ピクシブ百科事典

ミュルミドン

みゅるみどん

ミュルミドンとは、ギリシャ神話に登場する伝説の種族。
目次[非表示]

概要

ギリシャ語の「myrmex」(アリ)に由来する民族の事。
トロイア戦争の時はアキレウスの兵として参戦したとも伝えられている。
転じて、無慈悲に主人の命令を忠実に遂行する者。

出自には諸説あり、特に有名な説としては次の通りである。

大神ゼウスは川の神アソポスの娘であるアイギナを愛すると、生ませた息子アイアコスを彼女の名にちなんで名付けたアイギナ島の王とした。だがアイギナに嫉妬するゼウスの妻ヘラ女神は疫病をまき散らして島民を皆殺しにした。

困り果てたアイアコス王は父神のゼウスに祈りを捧げるとの木から無数のアリ達が落ちて来て、あっという間に人の姿に変わり、新しい島民となると、アイアコスの命令に忠実に従った。

これがミュルミドンの始まりであるという(因みに働きアリは雌だが、神話では男もいる)。

性格は蟻に似て、非常に勤勉。また、浪費をしないという。

鋤を発明した女神であるアテナに対して、鋤を発明したのは私だと名乗り出たニュンペーがアリに変えられる等、神によってアリに変えられた人物をミュルミドンと呼ぶ事もある。

なお、近年の創作作品に見られる蟻娘や、アリ獣人の姿ではなく、神話ではアリの気質を受け継いだだけの普通の人間である。



ニンジャスレイヤーのミュルミドン

「スシ」 「スシを食べている」 「スシを補給している」 「さては手負いか!」

ソウカイ・シンジケート(ソウカイヤ)に所属するニンジャの一人。ドラマCD・アニメイシヨンでのCVは下山吉光

身につけたニンジャアーマーと同一のクラフトマンによって製作されたバイクにまたがり、人車一体の攻撃を繰り出す。そのデザインは日本人が慣れ親しむオメーン・ライダーを思わせる。

劇中での活躍

「ボーン・イン・レッド・ブラック」(「グラキラ」は「メナス・オブ・ダークニンジャ」の回想、「殺(キルズ)」は「ボーン・イン・レッド・ブラック」から抜粋された「ダイバージェンス・アフター・ダーク」)にて登場。マルノウチ・スゴイタカイビル抗争の生存者処理にあたっていたオフェンダースキャッターの後方でモニタリングを行っていたが、2人が突如として現れた正体不明のニンジャにスレイされたため、同ニンジャの追跡を開始した。

一応カラテの腕自体は先にスレイされた2人よりも明らかに格上であったが、それでもニンジャスレイヤーには及ばず爆発四散。

余談

メディアミックス時のデザインが多種多様で、書籍・コミカライズ(「無印」「グラマラス・キラーズ」「殺(キルズ)」)・アニメでそれぞれ大きく違ったデザインとなっている。

特に「グラキラ」版のミュルミドンは非常に衝撃的なデザインを見せつけ、読者の精神に悪影響を与えた。

最後発の「無印」では「アニメ」版と書籍版の要素を取り入れつつ「キルズ」「グラキラ」へのリスペクトを重視しており、素顔は非常にグッドルッキングに描かれていた。

関連イラスト

蟻男とドーナッツ
female ant


甘い話
センシティブな作品



関連タグ

蟻娘 ギリシャ神話 ニンジャスレイヤー 虫人 妖虫
ガラテア:こちらは人間に生まれ変わった彫像。
ムリアン:こちらは人間がアリに生まれ変わった妖精。

関連記事

親記事

ギリシャ神話 ぎりしゃしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミュルミドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22553

コメント