ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

タイプフェアリー
元の技じゃれつく
分類物理
威力190
範囲相手単体

概要

ポケモンUSUMから新たに追加された、ミミッキュ専用のZワザ

カラフルポップなフォントと可愛らしい技名に反し、薄暗い森の中で相手の周りを飛び回り、怯えた隙に頭上からZパワーで拡張させた身体を覆う布に閉じ込め、内部でボコスカとタコ殴りにした上でふっ飛ばす。


そのホラーな本質通り、主力技である「シャドークロー」をベースにしたゴースト技……ではなく、もう一つの主力技「じゃれつく」をベースとしたフェアリータイプの技となっている。

専用技のため、フェアリーZでラブリースターインパクトにするよりも威力はやや高い。

一方でZ技には極めて珍しい接触技でもある。接触技はデメリットが沢山ありメリットが一切ないので人によっては触りたくない場合普通のフェアリーZを採用する人もいた。


基本的に光属性としての一面が強いフェアリータイプの技としては例外的にむしろ闇属性を思わせる恐ろしい技だが、これも生態的には光を嫌う闇としての側面が強いミミッキュらしい技となっている。


タダでさえ強いミミッキュを更に強化してどうするんだとの声が各地で上がっているが、

何より「見たら死ぬ」と言われるおぞましい内部へ無理やり取り込むという、一撃必殺でないのが不思議なレベルの殺す気マンマンな技となっている。

喰らってしまったポケモンは本当に瀕死で済むのだろうか……


ゼンリョクポーズはラブリースターインパクトの時と同じ。


発動シーンで見せる主人公の笑顔サムズアップやファンシーなネーミングといい、上記の事情を考えるとやたらと恐ろしい。


余談だが「USUM」と同時発売された「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン 最速攻略ガイド」に掲載されたこの技の情報は、「威力185+100%の確率で相手の全能力1段階ダウン」というとんでもないものだった(公式ツイッターでも誤りだということをツイートしている)。

確かに実際のゲーム版では何の追加効果もない技なのだが、解析によるとこの技には専用の追加効果が実装されていた痕跡が残っており、本来はこの性能で登場させる予定だったのではないかと推測するユーザーも……

実際に実装されていたらバランス崩壊も良いところである。


アニメでは

SM編第74話にて、ムサシアセロラと彼女のミミッキュ(ミミたん)からミミッキュZを譲ってもらう形で取得。


その後第76話にて、自身のミミッキュと共にサトシのピカチュウ相手に使っている。

その威力は見ていただけのニャースを気絶させるほどのものだったが、肝心のピカチュウはエレキネットでガードしていたため、実質不発に終わるのだった……

尚、こちらの技名フォントはファンシーさの欠片もないホラーテイストなものとなっている。


スマブラSP

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALではモンスターボールからミミッキュが登場することがある。ボールから現れたミミッキュはしばらくの間フィールド内をうろつくが、ファイターを発見すると突然ばけのかわの中から腕を伸ばし、捕らえたファイターをそのままばけのかわに引き込んでぽかぼかフレンドタイムで攻撃する。


そしてこの攻撃終了時に一定以上のダメージが溜まっていた場合、ファイターは吹っ飛ばされるどころかそのままミス扱いとなる。本当にミミッキュのばけのかわの中で取り殺されてしまうのである。

包まれる恐怖


関連タグ

ポケモンUSUM ミミッキュ Zワザ

ムサシのミミッキュ


サーカスマン(←必殺技が似ている)

関連記事

親記事

Zワザ ぜっとわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239536

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました