ピクシブ百科事典

目次[非表示]

その他については→いびき

技のデータ

初出第2世代
タイプノーマル
分類特殊
威力40(第5世代まで)→50(第6世代)
命中率100
PP15
範囲1体選択
直接攻撃×
効果30%の確率で相手をひるませる / 眠り状態でのみ使用可能


概要

第2世代で登場したノーマル技。
眠っている状態でのみ使うことができるという使いどころの難しい技。
ただ今も眠りはまだ強力な状態異常のため、一応眠り対策にはなる。

登場当初はまだ物理/特殊の概念がタイプごとに決まってたため、
今から考えようものならどう考えても特殊なのにタイプゆえになぜか物理技設定だった
(もっとも、3色パンチが特殊だったりした世代のためこの法則はこの技に限ったことではないが)
当初は音を自分で物理的に起こす技としての認識だったのだろうか。

また、この技でひるませることもできる。遅いポケモンだと追加効果はあってないようなものだが。
ひるみ効果もあり連射がきくが起きたターンにこの技を使っても失敗するので注意。

なお特性が導入された第3世代では、ノコッチが「てんのめぐみ」と組み合わせてたまにこの技でひるませる芸当もあった。
(第4世代以降はこの技が特殊技になった為、トゲキッスに実質芸当の立場を譲っている)

第6世代の技のてこ入れで威力が10上がった。
威力50と火力的にはまだ不安な数字だが相手の放つ眠り技へのけん制にはなるだろう。

さらに言うとこの技はノーマルタイプなので、技のタイプを変更する特性で威力を上げて(&タイプを変えて)撃つことができる。
これらの特性で4倍を突かれるポケモンがいびきをかかれただけで倒れる姿を見て、いびきをかいた張本人はどう思っているのだろうか。

関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵
ノーマルタイプ
ねむる ねごと カゴのみ (いびき同様に、ねむるとともに使われることの多い技や道具)

コメント