ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ロシアの航空機設計企業である「公共株式会社スホーイ社」のこと。

ソ連時代の1939年、パーヴェル・オシポヴィチ・スホーイ(АПавел Осипович Сухой)による設計局がハルキウ市(ウクライナ)で開局された。開発した製品にはスホーイの姓から接頭辞Su(Су)が冠せられた。
1949年に閉鎖されるが、1953年に再興。ロシア連邦時代に入って民営化された「公開株式会社スホーイ社」を経て、2014年より現在の名称となっている。

沿革

1937年、TsAGI(中央航空流体力学研究所)でアンドレイ・ニコラエヴィチ・ツポレフの指導の下、軽爆撃機Su-2の設計がスホーイのデビュー作となったが、当時、大規模な粛清があり、師匠にあたるツポレフが「ドイツに機密情報を流した」として逮捕され、スホーイに対するスターリンの心証は良くなかった。
独立して自らの設計局を持ち、Il-2の後継機となるシュトルモヴィクSu-6の開発を進めたが、スホーイは独自の生産ラインを持っておらず、スターリンの「生産ラインを切り替える暇があるならもっとIl-2を作れ」という意向により採用は見送られた。
1944年のニコライ・ポリカルポフの死後、モスクワの第51工場を受け継ぎ、第51設計局(ОКБ-51)となった。

戦後はジェット戦闘機の開発に着手するが、エルモラーエフ設計局から引き継いだ双発ジェット戦闘機Su-9(K)のレイアウトがMe262そっくりだったことがスターリンの不興を買い、続くSu-15 (P)、Su-17 (R)の開発失敗を労働サボタージュと看做され、1949年、設計局の閉鎖が命じられた。

1953年のスターリン没後、スホーイは航空産業省第1設計局(ОКБ-1)の設計主任に任ぜられ、根拠地となる第51工場を再び受給された。
当時、ミグ設計局が小型戦闘機開発で手一杯だったため、スホーイには迎撃戦闘機や戦闘爆撃機の開発が期待されていた。
飛行特性を調べるため同じ胴体の後退翼機・Su-7、デルタ翼機・Su-9を試作し、前者が戦闘爆撃機Su-17、後者が迎撃戦闘機Su-15に発展した。Su-15のSTOL研究機T-58VDをベースに戦闘爆撃機Su-24も作られ、元を辿れば全て最初に手掛けた試作機を起源としていると言える。一つの原型からの様々な派生型の開発は、現在のSu-27ファミリーの充実にも見られるスホーイの特色である。

1981年にソ連空軍に制式採用されたSu-27は格闘戦闘機として名を馳せ、ロシア連邦空軍の次世代戦闘機であるPAK-FAの開発も任されている。また、スホーイ・スーパージェットなどによる民間機市場への参入にも積極的であり、ロシアの航空機メーカーとしては今一番勢いに乗っている。

2017年6月20日、ロシアの各航空機メーカーを傘下に有する国策企業「ユナイテッドエアクラフトコーポレーション(UAC)」のユーリ・スリウザー社長は、「ミグ」と「スホーイ」をUACの下で2019年内に合併・統合することを発表。

主な製品

Su-2Su-5Su-9(K)
Su-2
初音電撃作戦#1435
Cy-9
Su-12(右下)Su-7 フィッターSu-9 フィッシュポット
ソ連の地味な偵察機・攻撃機
Su-7BKL フィッター
敵の偵察機を叩き落とせ!!
Su-11 フィッシュポットCSu-15 フラゴンSu-17 フィッターC~K
Su-11
フラゴン
航空支援
Su-20/22 フィッター(輸出用)Su-24 フェンサーSu-25/39 フロッグフッド
Su-22
Su-24M2 フェンサー【戦闘機ワンドロ48】
Su-25 フロッグフット 【戦闘機ワンドロ 72】
Su-26Su-27 フランカーSu-30MKI(インド輸出用)
SU-26M(スホーイ26M)
超音速の翼 Vol.3 ~ ソビエトの赤い星 ~
Su-30MKI
Su-31Su-33 フランカーDSu-34 フルバック
Su31
Военно-Морской Флот
Su-34
Su-35(Su-27M) フランカーE1Su-35S Su-37 フランカーE2
Close your eyes
チラシノウラ97
Su-37
Su-47 ベールクト(ファーキン)S-32T-50
Su-47 Berkut
ベルクト(上)
PAK FA
T-4スーパージェット100
初音電撃作戦#1436
スホーイ・スーパージェット 100-95B (ヤクーツク航空)


関連タグ

戦闘機 レシプロ戦闘機 ジェット戦闘機

pixivに投稿された作品 pixivで「スホーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44400

コメント