ピクシブ百科事典

ゼノ(PSO2)

ぜのもしくはろくぼうきんこうのよん

ゼノ(PSO2)とは、ファンタシースターオンライン2に登場する、プレイヤーの頼れる先輩である。
目次[非表示]

概要

CV:木村良平
種族はヒューマン、職種はハンター。
ストーリーモード第1章から、幼馴染のエコーと共に登場。アークス修了課程の途中でダーカー達に囲まれたプレイヤーとアフィンを救出、以後何かと世話を焼いてくれる頼れる先輩である。
本来の適性はレンジャーなのだが、とある過去から無理やりハンターとしてアークス活動をしており、レギアスから「期待の若手」と目されている。

EP4実装前のチュートリアルクエストにて、アフィンとプレイヤーを救助する前に一人の名も無き試験生黒人アークスの救助に間に合わなかった為(EP4実装後にはバッサリカットされたシーン)、未だにその直後に発した「恐ろしいくらいドンピシャ」のセリフにツッコミが入る事がある。

なお、どういう訳かpixivでは腐った方々に大人気。
(参考までに、ゼノエコタグで38作品、腐向けタグ付き検索で17+タグ無しだが腐向け相当サムネイルの作品多数)
ちなみにデザイナーズアイテムとして「エコーの嫉妬」なるアイテムでも登場(肩乗りゼノとデザイナーの肩乗りマイキャラ)。
尚、元々はこのデザイナーズアイテム、「ゼノコメ」という名前でデザインされたのだが、放送時にその場にいたスタッフたちから「これ絶対エコーに嫉妬されるよね?」的な指摘を受け、今の名前に変更された。










ネタバレ

ストーリーモードEP1-8において、【巨躯】との戦闘中行方不明となる。
しかしその後の分岐でタイムリープしてきたプレイヤーとマリア、サラに救出される。「このままじゃ誰も守れない」と嘆くゼノに、かつての師でもあったマリアは再特訓を提案、生き延びた事はエコーに内緒のまま一度表舞台から姿を消す。
そして、EP2-5で満を持しての再登場。「何度も死にかけた」というマリアの猛特訓を見事にクリア、長らく空位だった六芒均衡の四に就任。レンジャーとしてもハンターとしても戦える創世器「戒剣ナナキ(ガンスラッシュ)」を引っさげて登場。エコーに一発引っ叩かれ、感動の再会を果たした。
そのままファルス・アンゲル戦でもプレイヤーの力になってくれる。
復帰した後も、何度となく理由をつけてマリアから特訓と言う名の必死のじゃれあいをさせられる羽目になるのだが…。
惑星ウォパルの原住民・カブラカンとは、エコーがらみで振り回され苦労した関係で出会って即意気投合。
なお、EP3-4において、無理矢理レンジャーからハンターにクラスチェンジした理由が明かされる。

ちなみに彼が作中で師匠と呼んでいる人物は、EP2-6でマトイの過去を探りにタイムリープして来た主人公。ただ、EP1の序章までに外見をすっかり忘れていたようで、かつて師匠と仰いだ人物が胆の据わったルーキーと同一人物とは気付く由もなかった。

ようやく…

2018年5月9日に配信されたEP5のサブストーリーに於いて、ようやくエコーとの結婚に踏み切った。
それ以前に周りから「何で結婚してねーんだコイツら」と思われていたようだが、シエラが二人の仲をド直球に聴き込んだ事が切っ掛けとなって結婚の意思を固めた。
これにより、結婚が成立すればレギュラーNPC・六芒均衡で初の妻帯者ということになる。
ゼノは以前からエコーと一緒になっても構わなかったようだが、肝心のエコーが結婚に対し及び腰であったために踏み切れなかったのが最大の要因。

…しかし何故だろう、両名に何らかのフラグが静かに忍び寄っているような気がしてならない…。

関連タグ

ファンタシースターオンライン2
PSO2NPC一覧 六芒均衡

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼノ(PSO2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45646

コメント