ピクシブ百科事典

エルミル=ヴェルン

えるみるゔぇるん

エルミル=ヴェルンとは、セガゲームスのオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「僕はどこにだっているの、サ。
 この世界の、どこにだってね。」

プロフィール

異世界オメガに存在する軍事国家、ヴェルン皇国皇帝シュレッガーの弟。

年齢性別種族身分
29歳男性オメガ人ヴェルン皇帝弟
声:森久保祥太郎

概要

初登場はEP5第2章パート1「滅びゆく国」から。
皇帝シュレッガーと共にヴェルン国民に「魔人化」の人体実験を施し、4096人ものの死者を出させた人物。人を人とも思わない行為を平然と働き、しかもそれを楽しんでいるかのような享楽的な言動を見せる。
兄とは対照に知性派であり、プレイヤーに対して様々な策略・策謀を張り巡らせる。プレイヤーの行く先々で姿を見せるが、直接対面する機会は少なく、裏で動いている様がたびたび描かれる……。

EP5第2章パート1「滅びゆく国」

「……来たみたいだよ、兄さん。
 魔神城を砕く存在が、サ。」

守護輝士の噂をヴェルンに流し、彼/彼女を誘き出す作戦を行った後の様子。守護輝士の強さに興味を示したシュレッガーに対し、すぐには手を出さないように釘を刺していた。「随意に」と兄からの返答を受けた後は意味深な笑みを浮かべていた。直後、守護輝士に挨拶をしに行くと言い残して立ち去って行った。
後のことを考えると、守護輝士の強さが計れない状態でシュレッガーとぶつけるのはまずいと思っていたと思われる。

EP5第2章パート3「決死の反逆」

「僕は、君を見に来たんだ。
 クエントに降り立ちし、守護輝士クン。」

皇都を目指す守護輝士一行の前へ姿を現し、魔人兵を召喚、けしかけてくる。
ゲッテムハルトからすれば怨み骨髄のため殴り掛かられるが、さっさと姿を消して逃げてしまった。
その後ヴェルン帝都に帰還し、シュレッガーに「こっちは任せる」と言い、どこかに姿を消した。

EP5第2章「エピローグ」

「その無念、その怨恨……その魂!
 受け皿があったら、どうなるのかな?」

プレイヤーがヴェルン荒野の魔神城を破壊すると再び姿を見せ、「クエントが大変なことになっている」と告げて早々に立ち去ってしまう。シュレッガーが倒されたことについては特に驚いておらず、兄の敗北は織り込み済みだった模様。恐らくは「挨拶」の段階で守護輝士の実力を計れたということなのだろう。
その後、紅き邪竜が復活した現場へと密かに赴く。アリサの力によって邪竜は倒されたが、エルミルはエフィメラの力を用いて復活させ、更にはルツの怨念を憑依させる。

アリサではエフィメラの力にまで対抗できず追い詰められるが、そこへプレイヤーが駆けつけたことで形勢逆転。隙を突いたルーサーによってエフィメラによる再生能力の大半を奪い取られ、邪竜は再封印されたが……(後のことを考えると、これも彼の計画の内だったのかもしれない)

EP5第4章パート2「砂漠に喚ばれし【若人】たち」

【BL含】ルーサーとエルミル


「かかったね、マヌケ。」

長らく姿をくらましていたエルミルだが、実は神国エピックの神官となってマルガレータに取り入っていた。守護輝士を擁するクエントを羨ましがる彼女に召喚術の行使を進め、守護輝士に匹敵する存在を呼び出せると甘言。
その結果、呼び出された「」によってエピックは占拠され、国内は混乱状態となってしまった。

4人組がプレイヤーの力で撃退され、国内に平穏が戻るとマルガレータの前にいけしゃあしゃあと姿を見せる。この際、名前を忘れられていたのでマルガレータにツッコミを入れている。
本性を現した直後、マルガレータによって肉体を滅ぼされ呆気ない最期を迎える…………わけがなく、精神はまだ生きており、「最後の一押し」としてマルガレータに大量の因子を植え付けダークファルス【若人】へと姿を変えさせた。
その後の動向は不明。

EP5第5章「象徴との遊戯」

「もっと遊びたかったんだろう?
 もっとやりたいことがあったんだろう?
 なら、それを思うがままに、するといい。」

やはり生きており、継承の儀を始めようとしていたフローの前に姿を現わす。クラリッサが放った矢で脳天をブチ抜かれるが平然と復活。その際に「僕はどこにだっている」と言い放った。殺しても殺しても瞬時に復活するというのはなかなかに厄介な特性である。
その後、フローにエフィメラを無理やり使用させることでダークファルス【双子】の力を目覚めさせた。再び姿を消し、今回は主人公の前に現れることはなかった。

