ピクシブ百科事典

ウーラノス

うーらのす

ウーラノスとは、ギリシャ神話に登場する神。
目次[非表示]

概要

名前はそのまま「」を意味する。日本語では長音が略されウラノスとも呼ばれる。
後述の『神統記』の神話から、星々が輝く空をイメージされた天空神と考えられる。
『神統記』では彼の前にの女神ニュクスが生まれており、矛盾しているようにも見えるが、これは古代ギリシャ人が、暗い状態が天空の平常時の有様とみなしていたためらしい。
ニュクスの娘ヘーメラーが日ごと母と交代して世を覆うとき、空は青空となる。

語源をたどり、インド・ヨーロッパ語族の諸古代語に類似する単語を探していくと、「」「」「」「降雨」を意味する語が浮かび上がってくる。
天空と雨の神となるとヴァルナが連想されるが、ウーラノスと結びつくと見られるサンスクリット語は雨を意味する「ヴァルサ」であり、ウーラノスとヴァルナとの繋がりは定かではない。

神話

大地なる母神ガイアの息子にして夫。ヘシオドスの『神統記』によると、ガイアが独力で産んだ子。
星々を内包する大神であり、生みの親であるガイアと同等の存在である。
彼はガイアとの間にティーターンたち、キュクロプスサイクロプス)たち、ヘカトンケイルたちをもうけた。
しかしキュクロプスとヘカトンケイルは醜く、ウーラノスは彼らを嫌って冥界タルタロスに閉じ込めてしまう。
これに怒った母ガイアはティーターンの一人クロノスに鎌を与え、クロノスはこれをもってウーラノスの男根を切除した。
その時飛び散った血がガイアに降り注いだ際に、エリーニュス(復讐の女神)たち、メリアストネリコの木のニュンペー)たちが生まれた。
切り落とされた男根は海に落ち、そこに出来た泡から美の女神アフロディーテが誕生した。

オルフェウス教の讃歌ではニュクスの息子とされる。

もともとローマ神話に対応する神が居らずラテン語形のウラヌスがローマ神話に取り入れられた。これは後に天王星の名の由来となった。

関連タグ

去勢
アッティス キングー(母神の息子であり夫)

コメント