2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

英語表記は「Hound Wolf Squad」もしくは「HW Commandos」
日本語版では「ハウンドウルフ・スクァッド」の表記もある。
バイオハザードヴィレッジに登場する、クリス・レッドフィールドBSAAに立ち上げた部隊。
名前の「ハウンドウルフ」の由来は本作の敵であるライカンを狩る為に生まれた、という意味。
隊員は対人戦闘に重きを置いた現代の特殊部隊またはPMC然とした格好をしており、アメリカ海軍特殊部隊に装備が近い。

ヴィレッジ本編での彼らの任務はマザー・ミランダ四貴族を排除し、イーサンミアローズマリーを避難させることである(ただしミアの場合、ある人物に捕まった事と、ある人物が取った行動から「生かしておく理由はない」と生存が絶望視されていた)。

元々はBSAA内の精鋭部隊であったが、クリス主導によるウィンターズ夫妻近辺の調査が、BSAA本部から無断で部隊を私物化して運用したことや、エヴリンをミュンヘンで排除できなかった為に面目を保つため事件を隠蔽したBSAAに対する不信感、機密への無許可アクセスに目を付けられた為、本編(2021年)時は実質的なクリスの私兵、ならず者集団として活動している。
その為、BSAAとはバイオテロの現場で居合わせる事こそあるが、クリス共々、BSAAからはその活動を認可されていない状態にある。

そうした事情から装備品等が調達しづらい、もしくはB.O.W.を素早く仕留めるという合理的な理由からか、威力や火力の高い東側銃器を積極的に使用している。

劇中では村の各地に拠点を設け、定期的に移動しながら調査していた形跡がある。彼らが拠点にした場所にはパソコンが置かれており、彼らの資料を読む事ができる。しかし、人造湖に設けた拠点は、イーサンを追ってきた巨大なサンショウウオの怪物に襲撃され、破壊された。

本編序盤では、ある危険人物を殺害しその死体を移送していたが、その人物の死体にも擬態できるという予想外の能力によって油断を突かれ数名の隊員が犠牲となっている。

しかし、全員相当な手練れらしく、その後の本編ではクリスと行動を共にした隊員からは犠牲者が出た様子がなく、シリーズに登場する対バイオテロ部隊の中でも稀有な存在である。

ヴェンデッタ』にてクリスが所属していたシルバーダガーとの関連性は不明だが、両者とも部隊章に狼があしらわれており、吸血鬼伝説に因んでいることが共通している。

そして、ヴィレッジのラストでBSAAの暗部が判明したことで、BSAAとは事実上対立することになった。

主な隊員

  • アルファ(クリス・レッドフィールド(CV.ジェフ・シーン/東地宏樹
    • 隊長兼設立者。コードネームの由来は狼の群れの中で最上位の個体を指す呼称から。
  • ケイナイン(ディオン・ウィルソン)(CV.コナー・マルクス/布施川一寛
    • コードネームの意味は、もしくは軍用犬(CanineとK9は発音が同じ読みの為、同じ意味として扱われている)。通信兵である。
  • アンバーアイズ(ロランド・エルバ)(CV.ケイン・マレー/山岸治雄
    • ベテランスナイパーでありメンバー唯一の黒人。コードネームの意味は琥珀色の目。
  • タンドラ(エミリー・バーコフ)(CV.アンディ・ノリス/ニケライ・ファラナーゼ
    • 元DEA(麻薬取締局)でメンバー唯一の女性隊員。コードネームの意味は氷原(ツンドラ)。
  • ロボ(ジョン・パールマン)(CV.レイ・シルバ/さかき孝輔
    • 髭面の白人で砲撃を担当している。コードネームの意味はスペイン語で(RoboではなくLobo)。
  • ナイトハウル(チャーリー・グラハム)(CV.レズ・ケンプトン/喜山茂雄
    • メンバーで一番の若手の隊員。元ハンドラー(犬使い)。コードネームの意味は夜の遠吠え。本名の姓がバイオハザード4のヒロインであるアシュリーと同じだが血縁関係があるのかは不明。


クリス以外の括弧内の人名は「The Tragedy of Ethan Winters Artwork」という本編外のスペシャルアート及びコンセプトアート集で明かされた隊員の名前である。そのため、この隊員達の名前がストーリー上公式的なものであるかどうかは不明であるため注意。

装備

服装のほとんどはVolk Tactical Gear社や田村装備開発の製品を使用している他、プレートキャリアに部隊章が着いている。
こちらの部隊章はイーカプコン限定でVolk製のパッチが2021年に発売されていたが、現在再販等は一切行われていない。

余談

  • 隊員のコードネームは全員が狼の生態に由来している。
  • 日本語版では隊員たちは隊長のクリスに対して全員タメ口で接する。
  • 隊員の素顔はヴィレッジのボーナスコンテンツであるコンセプトアートの49に描かれている。
  • 当初は隊員全員の見せ場を作る予定だったが、キャラクターの深堀りができなかったため没になった。
  • タンドラの装備は当初、ナイトビジョン+ヘルメットではなくサングラス+ヘッドセットの予定だった。
  • Volk Tactical Gearや田村装備開発といった日本製の装備が多い理由は同社がバイオハザードヴィレッジの開発に関わっている為である。
  • 軍用車両やオスプレイに遺伝子分析装置など、非公認の私兵部隊にしては不自然なまでに装備が充実している事や、回復アンプルのロゴマークなどから、青アンブレラから何かしらのバックアップを受けているのではないかと考察するプレイヤーもいる模様。

関連タグ

バイオハザードヴィレッジ 架空の部隊 精鋭部隊 BSAA

関連記事

親記事

バイオハザードヴィレッジ ばいおはざーどゔぃれっじ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハウンドウルフ隊」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ハウンドウルフ隊」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28324

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました