ピクシブ百科事典

マルハワデザイア

まるはわでざいあ

バイオハザード-マルハワデザイア-とは、カプコンのホラーアクションゲーム『バイオハザード』シリーズを題材とした、芹沢直樹氏の漫画作品である。
目次[非表示]

概要

カプコンの人気ホラーアクションゲームであるバイオハザードシリーズを題材として、週刊少年チャンピオンにて連載された漫画作品である。
原作はカプコンが務め、ゲームシリーズと公式に繋がりを持つ作品であり、シリーズでお馴染みのキャラクター達も登場する。

ゲームシリーズと連動しており、時系列的には『5』(と『ダムネーション』)から『6』の間に起こった出来事で、主要キャラが後にゲームで登場するC-ウィルスジュアヴォと初めて遭遇するなど、『6』への布石の一つとなっている。
作画を担当するのは『猿ロック』などで有名な芹沢直樹が行っている。

2012年13号から2013年33号まで連載され、2013年43号には最終話の後日談である『マルハワデザイア〜スペシャルエピローグ〜』が掲載された。
コミックスは全5巻。

ストーリー

2012年、シンガポールにあるベネット大学の大学生であるリッキー・トザワは、アジア某所に存在する国『クダンカン』の北部エルナウル地方にあるアジア最大の名門校『マルハワ学園』の理事長であるマザー・グラシアから、手紙で学園内で発生したバイオハザードの調査を依頼された叔父である理工学部のダグ・ライト教授に、助手として現地に向かうことを頼まれ、共に向かうこととなる。
現地に着いた彼らは、そこでゾンビ化して地下室に監禁状態にされた女子生徒を見せられ、その後も何人もの学園関係者たちが、突如ゾンビ化して人を襲う事件が発生するようになる。
ダグ教授は友人であるバイオテロ対策組織『BSAA』のクリス・レッドフィールドに連絡を取って、救援を呼ぼうとするが、マザーはそれを頑なに拒否して事件を隠蔽を図ろうとし、それが原因となって事態は更に悪化、アンブレラと繋がっていたある学園関係者の手によって、外界から隔絶されたている学園の敷地内は地獄へと変わっていく。

登場人物


関連タグ

バイオハザードシリーズ
バイオハザード 漫画

pixivに投稿された作品 pixivで「マルハワデザイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4661

コメント