ピクシブ百科事典

終の女神シバ

ついのめがみしば

終の女神シバとは、ファンタシースターオンライン2に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「我が名は終の女神、シバ。
 かつて世界の為に贄となった者。」

cv:潘めぐみ

概要

オメガでの事件が終結した後、主人公たちの前に現れた謎の女性。
その姿はハリエットに似ており、彼女との関係は現状では不明。
また、2人の従者がおり、その一人は主人公がオメガで出会った人物であるようだが……

アウロラの弁によると、かつて神として讃えられた20人のフォトナーの一人でありながら、生贄になる事が最初から決められていた例外的存在との事。ライトたちや情報部が必死でデータを探しているが、終の女神に関する記述こそあるが詳細は一切記されていないという。ライトによればルーサーが消したのではないかとのこと。更にクロトは、「失敗の記録は残したくないという気持ちはわかる」と述べている。

実力

その実力は主人公やマトイレギアスマリアの4人が太刀打ちできないほどの恐ろしさであり、マリア曰く「攻撃は通じているが、吸われている」らしい。
それだけではなく、マトイを庇った主人公のコートダブリスを破壊してしまった

しかし、ある人物の持つ銃の攻撃でかすり傷を負っている。どうやらシバの力にはなにかしら秘密があるようだ。

主人公との関係

始まりと終わりに生まれた者


彼女は主人公を「全知存在の生み出した、世界の器」と呼び、どうやら彼女は主人公が何者なのか知っているらしい。

彼/彼女を壊して世界を壊すことが目的らしいが…?

余談

2018年12月15日の生放送により、EP5の合間に入るナレーションの語り部がシバであることが判明した。演じた藩めぐみ自身、シバのことは伏せられたまま「ナレーションは、ちょっと大人になったハリエットが日記を読み返しているつもりで読んでほしい」と頼まれたという。これは依頼した時点で運営側でもシバというキャラが固まり切っていなかったため。
初登場時に「本」を持っていたのは、上記の通りナレーションを務めていたことの示唆だという。

……4章のあの惨事も、笑いを堪えながら読んでたんだろうか?

関連イラスト

センシティブな作品

世界よ、聞きなさい。



関連タグ

ファンタシースターオンライン2 PSO2NPC一覧 フォトナー 七の男神と十三の女神
安藤優
ハリエット=リーン=レイナ=クエント:容姿は似ているが、今のところ関係性については不明。
義の男神ヴァルナ:従者の一人。
偽の女神ミトラ:ヴァルナと同じく従者の一人。


※以下はPSO2・EP6のネタバレを含みます!
























正体

劇中ではフォトナーと呼ばれているが、厳密に言えば彼女はフォトナーではない。その正体は、人造全知存在の変異体【深遠なる闇】である。フォトナーたちは、ルーサーが生み出した『フォトンに適した究極の器(ハリエットの肉体)』に自らのフォトンを送り込み、【深遠なる闇】を封印するための餌とした。その結果、【深遠なる闇】はハリエットの肉体に入り込み、自我が芽生え自己を持ち、そこに縛り付けられた。こうして生まれた人格がシバである。ちなみに異次元に封印される直前、ダークファルスたちを産み落としたのは、いずれ自分が舞い戻った時の世の楔にするためである。
人造全知存在はすべてのフォトンを統べるために生み出されたため、フォトンによる攻撃も吸収が可能(シバ固有の能力)。このためプレイヤーたちの攻撃も通用しなかったのだ。このフォトンを吸収する能力は、シバによって閃機種を始めとする配下に『加護』として分け与えられている。しかしながら吸収出来る量には個人差があり、シバ以外なら許容量以上にフォトンを叩き込めばダメージは与えられる。
肝心のシバ(ハリエットの肉体)は、莫大な負のフォトンの塊である【深遠なる闇】を吸収して封印できる程の許容量があるため、現状では打つ手は無い。
具体的なフォトンの量はシャオがアムドゥスキアのロ・カミツとリンクすることにより測量出来たが、それによりアークス総員のフォトン量と同等か、それ以上と言う事実が判明。
これを受け、結界による弱体化を図るべく強大な「禍津」を封印している惑星ハルコタンへ、封印・弱体化のノウハウを学ぶべくスクナヒメに合いに行くこととなる。

関連記事

親記事

七の男神と十三の女神 ななのおがみとじゅうさんのめがみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「終の女神シバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 260163

コメント