ピクシブ百科事典

チョウケシン

ちょうけしん

蝶化身。死んだ人間の魂が、その死後に蝶になった存在。
目次[非表示]

概要

ギリシャ神話のプシュケ、荘子の「胡蝶の夢」、ケルト神話のエーディンなど、を死と生の境界を浮遊するものとして死者の化身や霊魂と結びつける伝承は世界各地に存在し、日本においても盆に祖霊が蝶や蛾になって帰ってくるという思想がある。
蝶化身については、水木しげるの「日本妖怪大全」において、蔵王山の麓に立ち寄った旅人があばら家の中に舞う無数の蝶を発見し、その蝶の群が飛び去った後に黒髪と人骨を発見したという話が紹介されている。

女神転生シリーズのチョウケシン

初登場作品は「デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王」で、銀氷属の悪魔悪魔合体でのみ作成し仲魔にできる。
蝶の翅が生えた白い着物姿の少女で、現世と黄泉を行き来する魂・死者の霊と結び付けられた存在である為か氷結属性攻撃に秀でている。

銀氷だけど



関連タグ

妖怪  女神転生

pixivに投稿された作品 pixivで「チョウケシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18821

コメント