2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

遥か昔に存在した古代人であり、彼らはフォトンをうまく使いこなしていたという。
劇中ではフォトナーによって生み出された人造生命体もフォトナーと呼ばれている。こちらは設定資料集では「人造フォトナー」と呼称されている。
現在では絶滅しているが……。

キーワード

七の男神と十三の女神

フォトナーの中でも神とまで評される強さを持った20人のフォトナー達。
アウロラの話の中で出ただけでストーリーには絡んで来なかったが……

創世器

神とまで評される強さのフォトナー「七の男神と十三の女神」を基に創造された武器。
それぞれの創世器が元になったフォトナー達の名を冠している

閃機種

EPISODE6から登場したエネミー群。
フォトナーが率いる勢力らしく、その特徴からフォトナーの高い技術力が見られる。

終の艦隊

フォトナーの技術で作られた艦隊。
EPISODE6の緊急クエストで戦うことになる。

歴史

惑星シオンとの接触


元々彼らは現代地球より少しだけ優れた技術を持った集団に過ぎなかった。
ある時、惑星調査団が外宇宙である惑星を発見し、その惑星を「シオン」と名付けた。
その惑星に「クラリッサ」という研究者が接触した結果、
その惑星は彼女と同じ姿をとった。
「シオン」は彼らにフォトンの使い方を教え、急速に文明を発達させていった。
やがて彼らは自分たちを「フォトナー」と名乗るようになった。

惑星航行船団「オラクル」の誕生

オラクル船団


シオンの「自分を乗せられる船が欲しい」という要望を受けたフォトナー達はシオンを内包した巨大船『マザーシップ』を建造した。
続いていくつかの船を建造し、惑星調査団は『オラクル』と名前を変えた。

【深遠なる闇】の誕生

フォトンを有効に活用できる方法を知り、その恩恵によって全宇宙に版図を広げていった彼らは肥大化した組織の管理を任せるため、怠惰の感情からシオンのコピーの製作を始めた。
最初に創られたコピーは性能こそよかったものの、制御が難しかったため亜空間に破棄された。

深遠なる闇


その後も失敗を繰り返し、ようやくシオンと同等のコピーが完成した。
しかし、そのコピーはフォトナーの負の感情の影響を大きく受けたことにより、【深遠なる闇】へと変貌した。

有翼系ダーカーとおまけ


【深遠なる闇】はフォトナーから与えられた全宇宙の管理と統制の答えとして「フォトンこそが平和を乱す存在であり、フォトンとそれを扱う者全てを宇宙から消滅させる」ことを決定し、
自らの眷属として「ダーカー」を産み出してしまう。
結果としてフォトナーと【深遠なる闇】による全宇宙規模の戦争が開始された。

この【深遠なる闇】との戦いの最中、神とまで評される強さを誇るフォトナーである「七の男神と十三の女神」を素材に武器を作成した。
強大な力を持つそれらの武器は「創世器」として語られる事となる。

【深遠なる闇】の封印

フォトナーは【深遠なる闇】を封印する方法を見つけた。
そのために一人のフォトナーに自分たちのフォトンを扱う力を押しつけて餌にするという方法を用いた。
彼らは【深遠なる闇】を封印することに成功するが、
その代償にフォトンを扱う能力を失ってしまう……。

初代【深遠なる闇】のその後についてはこちらのネタバレを参照。EP6のネタバレを含むため注意!

ダークファルスの誕生

DFデカールつくってみた


【深遠なる闇】はフォトナーによって封印されたが、その間際に「ダークファルス」が産み落とされた。【深遠なる闇】の意思を受け継いだ彼らは、それぞれ闘争を渇望する者美しくありたい者孤独を恐れる者全知を求める者の願望につけこみ、依代とすることで顕現。
フォトンを扱う力を失ったフォトナー達を一方的かつ徹底的に蹂躙した。

この時点で誕生したダークファルスは【巨躯】【敗者】【若人】【双子】の4(5?)体であるとされているが、本当にこれで全てなのかは解っていない。
しかし後にPSO2esにて、これらとは別の個体ある惑星に封印されていることが判明した。

残されたダークファルスに対抗できなくなった結果、彼らは敗退を余儀なくされた。
フォトナー達は一人を犠牲にして皆を救おうとしたことで自分たちの首を絞める形になったのである。
こうしてフォトナーたちは、ダーカーから逃げ続ける長い旅が始まった。

アークスの誕生

【PSO2】アークスロゴと思われる図形の素材


フォトンを扱えなくなったフォトナーはダークファルスやダーカーに対抗するために、
ある惑星から攫ってきた原住民を改造または交配させ、フォトンを扱える改良種を創り上げた。
これによって誕生したのがヒューマンであり、後の「アークス」である。
アークスにダーカーとの戦いを任せたフォトナーは肉体を捨て、自ら惑星シオンの海と同化した。

つまるところ、アークスはフォトナーの怠惰と横着から産まれた事態の尻拭いをしている事になる。
後に復讐者も出てきているが、フォトナーはほとんど居なくなった為にその矛先がフォトナーが生み出したアークスに向いているのが実態。

フォトナーの消滅後

センシティブな作品


EPISODE2終盤でフォトナー達は【敗者】に取り込まれたことで消滅した。
しかし、EPISODE4では地球に流れ着いたシオンのコピーであるマザーが登場し、
EPISODE5では異世界オメガにおいて彼らの過去を思わせるビジョンが見られた。

終の女神の降臨


オメガの事件が解決した後、アークスシップに終の女神シバが現れる。
【深遠なる闇】のエネルギーを吸収した彼女はオラクルに帰還、
自らの従者と共にアークスに宣戦布告したのだった。
それと同時に彼女が目覚め……

最後の決戦

シバ達との戦いは当初はアークス側が押されていたが、惑星アムドゥスキアで対抗手段を得たことで形勢が逆転。
それからは偽の女神や義の男神が撃破されていき、最終的にはマザーシップでシバが二人守護輝士に倒されたことで一応の決着を迎えた。

ところが守護輝士の一人が新たな【深遠なる闇】の依代に選ばれてしまったことで事態は急変。
守護輝士は自らを【深遠なる闇】毎消滅させるため過去に飛ぶが、かつて彼(彼女)に救われた3人の少女によって守護輝士から【深遠なる闇】は切り離された。

ゴモルス


切り離された【深遠なる闇】は絶対破壊の意志…【原初の闇】として顕現。
【原初の闇】は全てを消滅させようとするが、4人と6人のダークファルスの依代たちによって打倒された。

こうしてフォトナー達の時代から長く続いた戦いは終わり、新たな時代が始まろうとしていた……

現在判明しているフォトナー


「七の男神と十三の女神」


フォトナーによって造られた者たち

  • 究極の器:ルーサーが生み出した人造の存在。彼女は自らをフォトナーと名乗っている。分類上は人造フォトナーである。
  • 最初のキャスト:フォトナーが生み出した実験動物。


関連タグ

ファンタシースターオンライン2 アークス オラクル(PSO2) 創世器
PSO2NPC一覧 シオン(PSO2) ダークファルス(PSO2) 深遠なる闇(PSO2)
ラスター(PSO2):フォトナーをモチーフにした最後のクラス。
エルジマルト:同じ古代文明人だが特に繋がりはなく、ダークファルスの被害者。
旧文明:別宇宙にあるグラール太陽系の古代文明であり、こちらもダークファルスの被害者。

関連記事

親記事

オラクル(PSO2) おらくるせんだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 246547

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました