ピクシブ百科事典

ダークファルス

だーくふぁるす

ダークファルスとは、ファンタシースターシリーズのほぼすべての作品に置ける巨悪の存在である。
目次[非表示]

概要

ダークファルスとは、ファンタシースターシリーズのほぼすべてのゲームでラスボスを張っている大型BOSSエネミーである。(一部登場こそしているがラスボスではないことがある)

遡っていくと様々な種類が存在するが、全員が同じ存在なのかどうかは不明だが、記憶を共有している可能性が指摘されている。

簡易説明

全部あげていくとキリがないほか正確に明かされたデータも少ないので、ここでは比較的有名なダークファルスを簡単に説明する。

アルゴル太陽系のダークファルス

I(AW341年)の世代のダークファルス

ダークファルス(ファンタシースターⅠ)


アルゴル太陽系の3惑星の統治者であったラ=シークがアルゴル太陽系の出生の秘密を知り、時空の門を形成した際に復活してしまった。
ラ=シークを背後で操りアルゴル太陽系を滅亡へと導かんとしていた。

II(AW1282年)の世代のダークファルス

アルゴル太陽系を支配しようとしていた地球人にとりついていたダークファルス。
地球人たちを使ってマザーブレインを中心としたネットワークを構築しておりアルゴル太陽系を支配下に置いた上、さらに人工惑星ガイラを惑星パルマに墜落させ滅亡させる。

III(AW2300年ごろ?)の世代のダークファルス

ダークファルス


IIの惑星パルマ滅亡時に脱出した移民船にとりついていた。
主人公たちの行動に巧みに介入し、自らの復活をもくろむ。
エンディングによってはII、もしくはPSO・PSUのダークファルスにつながることも示唆されている。

IV(AW2284年)の世代のダークファルス

DF様たち


アルゴル太陽系に封印されている「深遠なる闇」の憎悪が実体化したものとして扱われており、複数の個体が存在する。
また、そのうちの一体は人間に化けてパーティに一時的に加入する。ある意味PSO2の人間体ダークファルスの先駆けともいえるかもしれない。

PSO(惑星ラグオル)のダークファルス

オルガフロウとダークファルス


ダークファルス

画像の左側
ハンターズの一員である英雄リコ・タイレルを憑代に復活したダークファルス。
パイオニア船団到着前にすでにラグオルに封印されていたのだが、パイオニア船団の調査隊が誤ってその封印を解いてしまった。
人馬一体型のような形態をとるが、本来は手足は存在せず、モノリスのような飛翔物体と言った形状をしている。
PSUには登場しないが、戦闘フィールドである石碑のある花畑(戦闘開始時に花は枯れ落ち、禍々しいフィールドへと変貌していた)が浸食天体リュクロス内部の中継ロビー「ファルス・メモリア」として登場していたことからPSUのダークファルス(下記)もこのダークファルスと何かしらの密接な関係があると思われる。

オルガ・フロウ

画像の右側(最終形態)
英雄ヒースクリフ・フロウウェンがD因子に浸食されたのを、パイオニア船団の政府が研究のためにエモーショナルAIユニット『オル・ガ』でコントロールしようとして失敗し、結局地下の実験体廃棄場に投棄されたもの。
厳密には純粋なダークファルスとは違うが、目的上は人工的なダークファルスに分類される。
後にリコを憑代として復活するダークファルスのオーバーロードに反応して覚醒した。
手をイメージした4本足と一本の尻尾を持つ第一形態と、手の形に展開する胸部とこれまた手をイメージした2匹のマグ「ガエル&ギエル」を従えた人型の最終形態を持つ。
最終形態になってなおフロウウェン自身の自我はわずかではあるが残っており、時折頭を抱え苦しむような動作をする。
なお、最終形態での特殊な確殺攻撃である通称:『死の宣告』は多くのハンターズを、そして後には多くのリトルウィング社員を恐怖させた。
10年以上後に発売されたPSPo2iでも再登場するが、この時はまだD因子の浸食が限界域まで達していなかったらしく、原作では助からなかったフロウウェンの生還という違う結末を見せた。
余談だが、第一形態での鳴き声が「ユウキュウガホシイ(有給が欲しい)」と空耳する。

PSU/PSPo(グラール太陽系)のダークファルス

ダークファルス(ハウザー)