今回の一件も主人公たちによって解決したものの、マトイアルマからは、まるでタイミングを見計らって騒動を起こしているようだと推測されている。

EP5第6章「かくて英雄は此処に集う」

「さあ、奇跡を起こそうじゃない、か!
 世界を壊す奇跡を、サ!」

主人公の姿に化けてハリエットの前に姿を現すが、シエラがいないことで偽者だと勘付かれる。
しかし、ハリエットを黒い花の繭に幽閉することには成功した。

その後、主人公たちの前に現れ、何故か主人公のことを「センパイ」と呼ぶ。
そこでエルミルはとびきりのヒントとして自分の持つ杖を「あるもの」に変える。

「これ、なーんだ?」

それは【深遠なる闇】の依代になっていたはずの【仮面】の仮面だった……
そして、エルミルは遂に自分の正体を明かす……


関連イラスト

狂弟エルミル
エルミル



関連タグ

ファンタシースターオンライン2 PSO2
NPC SEGA オメガ(PSO2)
安藤優 シュレッガー=ヴェルン











ネタバレ







以下、エルミルの正体についてのネタバレが含まれています!


















ペルソナ・エルミル

【仮面】を受け継ぐ者


「大・正・解。
 僕は、ダークファルス【仮面】
 その名を受け継ぐ者、サ。」

その正体は、全知存在と結びついた【深遠なる闇】から漏れ出た闇。つまりアルに続く新たなダークファルスである。それが「オメガ人であるヴェルン皇帝の弟エルミル」に仮初めの入れ物として宿り、活動していたのだ。

※エルミルは「溢れ落ちた闇は、産まれる前の僕に…エルミルに、宿ってしまった」と語っており、「オメガ人のエルミルが胎児の時にダークファルスが憑依した」のか、単に「ダークファルスである自分が宿る前のオメガ人のエルミル」のことを「産まれる前の僕」と言っているのか、現状ではどちらが正しいのかはっきりとしていない。
ただ、後にエルミル自身が「これは僕の本当の体じゃなかった」と述べていることから、「依代となったオメガ人のエルミル」とダークファルスのエルミルは明確に別存在であり、本編では本来のオメガ人のエルミルは登場しておらず、終始「ダークファルス」がオメガ人のエルミルを装っていた、ということになる。

なお、エルミルは「エフィメラと共に生まれたのサ」と語っており、彼が誕生した29年前辺りからエフィメラが咲き乱れるようになったと思われる。
しかし、ダークファルスの因子がオメガに散らばってしまったことで彼は不完全な状態だった。そこでプレイヤーの存在に目をつけたエルミルは彼/彼女にダークファルスたちを倒させ、オメガにバラけてしまっていたダークファルスの因子を取り込んでいたのだ。

実は【深遠なる闇】がオメガと融合したのではなく、【深遠なる闇】の一部として表出していたのがオメガの大地であった。オメガの大地が【深遠なる闇】であるため、倒されたダークファルス達の因子は地表へと流れ込み、それを得ることでエルミルは力を蓄えた。
ちなみにプレイヤーが宿したダークファルスの力は、エルミルが奪った分の残り滓に過ぎなかった。ダークファルスの力を得ながら正気を保っていられたのはこのためとのこと。

しかし、エルミルが完全な状態で復活するにはダークファルスの因子だけではなく、自分が本来宿るはずだった「」を手に入れる必要があった。その「器」とは【深遠なる闇】を宿すための存在を指しており、どの次元にも必ず存在するという。
オメガにおける「器」こそがハリエットだったのだ。

ちなみにルーサーが遡行召喚によって呼び出した「何か」とはエルミルだった。本来ならひっそりと機会を窺うつもりだったが、喚び出されたことでルーサーを殺害しようとしたがハリエットが身代わりとなってしまった。しかもハリエットに宿った新たな魂は、結びつきが強く肉体を乗っ取ることができなかった。

ルーサーのせいで計画が台無しになったエルミルは、ダーカー因子であるエフィメラを利用して各国に戦争を起こさせることで、「器」と因子を取り戻すという計画を企てた。
つまり、エルミルこそがオメガで起きた事件の黒幕だったのである。恐らくクエントから魔神城の召喚術を流出させたのも彼であろう。

彼の本懐は他のダークファルスと同じく【深遠なる闇】になること。そしてフォトンを、全知存在を、あらゆる感情の記録を侵食して抹消し、すべてを無に帰す。これこそエルミルの真の目的だった。エルミルからすれば主人公は【仮面】のセンパイであるため、正体を明かした後は終始センパイと呼ぶようになった。

プレイヤーが助けに向かうもハリエットは繭に包まれており、エルミルは「救い出すのは無駄」と言い放つだけでなく、

「それならセンパイ、得意だろう?
 センパイがセンパイになった理由もそんな感じだったもんねえ、はははっ!」

かつての【仮面】が大切な人を救えなかったことを愚弄した。
その言葉にプレイヤーは「言うことはそれだけか」と怒りをあらわにした。

エルミルを下したプレイヤーはハリエットを救おうとするが、ハリエットの魂は既に消滅しており、エルミルは自身をコートエッジに貫かせることで、浄化の力によって自身を「ヴェルン皇帝の弟」の身体から切り離してしまう。それはつまり、彼を本来の「器」に戻してしまうということだった。こうしてコートエッジを取り込み、各ダークファルスの因子と「器」を得た彼は、ダークファルスでありながら【深遠なる闇】に比肩する存在エルガ・マスカレーダとなった。

