ピクシブ百科事典

ジョー・ベイカー

じょーべいかー

ジョー・ベイカー(Joe Baker)は、ホラーアクションゲーム『バイオハザード7 レジデントイービル』の登場人物。
目次[非表示]

演:ゲイジ・マーベリック / 廣田行生(日本語版)

「お前はもう俺の家族じゃねえ、ジャック!(This is the farewell from the family, brother!)」

概要

バイオハザード7本編の後の物語を描いたDLCエピソードの一つ『END OF ZOE』の登場人物で、エピソードの主人公を務める。

ベイカー農場から少し離れた湖沼の畔の小屋で孤独に自給自足生活を送っていた初老の男性。
農場主であるジャック・ベイカーの兄であり、ルーカスゾイにとっては伯父にあたる人物。

ネタバレ

























普段は俗世間を嫌って森の中でサバイバル生活を送っている。
生身の初老男性だが凶暴な野生のワニが生息する地域に居住を構えるだけあって秀でたサバイバルスキルを持っており、尚且つ長らく野生児同然の生活をしていた事もあり、腕っ節の強さは半端ではなく、モールデッドをはじめとした襲い来るB.O.W.を相手になんと素手で渡り合っている
独学でモールデッドの倒し方も完成させている事から、その強さは計り知れない。
更には野生の百足や芋虫、ザリガニと言った生物を捕まえては生で食して回復に回す(実際にこれらの生物は回復薬の材料としてクラフト可能で直に食べるより回復量が多い)などワイルドな一面を持つ。

弟と同じ様に家族愛は強く、特異菌に侵され倒れていた姪のゾイを救うべく奮走するが、その反面、短気で荒っぽく偏屈であり、頑固で融通の利かない性格と世間から離れている為、近況に疎い面があり、ゾイを救出に来た隊員の説明を信用せず結果見殺しにしてしまったり、近隣に住みながら3年以上もベイカー邸の異変に気付かずにいた。
(日記によれば野に放たれたモールデッドと遭遇することが幾度か過去にあったようだが、何故「家族」に執着していた筈のジャック達も今まで血縁者の彼に直接干渉しなかったのかは謎である。)


































活躍(END OF ZOEの重大ネタバレ含)

DLC本編ではゾイを救う為に治療薬を求めて奔走することになる。
新エネミー「スワンプマン」の襲撃をかわしつつ、治療薬を手に入れるがスワンプマンによってゾイを連れ去られてしまう。終盤、スワンプマンの正体が弟のジャックである事を知り動揺するが、ゾイを助けるためにジャックと対決する事を決意、途中でアンブレラの最新ガントレット型ユニット"AMG-78"を手に入れジャックが逃げ込んだベイカー邸へと乗り込む。
激しい肉弾戦の末、「昔喧嘩した時はいつも鼻っ柱を折っていた(You remember the time I broke your nose when we are kids?)」という言葉の通り最大出力のパンチをジャックに叩き込み撃退。
そしてついにゾイに治療薬を使用し目を覚まさせる事に成功。その後、クリス率いる部隊に保護される。
治療を受け、ようやく悪夢から解放されたゾイに「ジャックは最期までお前を愛していた」と告げ、彼女の心も救ったのだった。








関連タグ

バイオハザードシリーズ
バイオハザードの登場人物
バイオハザード7

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョー・ベイカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13154

コメント