ピクシブ百科事典

ダークファルス・テアトル

だーくふぁるすてあとる

ダークファルス・テアトルとは、イドラ_ファンタシースターサーガに登場するダークファルスである。
目次[非表示]

概要

1200年前、異世界ヴァンドールに封印されたダークファルス。劇中では災神(さいじん)と呼ばれている。皇都レグルスの地下遺跡には、星帝が乗ってきたという船があり、オラクルに存在するキャンプシップと酷似している。ダークファルスは歴史の中で何度か復活しているが、ヴァンドールの戦士たちによって再封印が続けられてきた。

オラクルのダークファルス達のように人間体があるかどうかも不明だったが、6章にて少年の姿で登場した。

20年前、テアトルは「精神」「魂」「魔力」の3つに分割されて封印された。
しかし、現在では解放軍によって「精神」のみが解放されてしまっている。

かつて自分に手傷を与えた皇帝ジークムンドに対して激しい憎悪を見せており、時折狂気的な笑顔を垣間見せる。11章にてついに主人公たちと激突し、ピエロを思わせる技を用いて苦しめた。しかし激戦の末弱ったところをローザリンデが持つ星剣ライオネルで倒されそうになる。

関連タグ

イドラ_ファンタシースターサーガ ダークファルス
ダークファルス【双子】:テアトルと同じく、子供の姿をしている。







































ネタバレ




















































































実は密かに皇太子エルウィンと取引を交わしていた。彼の世界に対する冷めた見方と、目的のためなら手段を選ばない冷酷さは「次代の依代に相応しい」としてテアトルも見込んでいた。
その取引とは「邪魔者たちを排除する代わりにエルウィンを依代にする」ことだった。ローザリンデから星剣ライオネルを騙し取ったエルウィンは、父である皇帝を刺し殺してしまった。テアトルもまた約定を果たすべくエルウィンの肉体へと憑依した。しかし、エルウィンは強靭な意思によってテアトルを抑え付けたため、現在はエルウィンに主導権を握られている。

(こうしてダークファルス・テアトルの依代となっていた少年「テアトル」(本名が不明なため、ややこしいが現在はこう呼ばれている)は解放されたが、記憶を持ち去られてしまったため、自分の正体を知るべくユリィに同行することに。後に少年「テアトル」は星祭ガチャで期間限定配信。
運命分岐前は中身もダークファルスだが、完全体では無いためかイドラ化は「ヒュドラ」。運命分岐をすることでカオス、ロウ共にダークファルスが抜け、抜け殻の少年「テアトル」となる。)

テアトルを宿したエルウィンが最後の封印「魂」を解放して遂に完全体となるも、「人間同士が争う様を見るのも面白い」という理由で引き続きエルウィンに主導権を譲り、自身は戦いの行く末を観戦する。

その後エルウィンが【天極】(ポラリス)の力を覚醒させたユリィに敗れると、とうとうエルウィンの肉体を無理やり乗っ取って表面化。20年前に自身が敗れた要因となった【天極】の力を脅威と見たテアトルは「幻影を見せる」能力でユリィを油断させて拘束し、次元の狭間である「異界」へと幽閉した。
(この際に【劇場】(テアトル)という自身の名の由来を語っている。)

異界にてユリィの精神を破壊し、【天極】の力を奪おうとするも、スターゲートの力で侵入してきたステラ、ローザリンデ、ジャスパー、そしてステラの子孫マリーの助力によりユリィを救出され、そのまま交戦となる。
戦いの中で遂にダークファルスとしての姿を解放。強大な力でユリィ達を苦しめるものの、【天極】の破邪の力によって力を削がれ、追い詰められたテアトルはさらに真の姿を解放し、最後の戦いを繰り広げる。

テアトルとの戦いは4連戦となっており、最初はエルウィンの姿をした人間形態とパーティーで戦う。次はダークファルスの姿を現したテアトルとポラリスで戦う。三戦目はダークファルスのテアトルとパーティーで戦う。最後は真の姿(メイン画像の姿)を現したテアトルとパーティーで戦う。最終戦は100万近いHPをけずらないといけないので長期戦は必至。ある程度ダメージを与えるとダウンし、BGMが変化する。

死闘の末にとうとうテアトルは敗れ、それでも逃走を目論み、執念深く異界に潜み長い時を経て再び復活の時を待とうとするも、依代であるエルウィンの抵抗により身動きを封じられ、最後はローザリンデとジャスパーの持つ星剣ライオネルによってエルウィンごと貫かれ、完全に消滅した。

余談

シリーズの中でも珍しく「ダークファルスと依代の会話」がたびたび描かれている。意外にもテアトルは約束を守るつもりだったようで、エルウィンに代わって自分が主導権を握った時は「エルウィンには悪いが世界を滅ぼす」ことを告げている。

名前の由来は、イギリスの哲学者フランシス・ベーコンによって説かれた4つのイドラ(人間の先入的謬見)と思われる。
「種族のイドラ」「洞窟のイドラ」「市場のイドラ」「劇場のイドラ」の4タイプがあるとされ、このうち「劇場のイドラ(Idola theatri)」は、「思想家たちの思想や学説によって生じた誤り」または「権威や伝統を無批判に信じることから生じる偏見」であり、ロウ・カオスの対立を、根本原因を知らないまま無批判に受け入れているヴァンドールの人々の生きる様を彷彿とさせる。
また、最終的に憑代となったエルウィンも、レオリア皇室の権威と伝統からなる偏見や侮りの目に長年翻弄され続けた人物であった。

関連記事

親記事

イドラ_ファンタシースターサーガ いどらふぁんたしーすたーさーが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークファルス・テアトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4670

コメント