だがハリエットの魂は消滅などしていなかった。「器」から追い出されたハリエットの魂は、主人公に対し「伝承を刻んでほしい」と世界を救ってほしい旨を告げる。直後、エルミルはハリエットの魂を吸収して黙らせ、主人公と死闘を繰り広げる。
これがEP5ストーリーにおける(実質的な)ラストバトルである。なお、エルミルとの二連戦ではダークブラストが使用不可となっている。

「出来損ないの魂!」
「ダークファルスのなり損ない!」
「貴様ら如きに、何ができるものか!」

エルガ・マスカレーダ

エルガ・マスカレーダ
世界は……宇宙はここで消し潰す!   記録を消して、塗り潰す!!


「世界は……宇宙はここで消し潰す!
 記録を消して、塗り潰す!」

【巨躯】、【若人】、【敗者】、【双子】そして【仮面】の因子を得るだけでなく、「器」であるハリエットを取り込んだエルミルの戦闘形態。
その姿はディーオ・ヒューナルをより禍々しくしたものであり、大剣を武器として扱う。
大剣を用いた【巨躯】の近接戦闘スタイル、【敗者】の時間停止・加速など各ダークファルスの特徴を持つ技を使用する。
気弾による射撃などヒーローアクションを思わせる攻撃もしてくる。

決着、そして……

「今の僕を倒したところで何度でも現れる! それだけの因子がここにはある!」
「やはり歴史はこうなった……つまり歴史は終わるってこと……」

エルミルは【仮面】や【深遠なる闇】を名乗ったが、そこにはただの「力」しかなかった。そして、主人公には密かに【仮面】が力を貸してくれていた。エルミルの「力」では二人の「絆」という「強さ」には到底及ばず、戻ってきた依代たちを宿しダークブラストを次々と解放したプレイヤーによって打ちのめされ、最期は【仮面】の力を加えたコートダブリスによって貫かれ肉体を破壊された。そして救出されたハリエットからも「貴方は守護輝士に、敗れたのです」と敗北を突き付けられた。けれど最期までエルミルは哄笑を上げ続け、

「繰り返し苦しめ。何度でも苦しめ。
 世界の怨嗟を受け続け……
 絶望のままに滅ぶがいいさ……!」

と不吉な言葉を残して消滅して行った……。
後に起こる衝撃の事態を予測していたかのように……
ちなみにこの時のエルミルは「仮面」を破壊されており、メイクも消えているので素顔となっている。

エルミルの消滅に伴いオラクルと地球のブラックホールは消え去り、【深遠なる闇】(【仮面】)の反応も完全に消失した。

領域調査:異世界の残滓

困るなぁ


2018年12月5日実装。オメガ・マスカレーダとの一騎討ちとなるソロアルティメットクエスト。
異世界オメガが存在していた宙域に突如として謎の領域が出現。エフィメラや【深遠なる闇】に近い反応があったため非常に危険な場所として認識され、プレイヤーが調査に赴くことに。
クリアするたびに深遠度(階層)が深くなっていき、オメガ・マスカレーダのLvが上がっていく。更に攻撃パターンやHPも増えるため、当然にストーリーで戦ったエルガ・マスカレーダよりも強い。またネタバレ防止のためかボイスがない。

なお、オメガ・マスカレーダが復活を遂げたエルミルなのかは不明。

緊急クエスト 悲劇を願う破滅の虚影

同じく2018年11月20日の『PSO2 STATION!』にて発表された。
ペルソナの残滓がダークファルス・ペルソナを模り、境界を超えてオラクルに出現。彼女が静かに見守る中、オラクルの未来を手にするための戦いが始まる……というもの。
仮面を付け替えることで【巨躯】、【若人】、【敗者】、【双子】の形態からランダムに2形態に変化。さながらDF版ダークブラストである。しかも「その先」があるらしく、最終戦はかなり手強いという。

余談

目的

ハリエットに対し「犠牲を生み出し続ける世界を滅ぼす」旨を語っており、彼なりに信念や理念はあった様子(そのやり方は間違っているが)。大元の存在が負の感情によって変異したモノだったので、そこから生まれたエルミルが「そう」なってしまったのも当然と言えなくもない。

コンプレックス?

最終決戦の際には主人公を「ダークファルスのなり損ない」、ハリエットを「出来損ないの魂」と罵倒しており、一方で自身を「僕は誰よりもダークファルスだ」と言い放っている。自分が不完全な存在として生まれたことにコンプレックスを感じていたことが窺える。エルミルが【深遠なる闇】になることに拘っていたのは、単に世界を滅ぼすためだけではないのかもしれない。

もう一つの関連タグ

ダークファルス(PSO2) ダークファルス【仮面】 深遠なる闇(PSO2)
アル(PSO2):エルミルと同じように新しく生まれたダークファルス。

pixivに投稿された作品 pixivで「エルミル=ヴェルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39480

コメント