彼でも守護輝士たちの想いを止めることはできず、ダークブラストによって打ちのめされた後、最期はコートダブリスによって肉体を貫かれた。

「     」


精神世界の中。ハリエットは自身が闇を抱える存在であるとして、生きることに罪悪感を抱いていた。だがそこへ現れたルーサーから「未来を望むのは万物の権利」と言葉を送られ、更に守護輝士が迎えにきたことで生きることを決意。別れ際にハリエットはルーサーを「父様(兄様)」と呼び、そしてルーサーは「最高傑作(妹)」と呼んだ。どうやら()内の当て字はオメガ内での関係のようで、オラクルではまた別の関係だったようだ。

こうしてハリエットは救い出されたが、まだ自分が生きることに迷いを抱いていた。しかしアリサとマルガレータに出迎えられ、今度こそ吹っ切れたようだ。しかし既に肉体たる「器」は失われてしまっていた。このままではいずれ消滅してしまう。そこで全知存在に溶け込んでいたオメガの「神」こと初代クラリスクレイス(アルマの別人格)が現れ、マルガレータとアルマを救ってくれたお礼として自身の肉体を与えることを提案。ハリエットはオメガの「神」として生まれ変わり、新たな生を歩むこととなった。
守護輝士と女王の物語はこれで終幕となり、一行はそれぞれあるべき場所へと帰って行くのだった。

正体について

結局のところ今のハリエットの中身が誰なのかは最後まで不明なままだった。エルミルは正体に気づいていたようで、ハリエットに向けて「僕たちは人とフォトンを不要だと判断した」とまるで同属であるかのような台詞を向けている。ハリエット自身「私が心を持ったことが奇跡」と劇中で語っており、人にあらざるものだったことが窺える。

蒼と紅


そして……ブラックホールが消滅した後に現れた彼女との関係は……

余談

ハリエット


ACスクラッチでレイヤリング形式の衣装が配信されている…のだが、
最初に配信された戦装束はなんとベースが胸部分のインナーが丸出しと言う攻めに攻めた前衛的なデザイン。
その為マイショップでの値段の高騰が激しい。

ハリエット姫さま


王位を継承した後の王族としての衣装も配信、こちらはベースウェアがレオタード調。

に…兄様ぁ…


子供時代の衣装も配信。名前にミニが付いているものは体型を専用のものに変化させる特殊な衣装。
…しかし、現在はこの衣装に限らず人の形のミニ化衣装はノドの太さが通常の体格と同じ太さになってしまう不具合がある。

関連タグ

ファンタシースターオンライン2 オメガ(PSO2) PSO2NPC一覧
ルーサー:おなじみのあいつ。どういうわけかオメガではルーサー=ラース=レイ=クエントという名前でハリエットの兄のポジション。
ハリエット:イラストタグとしてはこちらが使われることが多いが、他の作品のハリエットも引っかかってしまう。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハリエット=リーン=レイナ=クエント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 278328

コメント