ピクシブ百科事典

ダークファルス【巨躯】

だーくふぁるすえるだー

セガゲームスのオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2」に登場する敵勢力「ダークファルス」の一体
目次[非表示]

「畏怖せよアークス!我は【巨躯】!ダークファルス【巨躯】!」
「喜べアークス!初の戯れの相手、貴様達に与えよう!」

声:飛田展男

概要

40年前にによって惑星ナベリウスに封印されていたダークファルス。その名の通り、惑星レベルの大きさの体格を誇る。水棲系のダーカーを眷属にしている。「凍結」の能力を持っており、40年前の「巨躯戦争」では、惑星ナベリウスの地表の一角を凍土に変えてしまった。
かなり好戦的な性格で、幾度となくアークスの面々と戦った。

ファルス・ヒューナル

Falz Hunar


「さあ始めるぞ、猛き闘争をな!」
【巨躯】の人型戦闘形態。紫色の背びれのような翼を生やしており、素手による格闘と紫色の剣「エルダーペイン」が武器。
圧倒的な力とスピードで相手をねじ伏せるパワーファイター。主に一対一の戦いを意識した戦法を用い、手数は多いが範囲が狭いものが多い。ただしHPをある程度削ると周囲一帯に衝撃波を放つ技を使用する。至近距離で喰らうと多段ヒットでまず即死する。

オメガ・ヒューナル

「では始めよう…猛き闘争をな!!」
声:銀河万丈
エピソード5に登場した、異世界オメガにおけるファルス・ヒューナル。
外見はファルス・ヒューナルに世壊種の特徴を取り入れたものとなっており、エネミーの種類は世壊種として扱われている。
オラクルのヒューナルと比べて攻撃の激しさが増しており、「エルダーペイン・オメガ」を用いた往復連続斬りや、強化オーバーエンドの威力は高い。
とある人物が変身したものと、【巨躯】の力の残滓が形を成したタイプの二つが存在する。前者はストーリーのみ、後者はそれ以外に登場する。いつもの残滓・再現ネタ。

ダークファルス・エルダー

刮目せよ、我こそダークファルス・エルダーなり!


「刮目せよ!我こそ、ダークファルス【巨躯】なり!」
【巨躯】の完全体。惑星レベルの体格を持ち、巨体を生かした攻撃や氷属性の技を使う。
腕は眷属の「ファルス・アーム」であり、分離・合体する事が可能。これが結合することで【巨躯】の肉体を形作っている。それぞれが意思を持っており、咆哮を上げることも。

EP1終盤にて、緊急クエスト初のレイドボスとして登場し、前座のファルス・アームを倒し続けると出現する。
クエストの内容によってはダークファルス【敗者】の前座として登場する事も。

関連タグ

ファンタシースターオンライン2 ダークファルス(PSO2)
ダークファルス【仮面】 ダークファルス【敗者】 ダークファルス【若人】 ダークファルス【双子】
















































ネタバレ



以下は、ダークファルス【巨躯】に関するネタバレが含まれています


































その依代の正体はアークスの一員であるゲッテムハルト

ゲッテムハルト
【再投稿】『さぁ始めるぞ!猛き闘争をなッ!』




EPISODE1第8章「終わりの始まり」

「くふ、くふふっ! 滾るぞ!
 今世の肉体はさぞ血に飢えていたと見る!」
ゲッテムハルトは10年前に起きた事件で自身の大切な人の命を奪ったダークファルスに復讐すべく、惑星ナベリウスの遺跡に封印されていた【巨躯】をメルフォンシーナと共に封印を解く。その下準備としてシーナに封印の鍵である白錫クラリッサを盗ませた。
なお、どうして彼が封印のことやクラリッサのことを知っていたのかは今でも謎のままである。またシーナに腹パンをして瀕死に追い込み、それをスイッチにして封印を解いた描写があるがこれも理由が不明のままである。設定資料には「メルフォンシーナを生贄にした」とのみ記載されており、やはり詳細な理由は不明となっている。

しかし、ゲッテムハルトは強い闘争心を持っていたため、【巨躯】の依代として選ばれ憑依されてしまう。それ以降はダークファルスとしてアークス達と敵対する。ゲッテムハルトの笑い方である「くふふ」を【巨躯】も用いており、【若人】からは「率直に気持ち悪い」と言われた。
不完全な状態ながらも主人公ゼノエコー、カスラの4人を相手に殆ど互角に戦うという実力を見せつけ、ゼノとカスラが囮役となり主人公とエコーは瀕死のシーナを連れて撤退。直後、完全復活を果たした【巨躯】が惑星ナベリウスを飛び立ち、ゼノとは通信不能となってしまった。生還したカスラによれば「ゼノを執拗に狙っていた」とのこと。これはゲッテムハルトの影響とエコーは語っている。

EPISODE2第2章「いままでと、これから」

「……そうか!
 貴様が成し得ているのか!
 我らの減衰と、消失を!」
主人公の歴史改変によりゼノの窮地に割って入り、再び【巨躯】とのリベンジ戦となる。この時、主人公が持つダーカー因子を奪う能力により【巨躯】は大幅に戦闘力を失い、劣勢に陥る。しかし突如現れたダークファルス【仮面】の妨害により窮地を脱し、自分の肉体(ファルス・アーム)の封印を解き、完全復活を果たしてナベリウスを去って行った。

EP5から実装されたオムニバスクエスト(EP2)では、プレイヤーが【巨躯】から力を削り取るシーンが追加された。

EPISODE2外伝「もうそこにいないわたし」

「シーナ……
 この存在を取り戻したくば
 その細腕で我が身砕いてみせよ。」
ダーカーの巣窟にてアークスたちを拉致していることが判明した。理由や目的は不明だが「義理は立てるが義務はない」「滾るものがない」と述べており、何者かに依頼されてアブダクションを行っていたことが覗える。なお、設定資料によればダーカーの巣窟の正体は侵食されたアークスシップであり、【敗者】の研究施設の一つとして使われていたという。
主人公とシーナの二人と遭遇し、圧倒的な実力で優位に立つ。しかし、この場で主人公と決着をつけるのは相応しくないとして引き下がった。その際、「ゲッテムハルトがシーナに殺されたかった」ようなことを口にしているがこれについて語られることはなかった。

EPISODE3第4章「歴史を騙し、現在を喰らう」

「貴様もアークスの端くれであるならば
 その手に……未来を求めよ!
 諦観を捨てろ! 過去に縛られるな!」
ダークファルス【双子】との戦闘に乱入し、「己の求める闘争への本能に従って動いているだけであり、そこにはアークスもダークファルスも関係ない!」と言いアークス側に加担※。戦闘後、【双子】がエネルギー補充の為にメルフォンシーナ(メルランディア)を捕食しようとするのを、シーナを庇う形で阻止し、【双子】を巻き込む形でテレポートする。この時はゲッテムハルトとしての人格が出ていた。

※この時【巨躯】は「我が内が、我が本能が!貴様を殺せと、訴える!」とも言っており、ゲッテムハルトとして亡きメルフォンシーナ(姉)の仇である【双子】を殺したかったのかもしれない。

だが、あの後【双子】に捕食されてしまったようで、現在は【深遠なる闇】の中に存在している。
深遠なる闇によって複製された他のダークファルスと共に、何度もアークスに襲い掛かっていく。
「シーナ」を殺そうとしたゲッテムハルトが、「ディア」を庇って【双子】に喰われるという皮肉な結末となった。

なお、同じく【双子】に喰われたルーサーはその体内で存命していたが、【巨躯】ことゲッテムハルトがどうなったのかは不明。EP5が実装された後、公式サイトのキャラクター紹介によれば「ゲッテムハルトは死亡した」とのこと。

EPISODE3第7章「あなたが生まれたその理由」

【深遠なる闇】によって再現された模倣体として登場。六芒均衡の「一」レギアスと一騎討ちを演じる。殆ど互角の戦いを繰り広げるが、かつてアークスを崩壊させたダークファルスも新たな世を創ることを決めたレギアスには及ばず討ち滅ぼされた。

EPISODE5第2章「滅びゆく国」

オメガにて【巨躯】ではなく、【巨躯】の力を持ったが登場。別人であるもののオラクルでは実現することがなかった「主人公との決着」をつけることになる。
そして、この戦いで主人公は新たな力を得る……

余談

ゲッテムハルト以前の依代はフォトナーであり、【巨躯】はその人物の影響で戦闘狂となったという。40年前の戦いもこの依代の影響で【巨躯】が暴走したためと設定資料に記載されている。【巨躯】がゲッテムハルトを依代に選んだのは、その闘争心に引き寄せられたからである。EP5ではアルマの口から「いくら倒してもキリがなかったから封印した」と語られた。

因みにSGスクラッチで入手できたダークファルス【巨躯】の衣装は男性のみ使用可能。
「もしもメルフォンシーナが【巨躯】だったら」というシチュエーションは残念ながら出来なくなっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークファルス【巨躯】」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163864

コメント