ピクシブ百科事典

カスラ

かすら

カスラ(Casra)とは、ゲーム『ファンタシースターオンライン2』(PSO2)およびそのアニメ版に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

種族 ニューマン
クラス フォース(後述)
年齢 30歳→32歳
CV 神谷浩史


カスラつめつめ
3


フォース系のクラスである物腰の柔らかい男性。作中では有数の常識人。含みのある言い方をするため掴みどころがない。
アークスのうち最も戦闘力や生存率の高い者が任命されるという精鋭・「六芒均衡」の三番目であり、40年前のダークファルスとの決戦で功績を上げた「三英雄」の一人である「カスラ」の名を継いだ「二代目カスラ」である。
本人曰く情報収集が専門で、戦闘は不得手であるとのこと。同時に持久・撤退戦に向いているとも言い、その能力は主人公の前で発揮されることになる。
登録上のクラスは「フォース」だが、打射法の三職に適性があるバランス型ということで、実際のゲーム内ではクラスが「テクター」・「レンジャー」と補助向きのものであり、武器はガンスラッシュを使用している。

ルサカス


虚空機関のトップであり船団を支配しているルーサーに側近ないしはそれに近い状態でやむなく従っている。しかし、ルーサーを仇とする機関所属の暗殺者・クーナと手を組みルーサーに反逆する計画を立てていた。
その正体は「初代カスラ」のクローン(人造人間)であり、ゆくゆくはルーサーに体を乗っ取られる(それを見越して自害する)予定であったらしい。更に言えばルーサーの肉体は初代カスラのものである。
EP1ではアークス研究部「虚空機関(ヴォイド)」を独自調査していると語っており設定資料集にもその旨が記されていたが、EP3以降の設定では虚空機関所属とされており、これらをどのように受け取るかはプレイヤーに委ねられている状態である。

PSO2つめつめ


支配下時代からアイドルとしてのクーナのマネージャーを勤めていたこともあり、ルーサーの支配から逃れた今は間接的にクーナやその弟分への生体実験に関与してしまったことへの罪滅ぼしとしてかクーナの保護者のような役回りをしている。
六芒均衡制でなくなった現在、アークス情報部の司令の座についた。新たに総司令となったウルクから地球に関する情報を持ってくるよう言われるも出し渋っている。と言うのも報告を怠っていたのは(ストーリーボードを進めていく内にアークス世界と地球のアースガイドとの関わりが明らかになるとは言え)EP4初登場の時点では地球側の問題に自分達アークスが首を突っ込む事がウルクの余計なお節介と考えており余り良しとしていなかった様子。
…地球で活動していた際のアイカのメイド服姿をクーナに渡しているあたり、部下の地球への干渉にも少々ゲンナリしていたのではないだろうか。

活躍

EP1終盤から姿を見せるようになり、ダークファルス【巨躯】復活の予兆を感じ主人公たちに協力を申し出る。しかし【巨躯】は復活してしまい、カスラはゼノと共に囮となって主人公たちを逃がし、後に無事帰還した。その後はクーナを監視しているかのように彼女の前に現れ、市街地を襲ったハドレッドの討伐に協力する。
EP2冒頭にてクーナと手を組み、ルーサーへの反逆を企てることに。鍵となるのは主人公にあると見当をつけ、影から密かに主人公を支援することを決めた様子。EP2終盤ではシオンのもとへ向かう主人公たちの前にルーサーの配下として立ちふさがり、主人公とゼノの先輩後輩コンビを相手に互角以上に渡り合う(しかも本気を出していない)。実はこれは時間稼ぎのため戦っていたにすぎず、クーナが虚空機関の不正を暴露したことと絶対令を打ち消して解除したことで形勢逆転。ルーサーに対して表立って反旗を翻した。その後は一行を始末するべく投入されたクローン・KKの一団と交戦し主人公とマトイの道を切り開くのに一役買った。
EP3ではマトイ救出のため六芒均衡として主人公に加勢。【深遠なる闇】と化したマトイの足止めを行うべく創世器を用いた陣を展開する作戦を決行するが、それを妨害するべく【敗者】の模倣体が現れ交戦。「こいつだけはこの手で直々に殺したかった」と告げ、「初代カスラのクローン同士」の戦いとなった。皮肉にも戦闘スタイルは酷似しており、最終的にカスラが押し切り勝利したことが語られた。
アニメでは情報部司令として中盤から登場。イツキに情報を与えてサポートしたり、協力を申し出たり、リナを助けに向かうアイカに自身の創世器フローレンベルクを貸し与えるなど後方支援を担った。
EP4でも引き続き登場するが、ストーリーには余りからまず、シエラをおちょくったり、アイカをからかったりとコメディリリーフを担っていた。
ドラマCD第二弾「アイドル・カプリッチオ」では、クーナを影からサポートするマネージャーとして登場。相変わらずクーナから嫌われていたが、ピンチの時に颯爽と駆けつけて助けてくれたことには感謝しており、ラストシーンではツンデレ全開の彼女が独白でお礼を言われていた。
その他、本編では描写されないが上述のドラマCDやゲーム内で聞けるボイスドラマでは、ヒューイやクラリスクレイスを相手に「バカ共」と毒舌をブチ撒けるなど意外な一面が描かれている。このことからヒューイからは嫌われている(というよりも怖がられている)。

