ピクシブ百科事典

目次[非表示]

主にロボットで4つ脚があるものを指す。
特に「アーマード・コア」の脚部カテゴリとして有名

主な四脚

  1. アーマード・コア
  2. ザイック
  3. クラブガンナー
  4. クラブマン/クラブマン・ハイレッグ
  5. タチコマ
  6. エヴァンゲリオン仮設5号機
  7. LS3(実在する四脚ロボ)


『アーマード・コア』シリーズにおける四脚

シリーズ初期から登場している脚部パーツ。
腰部を中心に四本の脚を展開しており、さながらカメラの三脚蜘蛛のような形態をしている。
旋回速度に優れ、ブースターで浮上しない限りキャノンロケット砲など二脚・逆関節では構え動作の必要な武器で構えをせずに撃てるという特性を持つ。これにより、高火力でありながら機動性の高い戦闘が可能となる。
欠点としては稼働部位の多さからくる装甲の薄さと消費ENの高さで、いかに相手の攻撃を回避しつつENを節約して攻撃できるかがアセンブルのポイントとなる。

初代からAC2AAまではタンク脚部に似た、滑るようなホバーによる移動だったが、AC3以降はゲーム開発技術の進歩によって足が地に付いて個々に稼働する歩行型となり、真の意味で「四脚」となった。
AC4/ACfAではフロート脚部が廃止された為、代わりに四脚がブースト移動中にフロート脚に似た形状に変形するようになった。キャノン系武器については全ての脚部で設置なしの発砲が可能となったことでアドバンテージを失う格好となったが、それでも接地面積の多さが射撃安定性を高めている(=遠距離武器ほど照準のブレが少なくなる)のもまた事実である。
またACⅤでは従来のように構え動作の排除が無くなったものの、地面にアンカーを撃ちこむことで安定した射撃が可能となり、狙撃銃との抜群の相性を見せてくれる。また四本の脚それぞれにブースターがついた事により、ホバリング性能が高くなっている。

関連タグ

ロボット 二脚 三脚 多脚

pixivに投稿された作品 pixivで「四脚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142814

コメント