ピクシブ百科事典

シャクルトン

しゃくるとん

シャクルトンとは、イギリスの(対潜)哨戒機である。
目次[非表示]

概要

アブロリンカーン爆撃機をベースとして開発された哨戒機
リンカーン爆撃機をベースに胴体を新規設計のものに変えた機体。
「シャクルトン」の名は、探検家のアーネスト・シャクルトンから来ている。

Let's Go 英国面

…とこれだけ書けば哨戒機としては割とよくある話だが、そこはイギリス
いろいろな意味とポイントでキている
そう、いろいろな意味で。

まずなんといっても機首部分の外見。
…正直言って説明面倒なのでタイトル画像を見てほしい。

…これ、飛行機の機首なんだぜ?

機首に搭載された連装砲と、それを操作するためのガンナー席…
この絶妙な配置のお陰でどうみても顔にしか見えません本当にありがとうございました

そして動力。
ロールス・ロイス グリフォンエンジンを使用し、二重反転プロペラを駆動する
このグリフォンエンジンが曲者にも程がある。
燃費極悪・整備性最悪・爆音、これだけならまだしも稼働中には独特の高周波音をがなりたて、潜水艦どころかパイロットの耳を"撃沈"してしまう始末。
さらにこの他にも居住性を改善したシャクルトンMk.3はいろいろ装備を詰め込んで重量が増えすぎたお陰でジェットエンジンによるブースターを使って離陸する必要がある(JATO)なんてオチまでついてくる。

英国はいつだって英国だ

運用

イギリス空軍の他、南アフリカ空軍でも使用された。
南アでは「空飛ぶ10万個のリベット」というアダ名を頂戴していたそうで。

関連イラスト

2ショット(加賀さん×長距離洋上哨戒機)
連装砲ちゃん


アブロ・シャクルトン/Avro shackleton(その2)
アブロ・シャクルトンAEW.2



シャクルトンの原型となったアブロ・リンカーン。

Avro Lincoln



関連タグ

飛行機 航空機 軍用機 哨戒機
イギリス 南アフリカ共和国
アブロ リンカーン
二重反転プロペラ

英国面 珍兵器

pixivに投稿された作品 pixivで「シャクルトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1236

コメント