ピクシブ百科事典

終の女神シバ

ついのめがみしば

終の女神シバとは、ファンタシースターオンライン2に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「我が名は終の女神、シバ。
 かつて世界の為に贄となった者。」

cv:潘めぐみ

概要

オメガでの事件が終結した後、主人公たちの前に現れた謎の女性。
その姿はハリエットに似ており、彼女との関係は現状では不明。
また、2人の従者がおり、その一人は主人公がオメガで出会った人物であるようだが……

アウロラの弁によると、かつて神として讃えられた20人のフォトナーの一人でありながら、生贄になる事が最初から決められていた例外的存在との事。ライトたちや情報部が必死でデータを探しているが、終の女神に関する記述こそあるが詳細は一切記されていないという。ライトによればルーサーが消したのではないかとのこと。更にクロトは、「失敗の記録は残したくないという気持ちはわかる」と述べている。

実力

その実力は主人公やマトイレギアスマリアの4人が太刀打ちできないほどの恐ろしさであり、マリア曰く「攻撃は通じているが、吸われている」らしい。
それだけではなく、マトイを庇った主人公のコートダブリスを破壊してしまった

しかし、ある人物の持つ銃の攻撃でかすり傷を負っている。どうやらシバの力にはなにかしら秘密があるようだ。

主人公との関係

始まりと終わりに生まれた者


彼女は主人公を「全知存在の生み出した、世界の器」と呼び、どうやら彼女は主人公が何者なのか知っているらしい。

彼/彼女を壊して世界を壊すことが目的らしいが…?

余談

オメガの歴史書と間違って薄い本を音読するシバ様。


2018年12月15日の生放送により、EP5の合間に入るナレーションの語り部がシバであることが判明した。演じた藩めぐみ自身、シバのことは伏せられたまま「ナレーションは、ちょっと大人になったハリエットが日記を読み返しているつもりで読んでほしい」と頼まれたという。これは依頼した時点で運営側でもシバというキャラが固まり切っていなかったため。
初登場時に「本」を持っていたのは、上記の通りナレーションを務めていたことの示唆だという。

……4章のあの惨事も、笑いを堪えながら読んでたんだろうか?

2020年に実装されたディバイドクエスト「逆境訓練:フォトナー強襲」では、シャオの演算によって再現されたLv100のシバと戦うことが可能(あくまでミトラの模倣から想定したもの)。玉座に座ったままプレイヤーたちと戦い、倒しても玉座を壊しただけにとどまり立ち去ってしまう。
一方「艦隊演習:終の慟哭」に於いては本物のデータがとれていた為、後述の即死カウンターも搭載した本人仕様となる。

8周年のキャラ総選挙ではハリエット(3位)・マトイ(2位)を抑え貫禄の一位。
敵組織のボスが一位となるのはマザー以来となる。
また、レイヤリング形式のコスチュームや髪(複数の色を使用している為、色の変更は不可能)もSGスクラッチで配信された。

pixivでは威厳溢れ色気のある姿はもちろん、キャラ崩壊を起こしているイラストも散見される。

関連イラスト

センシティブな作品

世界よ、聞きなさい。



関連タグ

ファンタシースターオンライン2 PSO2NPC一覧 フォトナー 七の男神と十三の女神
安藤優
ハリエット=リーン=レイナ=クエント
義の男神ヴァルナ:従者の一人。
偽の女神ミトラ:ヴァルナと同じく従者の一人。


※以下はPSO2・EP6のネタバレを含みます!























ネタバレ

正体

劇中ではフォトナーと呼ばれているが、厳密に言えば彼女はフォトナーではない。その正体は、人造全知存在の変異体【深遠なる闇】である。フォトナーたちは、ルーサーが生み出した『フォトンに適した究極の器(ハリエットの肉体)』に自らのフォトンを送り込み、【深遠なる闇】を封印するための餌とした(ハリエットの魂は追い出されからっぽの状態)。結果、【深遠なる闇】はハリエットの肉体に入り込み、自我が芽生え自己を持ち、そこに縛り付けられた。こうして生まれた人格がシバである。ただし「フォトンを統率するために生まれた人格がシバ」とも言われている。ちなみに異次元に封印される直前、ダークファルスたちを産み落としたのは、いずれ自分が舞い戻った時の世の楔にするためである。

寂しいシバと深遠なる闇


…と思われていたが、第5章においてシバ本人が、シバと【深遠なる闇】は「フォトンを抹消する」という目的が一致したから協力しているにすぎず、両者はあくまで別存在であるかの様な発言をしている。
結局最後までシバと【深遠なる闇】が同一存在であるのか、厳密には異なる存在なのかはハッキリとせず、ルーサーが単に勘違いをしていただけなのか、途中で設定が変わったのかは不明のままである。
恐らくは「フォトンを統率するために生まれた人格がシバ」というのが正しいのだろう。

また、原初の【深遠なる闇】そのものはあくまで絶対的な破壊の意思でしか無いため、シバは器を得たことで【深遠なる闇】に後から生まれた知性であると考えれば、ルーサーの発言にも矛盾はしない。

能力

人造全知存在はすべてのフォトンを統べるために生み出されたため、フォトンによる攻撃も吸収が可能(シバ固有の能力)。このためプレイヤーたちの攻撃も通用しなかったのだ。このフォトンを吸収する能力は、シバによって閃機種を始めとする配下に『加護』として分け与えられている。しかしながら吸収出来る量には個人差があり、シバ以外なら許容量以上にフォトンを叩き込めばダメージは与えられる。
肝心のシバ(ハリエットの肉体)は、莫大な負のフォトンの塊である【深遠なる闇】を吸収して封印できる程の許容量があるため、現状では打つ手は無い。
具体的なフォトンの量はシャオがアムドゥスキアのロ・カミツとリンクすることにより測量出来たが、それによりアークス総員のフォトン量と同等か、それ以上と言う事実が判明。
これを受け、結界による弱体化を図るべく強大な「禍津」を封印している惑星ハルコタンへ、封印・弱体化のノウハウを学ぶべくスクナヒメに合いに行くこととなる。

活躍

手っ取り早くオラクルを潰すべくヴァルナとミトラを従えてマザーシップを強襲。並みいるアークスたちの相手は配下に任せ、コアに侵入して乗っ取ろうとする。そこへ現れたサラと交戦。フォトンを持たない彼女に一時翻弄されるが、すぐに逆転した。そしてサラを庇いに入ったシャオを消滅させたのだった。
こうしてマザーシップを制御下に置いたが、シャオはこうなることを見越してアークスシップの管制をシエラたちに譲渡していた。逃げたアークスたちの追撃はヴァルナに任せ、しばしの安息に身をゆだねる。

その後、シャオが復活。シバは仕掛けてきたA.I.Sの一隊と「鬼ごっこ」を繰り広げ、これを悠々と撃滅する。
次の一手として小賢しい真似をして来るだろうと考えたシバは、機先を制するべくハルコタンへ向かう。そこでミトラから身代わりを申し出られたこともあり、「ハルコタンを襲ったシバ」として主人公たちと激突させる。予想通りスクナヒメの結灰陣によってシバ(ミトラ)は大きく弱体化。主人公によって倒されてしまう。
静観していたシバだが、ミトラの働きに報いるべく主人公たちの抹殺を宣言。主人公たちを圧倒的な力で戦闘不能に追い込む。続けて刃向かって来たダークファルスたちも「子が親に勝てるわけがない」と一蹴。主人公の身体を借りた【仮面】だけはシバと一瞬拮抗するが、所詮はシバの敵ではなかった。
そこへ火の使徒ファレグ・アイヴズが襲来。フォトンを使わない強者の存在にシバが驚いている間にファレグは主人公たちを連れてさっさと退却。取り逃してしまうこととなった。

主人公たちがオメガに結界を張ることで自身の力を制限させようとしていることを察知し、妨害するべくオメガにヴァルナを送り込む。その命令は、自らの命と引き換えに霊脈を破壊して結界の展開を阻止するという、死ぬことを前提とした捨て駒であった。ヴァルナだが、命令を果たすことなく守護輝士たちとの死闘に敗れて消滅。それに気づいたシバは、涙一つ流すことなく「元より自分一人いれば事足りる」と独白した。
とはいえ側近を二人も失い、オメガに張られた結界で力も減じられ、遊んでいる余裕がなくなったのか悪あがきをするアークスに対し決戦を挑むことを口にしている。



以下はEP6最終章の重大なネタバレを含みます!

































  • 六章 あなたがもたらす希望
マザーシップ・シバの中枢にて終の女神は二人の守護輝士と最後の戦いを演じる。
結界によって閃機種は10の力の内5の力を減じられ、シバもまたその影響を受けていた。だがしかし、それは「半減させた」という意味ではなく、本当に5の力しか減じることができなかったことを意味する。シバは1000の力の内、5の力を減じられたに過ぎず、その力は未だ絶対的だったのだ。
力の差を見せつけた後、シバはヴァルナとミトラの代わりにと主人公とマトイを仲間に勧誘する。「人間は醜い。この戦いに勝っても人々は守護輝士を恐れ排他しようとする」と主人公を翻意させようとしたが、跳ね除けられ交渉は決裂。絶対的な力で二人の守護輝士にトドメを刺した。
だがそれは、スクナヒメによって生み出された偽物であった。そしてシャオの龍晶とスクナヒメの灰の力によって主人公とマトイは、全アークスが持つ力を得たのだった。激昂したシバは持てる力のすべてを持って守護輝士たちが勝つという未来を否定しようとする。

  • 戦闘
使用武器は『終の導き』。ヒーローツインマシンガン、ファントムロッド(大鎌)、エトワールデュアルブレードなどを彷彿させる攻撃を次々と繰り出して来る。更にはヴァルナやシバに化けたミトラが使った大技も使用する。遠近に長けた戦法と、息つく暇もない圧倒的な手数がまさに脅威。
しかし最も恐ろしいのは、攻撃に反応して即死級の威力を繰り出すカウンター技にある。使用頻度は少ないものの極めて凶悪な初見殺しであり、ただ攻撃しているだけでは絶対に勝てない。
具体的には、「その程度ですか」という台詞と共に鏡面状のバリアを展開するので、この時に攻撃すると「強制的に動きを封じる5本の剣」を投げつけられ、動けなくなったところを一刀両断にされて即死級のダメージを受ける(ダークブラスト状態でも8000は喰らうのでまず死ぬ。しかもレバガチャでは逃げられない)。この仕様を知らずにただ攻撃していると思わぬカウンターを喰らうので注意。なお、NPCのマトイはHPの桁がべらぼうに高く設定されているので耐えられる。

ちなみにゲーム―オーバーになると長いイベントからやり直しになる。更に難易度ハードコアでSランクを取る場合は、ノンストップかつ共闘を全部成功させる必要があるためゲームオーバーになると最初のダンジョン攻略からやり直さないといけない。
おまけに戦闘不能に陥るとそこでクエスト失敗となる。蘇生できるドール系アイテムを持ってても使えない。

…なので、カジュアルで同様の条件を満たしても分岐が発生するため、どうしても先が見たい・時間がないと言う人はカジュアルで妥協するのも精神衛生上アリ。
ここでの分岐に必要なストーリークエスト(「蠢動する絶対防衛線」「世界終焉の具現」「伝承を刻む救世の英雄」)のクリアもカジュアルで済ませても問題ない。

  • 最期
死闘の末、終の女神は守護輝士二人の同時攻撃によって敗北。最期に繰り返す歴史を変えられなかったことを主人公に告げながら消滅した……。

しかし、シバという依代を失った【深遠なる闇】は、次の依代へと宿ってしまった

『End』


EP6のラスボス。シバに宿っていた【深遠なる闇】の真の姿。

関連記事

親記事

七の男神と十三の女神 ななのおがみとじゅうさんのめがみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「終の女神シバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 981843

コメント