ピクシブ百科事典

Su-34

すーとりーっつぁちちろぃーりぇ

ソビエト改めロシアが開発した戦闘爆撃機。Su-27の派生機だが、このサイズの機には珍しい並列複座という乗員配置になっている。もちろんSu-24の後継機である。
目次[非表示]

概要

Su-34P ストレッチ・フルバック


Su-24の後継として、Su-27を元に設計された。F-111のような戦闘爆撃機(というか攻撃機爆撃機)である。1992年のモスクワ航空ショーにてSu-27IBとして公表された。資金難により生産は一時中断していたが、21世紀に入って再開された。2010年からは改良型Su-34Mの開発が進む。

Su-24の並列複座が好評だったらしく、この機でも踏襲されている。かなりの大型機であり、このような機には珍しく乗員の快適にも配慮(?)されている。NATOコードネームは「フルバック(ラグビー等のポジションの一つ)」で、俗称は「ストライクフランカー」、及び「プラティパス(カモノハシ)」。

もちろん運動性も健在で、プガチョフ・コブラも可能だが、こちらの機首上げは90度までに制限されているようだ。

独自装備?

戦闘用の航空機には珍しく、トイレや調理場を設置している。といっても、一般に想像されるようなものでは無い。

トイレ

臭いを化学薬品で処理するトイレ。要は『おまる』のようなモノで、漏斗の付いた瓶のような携行タイプ。

調理場

コクピット後方に弁当置きの棚とポット(それも2000円くらいで売ってそうな魔法瓶にしか見えない)を設けているだけで、電子レンジは無い模様。まあ、置き場を作ってるだけでもかなり珍しい部類なのだが。

証拠ビデオ

英語字幕ではあるが、ここに興味をもつ諸兄ならば、おそらく問題にはならないだろう。


流麗な外観をもつ一方、ロシア流ではそれまでの機種からの継続性も重視しているせいで、コクピットはアナログ式計器も並ぶ(いちおうレーダーFCS用の大型コンピュータディスプレイもあるが)えらく古臭く見えるものとなっている。最新鋭だからといって、F/A-18F-35のようなコクピットを想像していたら、卒倒してしまいかねない程だろう。

ただし、この一見では旧態然としたコクピットは、前の配備機(主にSu-24だろう)から乗り換えてもすぐに慣れやすいようになっているため。実際にかなり早くから慣れることができるようである。

またコクピット内部は青緑色に塗られているが、これはソビエト時代から共通しているもので、心理学的に落ち着いて操縦できるようにとの配慮から決定したのだとか。

派生型

Su-27IB

最初の名称。1992年のモスクワ航空ショーで公開。

Su-34

生産再開するにあたって改良したもの。生産中止になった機材などを入れ替え。

Su-32

Su-34の輸出型。ただし輸出実績はない。

Su-34M

2010年代になってより高度に近代化されたもの。現在も開発中で、2020年には終了する予定。

Su-34FN

Su-34ベースの海軍型で、魚雷爆雷、ソノブイなどの装備も可能。

実際の現状

この機は、大きい搭載量や高い運動性でならしたSu-27の派生である。最初の飛行隊は無事に配備を完了し、さらに配備拡大の予定がある模様。だが海軍は未だに発注せず、こちらの将来は不明。

関連タグ

戦闘爆撃機 ロシア連邦 Su-27

pixivに投稿された作品 pixivで「Su-34」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13842

コメント