DFさん


※画像は第二形態
巨大蛇『ディー・ロ・レイ』のような第一形態と、魔人のような上半身に第一形態が下半身として合体した最終形態を持つSEEDフォームの神。
特に最大HP80%の固定ダメージを与える巨大隕石が当時としては相当に脅威。
旧文明時代に一度リュクロスによって封印されかけるも、Aフォトンリアクターに寄生することで封印を回避しており、長い時をかけて現代に蘇った。
基本はハウザーが憑代だが、展開次第で後3人憑代が追加される。
3年後を舞台にしたPSPo2でも登場するが、ラスボスの座は超巨大スタティリアのオルガ・アンゲルス(或いはオルガ・アナスタシス)に奪われてしまい、中ボス的な扱いを被ってしまった。
余談だが、ダルク・ファキスというHIVEにいるSEEDフォームはこのダークファルスの劣化コピーである。こちらは第一形態が後の「マザーブレイン」に酷似するパターンを持つ。また、ダークファルス最終形態の上半身はこれとほとんど同じ形状をしている。

ダークファルス・ディオス

PSPo2i追加のエピソード2のラスボス。
ナギサが集めていた欠片であり、そこから憑代を得て復活した。
PSOのものを彷彿とさせる人馬一体型であり、吸い寄せる雷撃や吹き上がる火柱、追いすがる極光など破滅的な破壊力を持つ各種攻撃のほかに、足と胸部、頭部(最終形態ではさらに尻尾にも)にあるコアのうち、魂が入っているコア(中に人間が入っているようなグラフィック)を攻撃しなければダメージがほとんど通らない(さらに一定ダメージ毎にシャッフルされる)、HPが減るとプレイヤーの魂を奪って余ったコアに取り込み身代わりにする(プレイヤーの魂が取り込まれたコアを殴るとその魂の持ち主にダメージが反射される)という初見殺しの応酬が待っているという、まさに『絶望』と呼ぶにふさわしい能力の持ち主。
幸い空っぽのコアは固いが部位破壊可能となっている。あらかじめ胸部以外のコア(胸部コアと魂が入っているコアは破壊不可能)を破壊することで魂の逃げ場をなくし、同時にプレイヤーの魂を身代わりにするのを防ぐことができる。
基本憑代はナギサだが、展開次第ではワイナールがそれを引き受けるか、
そもそも登場する前にストーリーが終わってしまう場合もある。

PSZ(地球/コーラル)のダークファルス

DFかわいいよDF


地上の環境を改善するために作られた生体コンピュータ「マザートリニティ」にとりついていた。この背景はIIに近いところがあるが、そちらと違いマザーの開発目的に悪意はなかった模様。

PSO2の(オラクル船団の前に立ちはだかる)ダークファルス

ダークファルス【巨躯】

ダークファルス【若人】

ダークファルス【仮面】

ダークファルス【双子】

ダークファルス【敗者】

DFの皆さん


※左から【巨躯】、【双子】、【若人】、【仮面】、【敗者】(全て人間体)
後ろの読みは【巨躯】=エルダー/【若人】=アプレンティス/【仮面】=ペルソナ/【双子】=ダブル/【敗者】=ルーサーと読む。

パッと見普通の人間と大差ない姿も持っているダークファルス御一行様。
そのうえ明確な性格設定までなされており、おそらくシリーズ中もっとも人間味のある奴ら。
おかげで他のダークファルスと比較して圧倒的に絵が多い。
人間離れした強大な能力を持つのに変わりは無いが、今作のものは(破壊的な嗜好があるものの)人間に近く、ただ戦いを楽しむ者、からかうような言動で挑発する者、人間にまぎれて知識を欲する者と善くも悪くも身近な存在として描かれている。

???(PSO2EP4のネタバレ注意)

エピソード4より登場。生まれたばかりの新たなダークファルス。
とある人物を依代に顕現しようとするも、偶然に偶然が重なり……。

詳しいことはファンタシースターオンライン2の該当項目を参照。

余談

設定上オリジナルのダークファルスも少なからず存在する。
ダークファルスと共存する者、ダークファルスを喰った者、ダークファルスを呼ぶと噂される者、あるいは宇宙の守護神であるダークファルスなどと根底から違う設定のものまで掘り下げていけばきりがないほど。

また、当初ダークファルスの英文正式スペルは「Dark Phallus」であったが、PSO以降は「Dark Falz」に変更されている。なぜなのか知りたい人は単語を直訳して察せられたし。

…ぶっちゃけて言うと旧表記はあの魔王様と同義語なのである。
初代の頃は、細かい意味をあまり気にせずにつけた為か、海外版を展開する時にスタッフが本来の意味を知る事になったという。その為か英語圏では、Iの頃は“DARKFALZ”という表記という、ドイツ語の読みに合わせた強引な当て字になっている。FALZ=ドイツ語で折り目

II~IVでは“Dark Force”と改められたが、PSO以降は日本版ともども“Dark Falz”表記に落ち着いている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークファルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 736094

コメント