ピクシブ百科事典

フェアリーアビエーション

なまえはようせいつくるものはようかい

フェアリーアビエーションとは、イギリスにかつて存在した妖精の国・・・、もとい航空機メーカーである。
目次[非表示]

概要

1916年創業。
社名の「フェアリー」は妖精ではなく、創業者(チャールズ・フェアリー)の名前から来ている(今の基準で言えば完全にDQNネームの類だろうな・・・)。
ソードフィッシュガネットなどのある意味で有名作品を幾つか作っている。
軍用機に関しては、主にイギリス艦隊航空隊へ供給を行っていた。
現在では航空機部門はヘリコプターメーカーであるウエストランド・アウグストに買収されている。

フェアリーアビエーションの飛行機

一言で言おう。
変態変態ド変態!!!である。
第二次世界大戦でも現役を張った複葉機世界一醜い軍用機チップジェット式の変態ヘリなどのよく言えば個性的、悪く言えばトンデモさんをこれでもかというほど生み出している。
ある意味英国面の権化の一つともいえそうだ。

・・・一応フォローしておけば、別に毎回アレな飛行機ばかり製造・考案をしているというわけでもなく、運用要求F.155(対超音速爆撃機用の迎撃機の計画)に対して提出したフェアリーFD3のようなまともな飛行機も考案している(F.155に関しては、ぶっちゃけるとフェアリー以外の提出したプランの方が遥かにヤバイ。ビッカース・アームストロングXB-70を小型化(ついでに言うならエンジンはBACライトニングよろしく縦置き2発)したような「タイプ559」を、さらにその前進の片割れであるアームストロングはMe262を近代化したような外見の「AW.169」を、ホーカーはジェットエンジンに加えてロケットブースターを装備可能なP.1103を提出している)。

イラスト

「世界でもっとも醜い航空機」
FAIREY SWORDFISH Mk.Ⅰ



関連タグ

イギリス
航空機 飛行機
フェアリーソードフィッシュ ガネット フェアリーロートダイン
英国面
フェアリー

コメント