EP5のオメガにはハリエットの兄にルーサーのそっくりさん「ルーサー=ラース=レイ=クエント」がいるが(キービジュアルにもデカデカと大映り)、彼の心中や如何に。

武器

普段は「ナーゲルリング」というガンスラッシュを愛用している。
タリス型創世器「燐具フローレンベルク」を所持しており、有事の際に使用する。
設定画によると究極奥義「超銀河冥界覇(ギャラクティカインフェルノ)」が出るらしい。出ません
フローラなるフォトナーとの関係は不明。
また、彼の得意とするテクニックダークファルス【敗者】の弱点が双方とも風属性である理由についても明らかにはなっていない。

人物像

キャラクター性:不明
特性:不明
特殊補正:不明

常に微笑んでいるような面持ちで、丁寧で礼儀正しく誰に対しても敬語で接するがその実 辛辣で毒舌家でもある。仕事に関わることに関しては厳しく、特にヒューイクラリスクレイスといった相手の非常識な振る舞いには手を焼いている。
自己犠牲的な考えの元わざと挑発するなど嫌われ役に徹することが多く、特に年少の人物であるクーナやサラからは「陰険メガネ」「性悪メガネ」などと時に面と向かって言われることがある。
元々、六芒均衡であるという理由から一般のアークスからは敬遠されており、そのため物怖じせず接してくる主人公に好意を持ちつい口を滑らせることがある。ただしルーサーに対するその並々ならぬ憎悪心は主人公の前でさえも露わにすることは無い。

他人に対しては基本的に「さん」付けを行う彼がルーサーの実験材料にされた少年・テオドールに対してだけ「君」付けなのは、ルーサーの影響ではないかという考察がある。

情報部に就いた際の衣装はレイヤリングウェア「レーグルストレイト」シリーズとして配信されている。

その他情報

キャラクターソング


登場作品

ファンタシースターオンライン2 ‐ 一部ドラマCDにも登場。
ファンタシースターオンライン2es(チップとして)

人気投票

2014年度アークス総選挙男性キャラクター部門では12人中7位、2015年度では15人中11位、チップ総選挙ではランク外、「クーナ&カスラ」としてノミネートされたベストパートナー総選挙では24組中21位という結果になっている。
嫌われている…というより実際の所はストーリー専用キャラクターであり登場条件が特殊すぎて彼をよく知らないプレイヤーが多いのが現状である。その知名度の微妙な低さからフォニューム・モンタギューと間違われることも。
余談だが声とルックス(痩身、中性的な童顔)から女性プレイヤーからの支持は高め。

【PSO2】キャラクター総選挙中間発表
【PSO2】違うんです



別名・表記ゆれ

現在は無いものの、作中に初代カスラが登場した際に生まれる可能性がある。
なお、台湾版の表記は「卡斯拉」である。

関連タグ

眼鏡男子 ニュマ男
クロト(PSO2) ‐ EP1~2時代、似たようなミステリアスキャラであったためセットで描かれているイラストもある。奇しくもesでは同じ風属性。
糸色望 ‐ 声優が同じ眼鏡キャラ。PSO2はアニメからの当て書きの手法を取っているため、似ている要素が含まれる。
松野チョロ松 ‐ 声優が同じキャラクター。イメージカラーが緑、名数6のうちの3番目、の声がルーサーと同じなどの共通点がある。→PSO松

pixivに投稿された作品 pixivで「カスラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231369

コメント