ピクシブ百科事典

惑星ハルファ

わくせいはるふぁ

「惑星ハルファ」とは、ファンタシースターオンライン2ニュージェネシスに登場する架空の惑星である。
目次[非表示]

概要

ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』の舞台となる新惑星。アークス達とドールズは、日々この惑星で戦いを繰り広げている。

1日の長さ(自転周期)は48分であり、西から太陽が昇り、東に沈む。またシャンディーによれば一年を通して気候は然程変化しないが、特定の時期にだけ温度が低下するとのこと。

リージョン

アークスは惑星全土に分散しており、「リージョン」と呼ばれる形で管轄が分かれているようである。

セクション

各リージョンは更にセクションという区域に分割されている。これは旧シリーズで言うところの森林エリアや遺跡エリアなどの「エリア」に相当する概念になっている。

セクションには「探索セクション」「戦闘セクション」の2種類が存在する。

探索セクション

探索セクションはエネミーと共に、テイムズ(動物)や、収穫可能な果物や野菜、鉱石も出現し各種素材を収集するギャザリングを行える区域。探索セクションでしか手に入らない特殊能力カプセルがあるほか、「老練の」という二つ名がついたボス「ドレッドエネミー」達が特定の場所に湧く。また、悪天候の時は「絶望の」という二つ名がついたボス「ギガンティクス」が湧く。
どちらもリージョンに到達したばかりの初心者に手が出せる相手ではないので、戦えるレベルや戦闘力に達していないうちは逃げよう。目安としては敵より4低いレベルが最低ライン。レベル差が5以上かつ戦闘力が既定値より低いと名前が赤くなり、ダメージが1しか通らなくなる上に討伐報酬が無くなる。
ある場所にはLv64の個体も出現する
各地のドレッドエネミーやギガンティクスは、特定の時期の間は担当するボスエネミーが入れ替わる時もある(シーズナルイベント後半など)。
特にギガンティクスはクラスのレベルキャップ40解放以降はプレイヤーと共に強化されており、常にこちらのレベル上限より+4のレベルとなる(これに伴いリージョン毎に別れていたギガンティクスのレベルが一部を除いて統一された)。上限に到達してないレベルでうろついている最中に出くわそうモノなら攻撃を当ててもレベル差補正でダメージは雀の涙、攻撃を当てられた場合1~2発で確実に死ぬ。

ドレッドエネミーやギガンティクス以外の敵のレベルは基本的には低めで、レベルキャップが見えてきた頃には経験値的な旨味はほぼなくなる。
しかし、探索セクションでしかドロップしない特殊能力カプセルが上位の特殊能力カプセルとの交換材料として要求されるため、1つのルームに多くのプレイヤーが集まって雑魚狩りとついでのドレッドエネミー狩りが活発に行われている場合もある。

戦闘セクション

戦闘セクションはテイムズや各種素材が存在せず、エネミーとのバトルに特化した区域。
ストーリーを進めると、ハイランクセクションというRank2以降のより高レベルな敵が出現するランクを選択可能になる。
旧PSO2にもあったPSEおよびPSEバーストの概念が存在し、経験値稼ぎや一般エネミーからのドロップが目当てになる。
旧PSO2と比べると、PSEの効果がレアエネミー出現率上昇のみに一本化された代わりにゲージ状に視覚化され、常時表示されるようになりPSEバースト発生のタイミングが分かりやすくなった。

PSEはレベル0~4まで(見かけ上は5まで)存在し、敵を倒すたびにランダムで増減する。
基本的には上昇・減少共に同じ確率だが、Eマークが付いている群れの敵やトライアルの討伐対象は減少率が半分となる。

トライアルをクリアした時にPSEがゲージMAX直前のレベル4になっていると、敵が大量に湧き出てくるPSEバーストが発生する。
ただし最後の討伐対象の撃破によって、トライアルクリアと同時にPSEレベルの増減が発生した場合、レベル3からレベル4に増えた場合でもPSEバーストが発生し、レベル4から減った場合はPSEバーストは発生しない。

2つのトライアルが同時発生する「CHAOS TRIAL」については、両方のトライアルをクリアすると同時にPSEレベルが確実に1上昇するため、レベル3からでもPSEバーストを起こしやすい。運良く敵撃破によるレベル上昇を引き当てればレベル2からでも発生する。逆にレベル減少を引き当ててしまった場合は±0となる。

悪天候の時はPSEがレベル4で固定されてレベル減少が起こらなくなり、トライアルをクリアすればほぼ確実にPSEバーストが起こるようになる。
悪天候以外でも、隠し要素として条件を満たすとPSEレベル減少が起こらなくなるPSE減少停止タイマーが設定されており、「PSEバーストが発生していない状態」かつ「そのルームのルームホストのプレイヤーがルームに滞在し続けている状態」で5分経過すると減少が止まる。

2021年12月のリテムアップデートでの調整(PSE減少停止までの時間短縮)や、2022年2月上旬の「CHAOS TRIAL」でのゲージ確定上昇の追加があり、現在はサービスイン当初よりも格段にPSEバーストが発生しやすくなっている。

2022年4月のアップデートでは、PSEクライマックスを発動し終えた後に、確率で再びPSEバーストが発生する「PSEアンコール」が実装された。これは同時実装されるリテムリージョンの戦闘セクションRank3(敵レベル40)から適用される。

敵レベル35以上の戦闘セクションでは「メガロティクス」が通常のエネミーに混ざって出現する。ギガンティクスと同じく攻撃にダメージ2.5倍の倍率が加わっている手強い相手。

敵レベル40以上の戦闘セクションでは「イコライジングエネミー」が低確率で出現する。周囲の敵に強力なバリアを付与する厄介なエネミーだが、撃破することで逆に周囲の敵に大ダメージを与え弱体化させることができる。

エネミーに関してはこちらの記載も参照。

エアリオリージョン

プレイヤーが降り立つ始まりの地。第一章の舞台。
平原、森、湖、山など惑星ナベリウスを思わせる自然が多く見られる。一方で随所にかつての機械や遺構が存在しておりミスマッチな光景となっている。

通常天候晴天、曇天、雨
悪天候雷雨
探索セクション中央エアリオ南エアリオ西エアリオ北エアリオハルフィリア湖
戦闘セクションマグナス山ヴァンフォード研究所跡レゾルの森

探索セクションは最初からどれにでも行けるが、戦闘セクションはいずれもストーリーを進めないと入場できない。

探索セクションで出現する敵の基本Lvは1~15。雑魚エネミーであってもたまにLv1に混ざって15が出たりするので初心者は迷わず逃げるべし。
緊急クエストRank1ではLv17~20のエネミーが登場。Rank2およびダークファルス迎撃戦では共通でLv40となる。
ドレッドエネミーはLv15で出現。ギガンティクスは実装当時はLv24だった。

エアリオタウン

ゲームのスタート地点である、西エアリオの「カナイ島」の側にある集落。チュートリアルで必ず訪れることになる。
海辺の近くに築かれており南国を思わせるような建物が特徴だったが、突然現れたダークファルスによって壊滅させられてしまい、以後は主人公たちの拠点はセントラルシティに移ることになる。
なお、このイベントの後にカナイ島に行くと「老練のネクス・エアリオ」が徘徊しているので初心者には非常に危険。

セントラルシティ

センシティブな作品


アークス達の中心となる拠点。高い壁に囲まれており、中央にはセントラルタワーが聳え立つ。セントラルリーダーであるクロフォードが治める。
四方の出入り口には「東西南北」の名を冠するアークスが守りについている(画像はその一人「ナンデル」)。
シティと言うもののそれほど広くはなく、野球場程度の広さと思われる。
屋外には広場と青空カフェが存在しているが、居住区などはドールズを警戒してか地下に築かれているようである。
セントラルタワーの地上部はそれ自体が「セントラルキャノン」と呼ばれる巨大なフォトン粒子砲であり、有事の際には変形・回転し標的を捉えられるようになっている。

中央エアリオ

地名ハルファナ平原、マヒナパリ山
通常エネミーレベル1
ドレッドエネミー(老練の)クラッグベア、ワウロン、エルディサイズ、ダイダル・ソード
ギガンティクス(絶望の)ナグルス


セントラルシティを中心に、なだらかな平原とエアリオリージョン内で最も標高の高い「マヒナパリ山」からなる探索セクション。
基本的にはゲーム開始直後の初心者でも特に危険はあまりない地域。
ただし、シティを出て北西に進むと「老練のダイダル・ソード」がいるので初心者は注意。うっかり近づくと頭部からのレーザーで射抜かれる羽目になる。
余談だが、マヒナパリ山の最も標高が高い山頂、及びその隣の2番目に標高が高い山頂にしばらく待機していると、その場を離れるまでBGMがオープニングのアレンジ曲に変更されるという小ネタがある。

緊急クエスト「資源採掘リグ防衛戦:エアリオ」「ダークファルス迎撃戦」の舞台になる。

南エアリオ

地名バルフロウ大瀑布、ピコット山
通常エネミーレベル3
ドレッドエネミー(老練の)アードバンシー、アードバンサー、ナグルス、ダイダル・アックス
ギガンティクス(絶望の)オルク


大瀑布と薄紅色の草木が特徴的な探索セクション。
やはり初心者向けだが全体的に高低差が激しい地域で、探索にはフォトンダッシュからの二段ジャンプやウォールキック、グライドなどの基本的な移動操作を活用する必要がある。
各所を繋ぐ小さなトンネルや、テント等の物資が配置されている洞穴がいくつかあり、そのような場所には鉱物系の素材が集中している場合が多い。マグナス山の地下にまで続く大きな洞窟も存在する。

西エアリオ

地名クライアノ断崖、ラーカウ海岸、クライカウ丘陵、エアリオタウン(跡)、カナイ島
通常エネミーレベル7
ドレッドエネミー(老練の)サンダバンシー、サンダバンサー、オルク、ネクス・エアリオ
ギガンティクス(絶望の)ヴァラス


エアリオリージョン西側を占める、南北に広い探索セクション。
中央エアリオとは街道やマヒナパリ山麓の洞窟から繋がっている。無論、山を乗り越えていくことも自由である。
こちらも断崖が多く高低差が激しいうえ、面積が広いせいか各種素材が薄く広く散らばっている傾向にあるため、特に鉱物が配置される箇所を把握するまではなかなか探索に時間がかかる。カナイ島は狭いながら各素材が満遍なく存在するため、老練狩りついでに訪れるプレイヤーも多い。
老練のオルクはラーカウ海岸のリューカーデバイスのすぐ近くにいるため、初心者は巻き込まれに少々注意。

エアリオタウン跡にある緑色の旗の下でしばらく待機していると、その場を離れるまでBGMが変化する小ネタがある。

スプリングイベント限定緊急クエスト「戦変万花のエネミー掃討戦」の舞台になる。

北エアリオ

地名ハルファナ湿原、アルト・ラニ高原
通常エネミーレベル12
ドレッドエネミー(老練の)ピグフロッガ、チアキュリオ、ブジン、ヴァラス
ギガンティクス(絶望の)ダイダル・アックス


エアリオリージョン北西部に存在する探索セクション。
エアリオの探索セクションの中では敵レベルが12と最も高い。
各種素材の点在位置が湿原と高原ではっきりと分かれており、高低差少なめ・面積狭めで各種要素が密集していてギャザリングやエネミー狩りがやりやすい。
出現するギガンティクスも戦いやすい相手のため、プレイヤーが多く集まる場合が多い。

アルト・ラニ高原は緊急クエスト「統制型ドールズ討伐戦」の舞台になる。

湿地帯には前作に登場した『マザーシップ』の通路と思しき残骸があるが、これの意味するところは……?

マグナス山

エネミーレベルRank1:5Rank2:15Rank3:35


エアリオリージョン東方面の南側に位置する岩山。
戦闘セクションの中ではプレイヤーが初めて訪れることになる。
上方移動用のアップドラフターが点在しているものの、ただでさえ広大で高低差が非常に激しい上にねずみ返し状になっている崖が多く、更にリューカーデバイスが端の方に設置されており状況によっては他プレイヤーとの合流にも一苦労するため、何かと不人気な場所になってしまっている。

ヴァンフォード研究所跡

エネミーレベルRank1:10Rank2:15Rank3:35


エアリオリージョン東方面の北側に位置する広大な施設跡。2番目の戦闘セクション。
数十年前までは住民が居たが、ドールズの大攻勢を受けて放棄されたという。
戦闘セクションの中では狭めで、たまに高い建物に登ったり壁を乗り越えたりする必要があるものの、移動距離が短く比較的戦いやすい。

レゾルの森

エネミーレベルRank1:15Rank2:35


エアリオリージョン北側に位置する広大な森。
昼間は普通の森に見えなくもないが、夜になると木々が一斉に発光したり、電子的なエフェクトを大量に発するなどして異様な光景になる。昼間でもよく見るとケーブルのような蔦が垂れ下がっていたり、ハルファ特有の剥き出しの人工物がある。
全体が広めで一部起伏が激しい場所や木々が邪魔になる場所もあるものの、こちらも比較的戦いやすい。
戦闘セクションの中では唯一ネクス・エアリオが出現する場所で、特殊能力のネクス・ソール目当てに集まるプレイヤーもいる。
緊急クエスト「ネクス・ヴェラ討伐戦」の舞台。

ハルフィリア湖

地名ハルフィリア湖
エネミーレベル60
ドレッドエネミー(老練の)出現しない
ギガンティクス(絶望の)ダイダル・ソード


エアリオリージョン北東に存在する、湖と周辺の河川や海岸からなるセクション。探索セクション扱い。
普段はエネミーの存在しない静かな憩いの場…なのだが、推奨戦闘力9999、出現するテイムズ(動物)もLv60というおかしな設定をされており、異様な雰囲気を醸し出している。
ハルファ各所から見える謎の空中施設の真下、ワールドマップの中心がこの湖ということもあり、謎の多い場所。
アップデートで追加されたメッセージパックでも、何かがおかしい…何かが…という内容のメッセージがある。

雷雨時にはギガンティクス「絶望のダイダル・ソード」が出現。驚異のLv64
レベル差・戦闘力差による減衰補正で現状では1ずつつしかダメージが通らず、減衰補正の仕様のせいで討伐しても得られるものは何もない(経験値・ドロップアイテム・討伐数カウントに至るまで本当に何もなし)というおまけボス的な立ち位置。

リテムリージョン

2021年12月15日のアップデート「砂塵奏でる鎮魂歌」で実装されたリージョン。第二章の舞台。
エアリオリージョンから東の方角にある場所で、砂丘・岩石地帯・峡谷など惑星リリーパを思わせる砂漠地帯が広がっている。

通常天候晴天、熱波、砂嵐、流星雨
悪天候砂塵嵐
探索セクション中央リテム南リテム西リテム北リテムルーフ・マクアド
戦闘セクションリテム・エルノザマクアド下層

熱波中は陽炎が発生し、風景が少し歪んで見える。
流星雨は無数の光の帯が空を渡っていく神秘的な光景が見られるほか、すぐ近くに黄色い火花が落ちてきたり後述のステラーシードが光り輝く演出がある。
赤い雷を伴った砂塵嵐は、発生直前には南東のルーフ・マクアドを中心に砂嵐が広がっていく様子を見ることができる。ちなみに通常天候の砂嵐とは別。

探索セクションのうちルーフ・マクアド以外はストーリー第二章の序盤に自由行動が可能になってから侵入可能。ルーフ・マクアドのみ侵入にはストーリー第二章を終盤までクリアする必要がある。
戦闘セクションの侵入にはいずれもストーリー進行が必要。

エアリオでもそうだったが、テイムズよりも小さな動物たちもちらほらと見かけられる。しかしリテムのそれはなかなか奇妙な外見のものが多い。

出現する敵の基本Lvは17~30。緊急クエストではLv32のエネミーも登場する。
リテム独自のエネミーに加えてエアリオに出現したエネミーの砂漠適応種が多く見られるほか、新たなフォーマーズとして、かつて惑星リリーパで見かけられた機甲種達も出現する。
人工物の機甲種まで存在するということは、これらは外部からハルファに持ち込まれたものだと思われるが…?
ドレッドエネミーはLv30で出現。ギガンティクスは実装当時はLv39だった。

Lv30以上のボスまたは戦闘セクションのエネミーからは、かなりレアかつ強力なドロップ品として、過去のファンタシースターシリーズに登場した様々な武器の姿をした「レリク」シリーズが手に入る。

リテムシティ

中央リテムと南リテムを跨ぐ位置にあるリテムリージョンの首都的な都市。リーダーであるナーデレフが治める。
主人公たちが訪れた時点で既に超大型ドールズ「レヌス・リテム」を筆頭としたドールズの大攻勢を受けており、野戦病院さながらの状態となっていた。
ゲーム的にはセントラルシティと同等の機能を備えており、ログアウト前に居たリージョンもしくはストーリー進行状況によってログイン時の初期位置も切り替わる。
シティの最も高い位置ではPSUのダグオラシティの曲が流れる。

西リテム

地名サガーン参道、ステッキン低地
通常エネミーレベル17
ドレッドエネミー(老練の)ケルクンド、フォートス・レーザー
ギガンティクス(絶望の)スナイダル・ハンマー


中央エアリオから橋を渡った先にある、リテムリージョン北西の峡谷地帯。
後述の北リテムも含め高低差が非常に激しいが、遠目からでは垂直の壁のように見えても実際は細かく段々状になっている崖や山が多く、鼠返しになっている箇所もほぼないため案外登りやすい。
大きな特徴として浮遊する大岩が上空に点在している。移動アクションを駆使すれば飛び渡っていくことも可能。頂上には赤コンテナが設置されていることが多い。
また、浮遊岩の周囲にはステラーシードという換金アイテムが浮かんでいる場所もある。リューカーデバイス周辺の狭い範囲に固まって浮いている為、エアリオのアルファリアクターに比べれば纏まった数の採取は楽。
谷間のステッキン低地には少ないながら草木や水場があり、魚介類や野菜は低地に密集している。特に魚介類は小さな水場に集中しているため集めるのが楽。

マップ北側の高い岩山の頂上の一つでは、PSO2の惑星リリーパ砂漠エリアのBGMが流れるポイントがある。

中央リテム

地名ダルスマブル砂漠、ティアーム海岸、オアシス、トリニテス
通常エネミーレベル19
ドレッドエネミー(老練の)サヴァキュリオ、サンドナグルス、フォートス・ランチャー、レヌス・リテム
ギガンティクス(絶望の)リゼントス


リテムリージョン中央を占める広大な砂漠地帯。
巨大なピラミッド状の構造物「トリニテス」は、実装当時は特に機能などの無い謎の存在だったが、高難易度クエスト「ジオメトリックラビリンス」の舞台であることが後に明かされた。海岸近くの洞窟を進んだ先にあるトリニテスの地下部分で受注することができる。
頂上には乗り込めるスペースがあり、赤コンテナが複数配置されているほか初代ファンタシースターのモタビアの曲が流れる。
リテムシティの東にはリテムで戦ったアークス達の共同墓地が存在している。1つ辺り1000人程度の名が収められているという端末が数十も設置されており、過去の戦いの厳しさを窺わせる。

緊急クエスト「レヌス・ヴェラ討伐戦」の舞台になる。
マップ南西辺りにある特定のフォトンチューナー(音叉型の機械)の上に立つと、PSUのクグ砂漠のBGMが流れる。

北リテム

地名モラーバ峡谷、キーンラッド岬
通常エネミーレベル21
ドレッドエネミー(老練の)サヴディサイズ、バブルクラッブ、リゼントス
ギガンティクス(絶望の)サンドナグルス


リテムリージョン北東の峡谷地帯。足場が多く点在している峡谷部と、東側から北東にかけて大きく伸びた岬が特徴的。
谷間の奥にはアークス達が採掘した資源の集積場があるが、その入口近辺には鉱石が多数密集している。谷間の底では他にも狭い通路の奥の空間に鉱石が密集していることも。
峡谷の上側はリテムでは比較的緑豊かな環境。
また、夜間の非戦闘時のBGMが専用のものになっている。

緊急クエスト「スナイダル・ヴェラ討伐戦」の舞台になる。
老練のリゼントス出現位置付近にはPSO2の惑星アムドゥスキア火山洞窟エリアのBGMが流れる。また、コクーン「ナローケージ」傍の高い岩の頂上ではPSUの「Moatoob(モトゥブ)」が流れる。

南リテム

地名アルディマンド砂漠、ガルネール海岸
通常エネミーレベル23
ドレッドエネミー(老練の)サヴァウロン、バブルクラッブ、スナイダル・ハンマー
ギガンティクス(絶望の)フォートス・ランチャー


リテムリージョン南側を占めるセクション。中央リテムよりも岩場が多い。
鉱石のフォトンスケイルはリテム実装時点ではこのセクションでしか採取できない上に数も少なく、希少。緊急クエストでも手に入るが、入手機会が限られているのには違いない。

南西端のコクーン「パルクールマスター」を出て右側に1段降りた辺りにPSO2の浮上施設の昼戦闘BGMが流れる場所がある。

ルーフ・マクアド

地名ルーフ・マクアド
通常エネミーレベル24
ドレッドエネミー(老練の)出現しない
ギガンティクス(絶望の)ケルクンド


リテムリージョン南東に存在する、茸のような形状の岩山が特徴的な半島。採取で取れる野菜も茸。
リテムのアークスからは「ドーム」と呼ばれており、レヌス・リテムを筆頭とした多数のドールズ達の根城になっている。
その形状から、山の上部に移動するには外周沿いに設置されたアップドラフターが必須となる。

ここの頂上の下層に続く穴の側にある岩も、天辺でしばらく待つとBGMがオープニング曲に変化する。また、岩山の上部の東端ではPSUのパラガバナ海岸のBGMが流れるほか、各所で岩山から流れ落ちる流砂の滝の途中地点(空中)でもBGMが変化するポイントがある。

リテム・エルノザ

エネミーレベルRank1:20Rank2:30Rank3:40


リテムリージョンの西側に存在する施設。多数の足場が設置されており、奥には祭壇のような構造物がある。
古くからリテムの住民にとって重要な意味を持ち、かつては儀式なども執り行われていたようだ。
戦闘セクションの中では最も狭く、敵が密集しやすく出現数も多い場所。更に比較的素直な挙動の敵が多く、敵の強さや面倒さという点ではマクアド下層と比べるとかなり戦いやすい。そのため経験値稼ぎに非常に向いている。
代わりに固有のソール系特殊能力を落とす大型ボスはおらず、ドールズ系ボスの種類も少ない。

