ピクシブ百科事典

オークゥ・ミラー

おーくぅみらー

ゲーム「ファンタシースターオンライン2」の登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:沼倉愛美

概要

2016年6月に実装されたストーリークエスト第3章「世界変革の声」から登場するマザー・クラスタ幹部「日の使徒(読み方は「火の使徒」ファレグとの重複を避けるためか「にちのしと」)」。稀代の天才数学者とされており、世界的に有名な数学者でもある。

性格

性格は所謂ツンデレのようなものであり、基本的にはツンとした高圧的な態度をとる。が、心を許した者に対しては気さくで優しい。そのため人に対する好き嫌いがはっきりと出る性格である。
特にエンガにはその傾向が見られる。
特徴的な喋り方として、数学者であるからか(?)登場時にはプレイヤー達に対して「50%期待してたけど70%弱そう」等と言うなど、何でも数値化して言う癖がある様子。

過去

まだ幼かった頃、若くして天才的な才能を発揮していたが、それ故周囲から認められず孤独になり、社会的に排除されそうになっていた所を彼女のエーテル適正を見出したマザーに拾われ助けられる。それ故マザーに対する感謝の思いと忠誠心は非常に強い。
同じくマザー・クラスタの「月の使徒」であるフル・J・ラスヴィッツとは同い年であり、過去に同じような境遇からマザーに拾われて助けられたため、とても仲の良い相方である。ちなみにフルからは「クゥ」と呼ばれている。
フルが文系でオークゥが理系であることや、「月の使徒」と「日の使徒」というように2人は対照的な存在である事が伺える面が幾つか存在する。

具現武装

具現武装はエネミーでもある幻創種「ラプラスの悪魔」と「マクスウェルの悪魔」。これらを召喚、使役して戦う。因果律を操作することで「攻撃の無力化」などが行えるが、それさえも砕くプレイヤーには通用しなかった。ゲーム内では、この能力は「ダメージ無効化」という形で描写されている。
決戦時には大型の三角定規を振るって自身も肉弾戦で闘う。設定資料集によればこれもオークゥの具現武装とのこと。

スタイル

オークゥちゃんの


どこが、とは言わないが見て分かる通りの絶壁である。なにもそこまでフルと対照的にしなくても…

ストーリーでの活躍

以下、EPISODE4のネタバレを含みます。閲覧は自己責任でお願いします。

























EPISODE4-3「世界変革の声」

ベトール・ゼラズニイがプレイヤー達に敗北した後、他のマザー・クラスタのメンバー共々初登場。プレイヤー達に対して「50%期待してたのにどいつもこいつも70%弱そう」と言い放ち、ヒツギに対して「100%生意気そうだから今ここでやっちゃおうよ」と、ヒツギをその場で倒そうとするが「本来の目的ではない」と、他のメンバーに止められる。

EPISODE4-4「哀しき再会」

アースガイドの本拠地があるラスベガスに来ていた主人公たちの前に70%おじさん暗ーい子と共に再登場。幻創種「ラプラスの悪魔」および「マクスウェルの悪魔」を使役しプレイヤーや60%色男に挑むが、因果律を超えたプレイヤーの攻撃に敗北。ピンチに陥るが、直後にそばに居たオフィエルに助けられる。オフィエルに助けられたのは彼女としては不本意であり屈辱的であった様子。

ちなみに戦闘中はエリア外から傍観しているだけだが、上空に浮いているため最接近して見上げると何とは言わないが見えてしまう。後にフルのアウターウェア「幻創使徒礼装・月」と共にSGスクラッチで衣装「幻創使徒礼装・日」シリーズが配信されている。なお、インナーは水玉模様のフリルつき。

EPISODE4-5「覚悟」

誘拐されたヒツギの救助のためにマザー・クラスタの月面基地に潜入したプレイヤーとエンガをフルが自身の能力で同じことを繰り返される領域に閉じ込めるが、プレイヤーにこの能力に気づかれた事で相方のフルと再び現れる。再び「ラプラスの悪魔」と「マクスウェルの悪魔」を召喚した上で自身も三角定規のような具現武装(?)を展開。因果律を操作し、「プレイヤーの攻撃が発生しても自分には届かない」と書き換える事によってプレイヤーの攻撃を無効化し、フルと共に直接プレイヤー達と戦闘したが最終的には敗北。

