ピクシブ百科事典

ルーイ(ピクミン)

ぴくみんのるーい

ゲーム『ピクミン2』および『ピクミン3』の登場人物。
目次[非表示]

概要

ピクミン2の登場人物。
オリマーも所属するホコタテ運送の新入社員でありオリマーの後輩にあたる人物。

名前の由来は言うまでもなくルイージである。

ピクミン2のストーリー彼が仕事中に高級食材である「ゴールデンピクピクニンジン」を宇宙ウサギに食べられたせいで会社倒産寸前になったことから始まる。

この時ピクミン1の舞台である星から持ち帰った宝物がそこそこの値段で売れたことから社長命令でオリマーとルーイはピクミンの星に宝集めに行くことになるわけである。

オリマーより背が高いあたりもルイージを彷彿とさせる。
しかしながら少なくともピクミン2の中ではオリマーと彼に性能の違いはない。

オリマー曰く、無口ならしくなかなか話の話題が合わないようだ。

無事借金である10000ポコを返済すると、オリマーは宇宙船でホコタテ星へ帰還する事になるのだが、この時ルーイが宇宙船に乗り遅れる事態となり、この後はルーイの代わりに社長が操作キャラクターとなる(性能は変わらない)。

残されたルーイはピクミン2のラスボスとでもいうべき「ヘラクレスオオヨロヒグモ」に連れ去られることとなり夢の穴の最終階層にいることになる。

ヘラクレスオオヨロヒグモを撃退すると宝物「虫の王」として回収されることとなり、以後フィールドでルーイメモを見ることができる。

ルーイメモとは簡単に言えば原生生物の美味しい食べ方
丸焼きや唐揚げ、サラダの具など様々な調理方法がルーイメモに記されている。

新入社員である彼が会社の存続に関わるほどの仕事を受け持たされた理由は不明であるが
期待されていたのかもしれない。

次作『3』のストーリー中にも、とある経緯で登場している。

ネタバレ

以下ピクミン2のネタバレを含みますので閲覧にはご注意ください。
















チャレンジモードをすべてクリアすると解放されるムービーによると
ルーイこそがゴールデンピクピクニンジンを食べた張本人である。

ルーイメモによって記されている「原生生物の食べ方」に代表されるように
食欲は尋常ではないようでありゴールデンピクピクニンジンも
その食欲のもとに食べられた、というわけである。

しかしながら彼はそれを悪びれる様子もなく社長に虚偽の報告をした、ということになり
つまり、オリマーや社長の苦難の全ての元凶が彼、というわけである。

また上記の事実上のラスボス『ヘラクレスオオヨロヒグモ』に取り込まれた、とされているルーイであるが
その実はを乗っ取って操っていた、ということであるため、
ラスボス戦はルーイがまさにピクミンと、オリマー、
そして社長を倒すべく襲ってきた、というわけである。

・・・というのはドルフィン号のジョークであり、ヘラクレスオオヨロヒグモにお宝として取り込まれていただけである。
ちなみにお宝としてのお値打ちは「10ポコ」。

もしも操っていたのがジョークではなく、本当だとしたらオリマー自身が
ルーイを星に残して帰還してしまったことから
その恨みを晴らすため、という考え方もできなくない。

……ということで任天堂キャラクターにしては
結構黒い一面を多く抱えているキャラクターである。

関連イラスト

ルーイ



表記揺れ

ルーイ

関連タグ

任天堂 ゲーム ピクミン2

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーイ(ピクミン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3906

コメント