マクアド下層

エネミーレベルRank1:25Rank2:30Rank3:40


ルーフ・マクアド頂上の大穴を降りた先にある謎の施設群。レヌス・リテムが本拠地としている。
研究施設か工場地帯のようにも見えるが、もはやセントラルシティよりも大きい都市じみた規模。
NGS初の地下が舞台となるセクション。ただしステラーギフトは天井を突き抜けて落ちてくる。
場所がルーフ・マクアドと重なっているためか、ワールドマップでの位置情報は半島の外周部を選択するとルーフ・マクアド、中央部を選択するとマクアド下層として扱われる。
高い建物が多く高低差が激しい割にアップドラフターが少ない場所。上に登る取っ掛かりになる足場や壁面の凹凸は豊富に用意されているが、それでも移動は少し大変。
アルターズが出現せず、ドールズと機甲種フォーマーズのみ出現する。
ドールズの中でもリテムで新登場した厄介な面々が勢揃いしており、純粋に敵が強い。
レヌス・リテムの通常種はここでのみ出現する。砂を泳ぐ砂竜のようなドールズだが、砂地でしか出現しないということはなく建物の上でも容赦なく生えてきて大暴れする。
南西にある最も高い構造物の屋上ではBGMがPSUのガレニガレ鉱山の曲に変化する。

クヴァリスリージョン

エアリオリージョンから北の方角にある、全体が巨大な雪山となっているリージョン。標高は恐らくマヒナパリ山を超えている。
雪と氷に覆われた極寒の地。中腹には広大な雪原が見え、奥地には氷の山がある。
また、アクセスすることでスノーボードを呼び出せるポイントがあるようだ。見た目は既存のダッシュモーションの「エアボード」に近いが、ジャンプしながら複数のトリックを決めている様子も見られる。

セントラルシティの前身となる首都があったが、数十年前にドールズの侵攻により壊滅的な打撃を受けて放棄され、現在に至るまでほぼ無人のリージョンとなっていた。
(時系列を整理すると、100年前に当時の首都をダークファルスに破壊され、後にクヴァリスに首都を再建した?)

クヴァリスキャンプ

セントラルシティから派遣されてきたアークスたちが築いた一時的な活動拠点。
ショップ機能を有したロボットをショップ店員としている。これらは主を失くしたままクヴァリスリージョンを彷徨っていたロボットで、発見後にそのまま利用しているようだ。

レイヨルド峡江

探索セクションの1つ。
防寒対策をしていかないと持続ダメージを受けてしまう。
このダメージを防ぐにには、リージョンマグのブースト効果、クヴァリスリージョンで採れる素材を使ったクイックフード、特定のブーストアイテム、「デコルド・パワー」など防寒効果のある特殊能力といった複数の手段がある。
実装の翌週から、最深部では超強力なボスが出現するようになる予定。

火山島のリージョン(仮)

エアリオリージョンから北東の方角にある火山島。
山頂からは常に噴炎と黒煙が上がり、上空で巨大な雷雲を形成している。
南側から見ると、外殻のような岩とその内部の二重構造になっているようだ。
詳細は不明。

空中施設(仮)

ハルフィリア湖直上に存在する巨大な空中施設。
詳細は不明。

アークス

  • プレイヤー(主人公、星渡り)
  • アイナ(ヒロイン、ガロアの娘)
  • マノン(ヒロイン、星渡り)
  • ガロア(エアリオタウンのリーダー)
  • ブルーダー(指導教官)
  • クロフォード(総司令官)
  • ラン(新人オペレーター)


キーワード

星渡り

最近のお絵描きまとめ


宇宙からポッドで降下してきた人間。
殆どが過去の記憶をなくしており、中には星渡りからアークスになる者もいる。

ドールズ

デュアロマイト


アークスと戦い続けている謎の存在。

関連タグ

ファンタシースターオンライン2_ニュージェネシス アークス(PSO2NGS) アークス ドールズ(PSO2NGS) アルターズ(PSO2NGS)
PSO2惑星一覧:1000年前の世界に登場した惑星。

関連記事

親記事

ファンタシースターオンライン2_ニュージェネシス ふぁんたしーすたーおんらいんつーにゅーじぇねしす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「惑星ハルファ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18295

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました