ピクシブ百科事典

スウィートホーム

すうぃーとほーむ

スウィートホームは 伊丹十三製作総指揮、黒沢清監督の映画及びそれを原作にして制作されたファミコンのホラーRPG。
目次[非表示]

ストーリー(映画版)

今は無き著名なフレスコ画の巨匠、間宮一郎の住んでいた廃屋を訪れた5人のテレビ取材班。
取材の真っ最中、突如として巻き起こった怪奇現象に襲われ、取材仲間が殺されてしまう。
手違いで我が子を死なせてしまった苦悩のあまり精神を病み、付近の村の子供たちを殺し回った末に自殺を遂げてしまった、間宮一郎の妻・間宮夫人の悪霊が蘇ったのが元凶と知ったディレクターの秋子とプロデューサーの和夫は、間宮夫人にさらわれてしまった和夫の娘のエミを奪還すべく、謎の老人山村の手助けを経て館の奥に足を踏み入れていく……。

ファミコン版

カプコンによりファミコン向けのRPGとして制作された。最大3人、2組のパーティーを編成し、操作するパーティ及びキャラクターを切り替え、各キャラ固有の専用アイテムや屋敷内に落ちている共用アイテムを駆使して広大な館を探索し、時折襲い来る悪霊クリーチャーと戦いながら、道を切り開いていく。映画でも触れられていた「心の力」もゲームに反映されており、敵に大ダメージを与えたりポルターガイストから身を守るだけでなく、イベントを進行させるための要素としても機能している。また、唯一の回復手段となる薬瓶の数には限りがあり、死んでしまったキャラクターを復活させる手段も無いのでプレイ中は常に緊張感が付きまとう。
ゲーム性に特化した分、映画版のストーリー性はオミットされているが、後のBIO HAZARDに継承される数々のゲームシステムや恐怖演出が鋭く光る一品となっている。BGMの出来も良く、恐怖感の演出に大いに貢献している。ファンによる耳コピやアレンジがされている他、サウンドトラックにはプレミアが付くほどである。RPGというジャンルの枠組みの中でホラーゲームというジャンルを表現すると言う試みが見事に成功しており、原作つきゲームにありがちな駄作要素とは無縁である。

マルチエンディング方式を採用しており、映画と違って5人全員を生還させる事も可能。
生き残った人数によってエンディングが変化する。

関連動画


TVCM



ファミコン版プレイ動画
ネタバレ注意

















関連項目

バイオハザード
コープスパーティー
腐界に眠る王女のアバドーン
パラサイト・イヴ/パラサイト・イヴ2
レトロゲーム
サバイバルホラー
ファミリーコンピュータ
ファミコン
カプコン

pixivに投稿された作品 pixivで「スウィートホーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170554

コメント