しかしこれらの救出劇はすべて彼女が考えた罠であり、人質を取れば少人数で救助に来ること、そして必ずその中にはアークス最大戦力であるプレイヤーが含まれることを見抜いた上でプレイヤー達を月面基地におびき寄せ、そのスキにマザー・クラスタがアークスシップを襲撃するといったものであった。作戦は見事成功。自身とフルは時間稼ぎの囮であったことをプレイヤー達に告げ、その場に残ったプレイヤー達を道連れにするためにフルと共に基地を爆破するが、倒壊寸前の所でプレイヤー達にエンガの力により地球に逃げられてしまい、そのままフルと運命を共にした。

















EPISODE4-8「世界終焉の具現」

「世界再編(パラダイムシフト)」を止めるためにプレイヤー達はアースガイドの地下にある遺跡へと侵入したが、奥に進むほど敵の天使達の数が増えて前後挟み撃ちにされてしまう。エンガは1人でこの状況を食い止め、プレイヤーとヒツギ、コオリを先に行かせようかと迷っていた。

しかし…

「なーにうじうじ迷ってんのよ!30%色男!」

なんと死んだと思われていたにもかかわらずフル、アラトロンと共に再び登場。どうやらあの月面基地爆破の後ファレグにフル共々救助されていたらしく、今度は助っ人として「ラプラスの悪魔」と「マクスウェルの悪魔」を召喚。襲ってきた天使達をなぎ倒した。

アラトロンが「義により助太刀させてもらう」と言ったそばから「別に助太刀しに来たわけじゃないわよ!マザーの仇を取りに来たの!」と言ったりと、素直じゃない一面も。
最後にエンガに「死ぬなよ」と言われ「そっくりそのまま言葉を返すわよ!10%色男!」と言い返し、プレイヤー達を見送った。因みにこのやり取りをフルに死亡フラグと言われている。尚、言われた当の本人は言葉の意味を理解できていなかった模様。

因みにこの時コオリのことをしれっとヤンデレ呼ばわりしている。

その後「そんなモノは誤差だ〜〜〜っっっっ!」(泣)

オークゥちゃん


騒動後はなんとフルと共に、ヒツギ達の通う天星学院高等学校数学の教師として赴任する
なんでもマザー・クラスタの権限を利用してなんの前触れもなく赴任してきたそうであり、2人とも世界的な学者であるため赴任時は相当騒がれた様子。だが、当人たちにとってはどこ吹く風、全然気にしていないようである。
数学と現国の課題が未提出で逃げ隠れしていたエンガを無理やり引きずり出す為に(事を知ってる者だけの前だとはいえ)生徒会室内で「マクスウェルの悪魔」を召喚しており、コオリからは「何かゆるーい感じで能力使ってるけどいいのかな…」と突っ込まれていた。
補足しておくがこの時の2028年の時点で彼女とフルは18歳であり、エンガより1つ年上なだけの非常に若い年で教師になっている。

なお、後日談にて八坂炎雅に対し何やら特別な思いを抱いているらしいことが語られている。このことは複数の人物に感づかれており、周囲にはバレバレの模様。ちなみに、別の場でこのことを指摘されたお相手の方も明確に拒否はしておらず、数年後には思わぬカップルが生まれているかもしれない。


バレンタインオークゥさん


2018年のバレンタインイベントにはフルに引っ張られる形でアークスシップに登場。パートナーカードももらえる(クラスはBo/Fi、メイン武器はデュアルブレード)。ちなみに衣装はフルの見立てたフリフリの可愛い衣装「ショコラフェリチェ(レイヤリング衣装でACスクラッチ配信。マイショップでは超高額で取引されている)」。オートワードでは主人公がレアアイテムを取得すると「チョコの材料にしましょ!」と発言する。…武器や宝石類をどう扱えと…。
フルに対してはマザー・クラスタで知り合って以来友チョコを手作りしてあげてるようで、とことんエンガ絡みでイジられて「もう友チョコ作ってあげないんだから!」と返している。
対してプレイヤーからは「何をしに来た」という顔されており、エンガたちと比べて関りが薄く完全な和解をしていなかったことが示唆されている。

バレンタインイベントでのオーダーを全てこなしていると、ホワイトデーイベントでもカジノエリアに出現。
エンガが主人公を介して何を貰ったら嬉しいか聞きに回したが、自分で正面から聞いてこないエンガを「1000%ヘタレ男」と罵倒。伝言には「バーカ!」と言伝てを頼んだ(主人公はそのまま伝えたので、エンガも驚いた)。
なお、期間中はそのままカジノエリアに駐留。数学者らしくブラックニャックの攻略をしようとしているが、どうもブラックニャックならではのSPカードルールに苦戦している様子。

「1+1+1-1+1で…えーっと5?4?いや違う3だ!ヤバい、あたし算数できなくなってる!」

…放っといてもニャウはとりあえず一枚引いて自爆する事もあるんだけどな…

ドラマCD版

「ミニドラマCD ヒツギ覚醒編」

主人公として登場。EP4本編終了後の回想を彼女視点で描く。内容はマザー、アラトロンの三人で「会議(雑談)」するというもの。オークゥのようなキャラが立った特徴的な喋り方をマザーが行ったりなどコメディ要素が強い。回想終了後、突如出現したブラックホールの調査のため旅立っていった。

「ドラマCD~シエラ'sリポート~」

落第しかけたエンガ&コオリに補習させるべく教師として合宿に参加(ヒツギとアルの出番はなし)。内容はフルとアラトロン、更には偶然居合わせたハギトをも巻き込んで騒動を起こすドタバタギャグコメディ。合宿先で「夏休みに未練を残した者たちの無念」から生まれた幻創種の術中に陥り、一行は幻創空間に閉じ込められてしまう(アラトロンだけは「未練」を持たなかったので取り込まれなかった)。オークゥたちはそれぞれ理想の夏休みを満喫するが、やがてこの世界こそが現実と思い込み始める。しかしヒツギがいないのにこんなに楽しいなんておかしいとコオリがいち早く正気に戻ったことで形勢逆転。幻創種を討ち滅ぼしオークゥたちは現実世界へと帰還した。

「キャラクターソングCD~Song Festival~IV」

ハギトからの頼み(命令口調)により月基地のカラオケセットをフルと共に片づけている時、マザーとファレグに会う。このカラオケセットにはアプリも含まれており、使用者の精神状態などを反映して選曲してくれるという。その話を聞いたファレグは女子会を提案し、一同はその場で歌うこととなった。
この話の中でオークゥは「恋愛なんてくだらない」「ハギトは『下々の者に教えてやろう』という上から目線で、話の中身が95%無駄な自慢話」「オフィエルの話は小難しい熟語だらけで聞いててつまらないから80%聞き流している」「ベトールの演技かかった言動は気持ち悪くて1%も我慢できない」と述べている(アラトロンだけは「おじいちゃんだから労わらないと」と好意的)。ファレグには恋愛をしたことがないのを見抜かれており、それを知りもせず「くだらない」と言い切るオークゥを微笑ましく見ていた。
ファレグの提案でカラオケ大会になるが、オチではハギトに盗聴(録音)されていたことが判明する。怒ったオークゥとファレグは、ハギトのもとへ殴り込みをかけるのだった……。
この話の中ではファレグから弄られたり微笑ましく思われたりと、妹分のような立場であることが窺える。少なくともファレグを嫌ったり、怖がったりしている様子はない。

EP5-4「地球側への影響」

地球側からの通信という形でアラトロンと共に登場。太陽系からそう遠くない場所に突如としてブラックホールが発生したため、その調査でアメリカに飛んでいることが語られた。ブラックホールは異常な速度で拡大しており、オラクルと同じ現象が起きていた。このままでは宇宙全てが飲み込まれる危険性があるため、マザー・クラスタは各国の政府機関と連携して調査に当たることになった。アカシックレコードは宇宙の全てを記録するため、フォトン(エーテル)があるなら次元が異なる場所でもオラクルと同じ現象が起きるのだとシエラは推測している。

余談

地は黒髪黒目のアジア人という設定がファンタシースター感謝祭2017で明かされた。

オークゥちゃんは黒髪黒目清楚アジア人ちゃん!



関連イラスト

センシティブな作品
オークゥ・ミラー


オークゥちゃんに、「〇〇%」と言わせたかっただけ。
PSO2 オークゥ・ミラー



関連タグ

ファンタシースターオンライン2
マザー・クラスタ フル・J・ラスヴィッツ
八坂炎雅 エンクゥ

関連記事

親記事

マザー・クラスタ まざーくらすた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オークゥ・ミラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 703442

コメント